強運を呼び込む逆転の発想法|成功する経営者が持ってる運の力

強運を呼び込む逆転の発想法|成功する経営者が持ってる運の力

 

ビジネスを成功に導くために必要な要素に、お金、人脈、情報、才能、努力などがあるが、これらに劣らぬ大事な要素がある。

 

それは「運(うん)」である。運は、ビジネスの成功に不可欠な要素で、運を味方につけることができると、ビジネスチャンスは大きく広がる。

 

この記事では、強運を呼び込む逆転の発想法について、詳しく解説する。

 

 

運がなければ成功しない!?

 

潤沢な資金を保有し、優れた人脈や情報を持ち、素晴らしい才能にも恵まれ、人一倍の努力を重ねたとしても、運のない経営者はビジネスの成功率が低下する。

 

たとえ一時の成功に預かったとしても運に見放されてしまえば、いとも簡単に失敗に転じる。

 

一方、運を呼び込む経営者は、どん底の苦しい状況に追い込まれたとしても、必ず成功の階段を歩み始める

 

或いは、お金も人脈もないない尽くしの状況に置かれたとしても、必ず助けの手を差し伸べる協力者が現れる

 

果たして、運の良い経営者と運の悪い経営者の差はどこにあるのだろうか?

 

 

運を呼び込む逆転の発想法とは?

 

運の良い経営者と運の悪い経営者の差は「日頃の行いの良し悪し」や「身を置く環境」によって大きな差が表れるが、最も重要なポイントは「発想法」にある。

 

発想法という精神的なものであっても、運を引き寄せる力に大きく影響を及ぼし、発想法ひとつで運の活かし方が大きく変わる。

 

それでは、運を呼び込む発想法とは一体どのようなものなのだろうか?

 

例えば、会社が逆境に晒された時、或いは、負のスパイラルに陥った時の解決策として最も有効な策は何だろうか?

 

努力も万策も尽きた状態で負のスパイラルから抜け出しマイナスをプラスに変える方法は一つしかない。

 

それは、マイナスをプラスに変える発想の切り替えだ。つまり、運を呼び込むコツは「逆転の発想法」にある。

 

 

プラス思考が運を呼び込む

 

マイナスをプラスに切り替える逆転の発想法は、間違いなく運を呼び込む

 

例えば、マイナスの事態に直面した時に、マイナス思考を引きずって前に進むことを諦めれば、状況は絶対に好転しない

 

また、一度マイナス思考に傾くと、やることなすこと全てが悪い方向に行くような錯覚に陥り、大きなチャンスや協力者の助けの手をつかみ損ねる。つまり、マイナス思考では、運に見放される一方になるのだ。

 

逆に、マイナスの事態に直面した時に、プラス思考で地道にコツコツと前に進めば、マイナスを打開するチャンスが訪れ、チャンスをものにするほど状況が好転する。

 

わたしの経験上も、ピンチをチャンスと捉え、プラス思考に発想を切り替えるだけで、運が上がることが多い。

 

発想の切り替えひとつで運を味方につければ悪循環を断ち切ることもできるので、は思考を切り替えるだけで簡単に手に入る貴重な経営資源ともいえる。

 

 

運を呼び込むとチャンスが訪れる!!

 

運を呼び込む逆転の発想法で現実を受け入れると、今まで見えなかったチャンスや固定概念やしがらみにとらわれない大胆なアイデアが生まれる。

 

また、プラス思考かつ多角的視点でピンチを脱する解決策を考えると、思いがけないヒントやアイデアが発見できる。

 

じつは、多角的に物事を見る癖は運を活かすうえで重要で、経営を四方八方から多角的に観察すると、従前の経営姿勢の誤りやビジネスモデルの欠陥に気付き易く、それが成長のきっかけになる事が往々にしてある。

 

多角的な視点は大胆な発想を生み出す。そして、大胆な発想は大胆な決断を後押し、時に大きな成功をもたらす。

 

会社経営を長く続けていると、時には不測の事態や悪いことも起こり得る。

 

大事なのは「運に見放されない」ことで、運を呼び込む逆転の発想法を忘れなければ、きっと成功の糸口が見つかる。

 

「今が底」

 

「夜の次は朝」

 

「失敗は成功のもと」

 

「ピンチはチャンス」

 

どんな時も運を味方につけるプラス思考の発想を大切にして、誠実な姿勢で経営を続けていれば道は開けるものだ。

 

伊藤のワンポイント

成功している経営者ほど運を味方につけています。例えば、経営の神様を云われた松下幸之助氏、ユニクロの柳井正氏やソフトバンクの孫正義氏が尊敬する日本マクドナルド創業者の藤田田氏などは「自分には運があった」と回顧録でしみじみと語っています。運を呼び寄せるには逆転の発想法(プラス思考)を実践することです。

 

➡NEXT「経営者の成功を支える六方心」へ

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る