生産性向上の実践ノウハウ(7)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

社員の責任感を高めて生産性を上げる方法|責任ある行動が生産性を高める

社員の責任感を高めて生産性を上げる方法

 

社員の責任感が高まると、自ずと会社の生産性が上がっていく。

 

なぜなら、社員の責任感が高まると、段々、生産性の足を引っ張る社員が少なくなり、生産性を上げるために自らが考えて働く社員が増えるからだ。

 

第35代アメリカ合衆国大統領に就任したジョン・F・ケネディの演説の中に「国家があなたに何をしてくれるかではなく、あなたが国家に何ができるか考えよう」という有名なセリフがあるが、新しい国家を築くうえで、このセリフへの国民の賛同ほど心強いものはない。

 

会社経営も同じである。

 

会社に対する社員の責任感が高まれば、自ずと、自らの責任で考えて、行動する組織に変貌し、「会社が社員に何をしてくれるかではなく、社員が会社に何ができるか考えよう」という土壌が生まれる。

 

社員の責任感を高めて生産性を上げる方法は、さほど難しくない。

 

社員の経営参加を推進すると、自ずと責任感が高まり、社員の働きが生産性の高いものになっていく。

 

例えば、週一ミーティングに、「経営理念が具現化されているか?」、「会社の数字(実績と目標)を理解しているか?」、「顧客の声を経営に反映しているか?」、「現場の声を経営に反映しているか?」といった4つのテーマを週替わりで協議(共有)させるだけで、社員の経営参加の意識が格段に上がる。

 

わずか4つのテーマではあるが、協議(共有)が深まるほど、会社の現状や置かれている立場、やるべき事、目指すべき事が明確になってくるので、社員が自らの責任で考えて働くようになり、時間の経過とともに、生産性の高い組織に生まれ変わっていく。

 

この方法は、会社の生産性を上げるだけでなく、社員教育や人材育成の効果もあるので、是非、試してみてほしい。

 

 

社員の責任感を高めて生産性を上げる仕組み

 

社員の責任感を高めて生産性を上げる仕組みは、徹底した経営参加の推進にあるが、他にも優れた仕組みがある。

 

例えば、「目標の設定」、「失敗の共有」、「情報の共有」などは、社員の責任感を高めて会社の生産性を上げる優れた仕組みである。

 

目標の設定は社員の責任感を高め生産性を上げるための必須条件である。なぜなら、目標のない行き当たりバッタリの行動は、生産性を著しく低下させるからだ。

 

目標設定は数値と期日が絶対条件で、高い目標、なお且つ、利益に直結した目標を掲げると生産性向上に大きく貢献する。

 

失敗の共有も社員の責任感を高め、生産性を上げるのに役立つ。

 

例えば、失敗した社員ひとりに失敗の責任を押し付けるのではなく、失敗を組織全体で受け止め、なお且つ、失敗を組織全体で共有し、失敗防止に組織全体で取り組む姿勢は、間違いなく生産性を上げる。

 

情報の共有も社員の責任感を高め生産性を上げるための必須条件といえる。なぜなら、然るべき情報が手元に無ければ、正しい判断など出来ないからだ。

 

共有する情報は、売上や利益といった会社の数字、ミスやクレーム、目標など、社員の行動原理を明快にする情報をたくさん与えるほど、生産性が上がる。

 

➡NEXT「会社の生産性を上げる実践ノウハウ」へ

 

 

無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」

 

本書は実務に活かせる労働生産性の改善手法に焦点を絞っていますが、実は様々な経営改善に応用できる経営ノウハウ書でもあります。小さな改善も継続すれば大きな改善に繋がり、会社に多大な利益をもたらします。確実に入手されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」をダウンロードする

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る