経営コンサルが教える失敗の法則

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営に失敗する社長の特徴10選(後編)

経営に失敗する社長の特徴10選

 

経営に失敗する社長の特徴10選(後編)である。

 

経営に失敗する社長の特徴10選(前編)では、横柄な社長、情報に疎い社長、意志が弱い社長、数字に弱い社長、感謝しない社長の5つの経営に失敗する社長の特徴を解説した。

 

前編に引き続き、中小企業経営者ができれば避けて通りたい失敗例を、詳しく解説する。

 

ひとつでも当てはまっている項目があれば、会社経営に失敗する可能性が高いといえる。

 

是非とも、ご自身の日頃の言動と照らし合わせてセルフ診断してほしい。

 

 

モラルがない社長は経営に失敗する

 

中小企業に限らず、モラルがない社長のもとで経営が成功すること稀だ。

 

殆どは失敗する。

 

例えば、法律を守ってさえいれば何をやってもオッケーという考え方は、少し下品な考え方であり、モラルに失した考え方である。

 

このようなモラルのない考え方で会社経営を続けると、社員の離反、顧客の離反、世間からの非難などを引き起こし、いつか失敗する。

 

法律を守るのは当たり前である。

 

法律のうえにある、筋や義理を守り、或いは、相手を立てる謙虚な佇まいこそが、会社経営を成功させる上品な考え方であり、モラルに富んだ考え方である。

 

社長のモラルなくして、会社経営の成功はあり得ない。

 

 

儲け話に弱い社長は経営に失敗する

 

会社の本業とは関係のない投資、使途不明の不動産投資など等、安易な儲け話に乗る社長は経営に失敗する確率が高い。

 

資本力のない中小企業は、本業とは関係のない投資や多角化ほどリスキーなものはなく、うまい話ほど失敗のリスクが高い

 

商売で儲けを出すことは簡単なことではなく、それなりの苦労が必要だ。

 

急がば回れの言葉通り、地道な努力こそが、成功の最短距離である。

 

地道な苦労や努力を投げ出して、安易な儲け話に乗ってしまうような社長のもとでは、経営に成功するどころか、失敗するしか道がないといった状況に陥ることもあり得る。

 

自分が儲けようとするのではなく、相手を儲けさせようという気持ちを優先して会社を経営することが、経営に失敗しない秘訣でもある。

 

また、目先の利益を追いかけるのではなく、次世代の経営者の利益を追いかけた方が、安定経営の基盤が整いやすくなる。

 

目先の利益に踊らされる社長は、経営に失敗する典型例といっても過言ではない。

 

 

仲間を信用しない社長は経営に失敗する

 

仲間を信用しない社長のもとには、良い社員や良い取引先が来ることはない。

 

経験上、不信や疑いの気持ちからは、良いご縁は生まれない。良からぬ因縁を引き寄せるだけだ。

 

良い仲間に恵まれたいと思うのであれば、相手を信用することが大切である。

 

相手を信用すれば、相手もこちらを信用する。

 

周囲からの信用がなければ、会社経営に失敗するであろうことは容易に想像がつくだろう。

 

限られた人材で勝負しなければならない中小企業の場合、社長が仲間を信用するかしないかで、その後の成長が決まってしまうといっても過言ではない。

 

 

周囲の幸せを考えない社長は経営に失敗する

 

周囲の幸せを考えず、自分の幸せばかりを考えている社長は、いつか、経営に失敗する。

 

成功する社長ほど、自分の幸せよりも相手の幸せを優先する。

 

事実、相手が幸せになってこそ、自分が幸せになれるというぶれない信念こそが経営に失敗しない秘訣でもある。

 

幸せを考える相手は沢山ある。

 

顧客だけではない。社長自身の家族、社員とその家族、取引先など等、対象は無限に広がる。

 

経営に失敗する社長ほど、相手の幸せよりも自分の幸せを優先するが、欲は魔物である。

 

自分の欲は程々にして、周囲の幸せを考える余裕を持つことが会社経営に失敗しない秘訣である。

 

 

ありがとうとごめんなさいが言えない社長は経営に失敗する

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」のふたつの言葉だけで上々の人生が送れるのではないかと思うが、会社経営も例外ではない。

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えない社長は、高確率で経営に失敗する。

 

なぜなら、中小企業において、社員や取引先の離反が加速する最大の原因は、経営陣との関係悪化だからである。

 

ありがとうは、「いいね」、「サンキュー」、「助かった」、「よくやった」、「よくできた」など等、色んな表現がある。

 

ごめんなさいも、「すまん」、「悪かった」、「申し訳ない」など等、色んな表現がある。

 

社長が周囲に対して、感謝や労い、或いは、反省やお詫びを素直に伝えることは、関係者との良好な関係を築くコミュニケーションになり、強いては、中小企業の会社経営に失敗しない秘訣にもなる。

 

➡NEXT「成功する経営者の共通点と12の法則」へ

 

 

無料オンライン講座のご案内

 

無料オンライン経営講座は経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している企業の永続性を確立する方法論を説いた経営講座です。会社をさらに拡大したいと思ってる中小企業経営者、これから会社経営に挑む起業家や後継者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が7日間で分かる」はこちら

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る