中小企業の利益を上げる方法|経営者必見の利益拡大策

中小企業必見の利益を上げる方法

 

儲かっている中小企業の経営者は、売上を上げることよりも、利益を上げることの方に神経を集中して日々の経営を采配している方が多いです。

 

例えば、安く仕入れて高く売る、先行者利益を獲得する、付加価値を上げて利ザヤを拡大する、繰り返し購入してもらい広告宣伝費ゼロで利益を落としてもらう、コストをシビアに管理して利益を増やす、など等の采配は最たる例です。

 

利益を上げることに強い意識を持っている経営者は、如何に競合他社よりも有利な条件で商品やサービスを提供し、利益を拡大するかを真剣に考えています。

 

当然ながら、こうした経営者がいる中小企業の衰退リスクは極めて低いといえます。

 

なぜなら、成長投資、内部留保、報酬増額、付加価値、事業価値、など等、会社の成長発展を支える重要な要素は、すべて「利益」から生まれるからです。

中小企業の利益を上げる方法|経営者必見の利益拡大策記事一覧

会社成長の大原則は「売上の最大化と経費の最小化」を同時に進めること、つまり「利益の最大化」にある。なぜ、利益の拡大が会社の成長を支えるかというと、成長投資、内部留保、報酬増額、付加価値、事業価値など等、会社の成長発展を支えるすべての要素が「利益」から生まれるからだ。また、会社はお金が無くなると倒産するが、会社のお金の源泉も利益である。さらに、未上場で資金調達手段に限りのある中小企業は、利益体質が健...

会社の利益を上げる10の方法(管理編)に続いて、会社の利益を上げる10の方法(戦略編)を解説する。管理編では、経営管理面(マネジメント)に焦点を当てた利益を上げる方法論を詳しく解説したが、戦略編では、経営戦略面に焦点を当てた利益を上げる方法論を詳しく解説する。会社の利益を上げるには、経営管理だけを気を配っていればよいというものではない。なぜなら、いかに整った経営管理体制を構築したとしても、経営戦略...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る