中小企業の利益拡大策(1)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の利益を上げる10の方法(管理編)

会社の利益を上げる10の方法(管理編)

 

会社成長の大原則は「売上の最大化と経費の最小化」を同時に進めること、つまり「利益の最大化」にある。

 

なぜ、利益の拡大が会社の成長を支えるかというと、成長投資、内部留保、報酬増額、付加価値、事業価値など等、会社の成長発展を支えるすべての要素が「利益」から生まれるからだ。

 

また、会社はお金が無くなると倒産するが、お金の源泉も利益である。

 

さらに、未上場で資金調達手段に限りのある中小企業は、利益体質が健全でなければ十分な内部留保も資金調達もできない。

 

中小企業において、「利益なくして会社の存続はない」といっても過言ではないのだ。

 

早速、会社の利益を上げる10の方法(管理編)を解説していこう。

 

 

見るべき利益を見る

 

会社の利益を上げるうえで経営者が見るべき利益は、本業の儲けを示す「営業利益」である。

 

なぜなら、営業利益を見ずして、会社の利益を上げる経営判断や采配、或いは、経営アイデアなどは、生まれるはずがないからだ。

 

うちの会社は利益が沢山でていると自慢する経営者に限って、営業利益のひとつ前の利益指標である売上総利益、いわゆる「粗利(あらり)」のことを言っているケースが少なくない。

 

このような会社の損益状況のフタを開けてみると、赤字経営、或いは、経営者自身が十分な報酬を得ていない、ということも珍しくない。

 

粗利から経費を差し引いた本業の営業利益、つまり、会社の真の儲けがどの程度あるのか分からずに、利益を上げる采配など出来るものではない。

 

むしろ、売れば売るほど損失が増える赤字商品や赤字取引を生み出すリスクが高まり、衰退まっしぐらである。

 

中小企業が利益を上げるためには、経営者が見るべき利益である「営業利益」をしっかり見なければならないのだ。

 

 

利益目標を立てる

 

然るべき利益目標を持っている中小企業は多くない。

 

そもそも、目標には現状課題を浮き彫りにする役割があるので、目標のありなしで、会社の経営効率は天と地ほど変わってくる。

 

当然ながら、目標のある経営は、社員の行動原理が明快になり、全員の動きがキビキビするので、経営が自ずと効率的なものになり、利益がどんどん上がっていく。

 

会社の利益目標を設定するうえで使用する指標は「売上総利益高営業利益率」が最も適している。

 

売上総利益高営業利益率とは、売上総利益(粗利)に占める営業利益の構成比率のことで、どんな業種業態の中小企業にも使える便利な利益指標である。

 

計算式は下記の通りです。

 

売上総利益高営業利益率=(営業利益÷売上総利益)×100

 

売上総利益高営業利益率20%が目指すべき利益目標である。20%を下回っている場合は、利益目標に向かってひたむきに経営改善を推進する必要がある。

 

売上総利益高営業利益率が20%以上であっても、設備更新が不十分、社員への報酬還元が不十分、取引先を泣かせている、など等、誰か(何か)の犠牲に成り立っている利益は不健全だ。この場合は健全な利益体質に是正した後に、再度、利益水準を測定する必要がある。

 

また、売上総利益高営業利益率が20%であっても、営業利益金額が少なすぎると安定経営に支障が出る場合がある。営業利益金額の目標水準は年商規模等によって変わるが、この場合は、利益率と利益金額の両面を利益目標に掲げる必要がある。

 

中小企業が利益を上げるためには、経営者が然るべき利益目標を立てて、経営の効率化を推進しなければならないのだ。

 

 

ムダと利益ロスをなくす

 

ムダな利益ロスは会社の至るところに潜んでいる。

 

売上の中には赤字商品や赤字取引が、仕入の中には不良在庫や割高な条件が、経費の中には売上にさほど貢献してない惰性コストが、、、会社の収益の中にはムダな利益ロスが必ずあるものだ。

 

1円のムダは、即、1円の利益ロスである。収益の中のムダの解消は、即効的に利益が上がるので、日頃から注意したい領域だ。

 

収益の他にも、働き方にもムダな利益ロスが潜んでいる。例えば、働き方ひとつとっても、効率の悪い受発注体制、営業体制、製造体制など等だ。

 

人件費は会社のコストの大部分を占めているので、働き方のムダの解消は大きな利益改善効果がある。

 

中小企業が利益を上げるためには、経営者のムダとロスをなくす努力が欠かせない。

 

 

経営課題を見落とさない

 

経営課題とは、会社の存続を妨げるリスクのことである。

 

会社が倒産する最大の理由は「経営課題の見落とし」だが、どんなに小さな経営課題であっても見落とし続けると、会社経営は何れ行き詰る。

 

会社経営が行き詰るということは、利益が先細るということだ。

 

つまり、「経営課題の見落とし」と「利益の減少」は対の関係にあるのだ。

 

逆にいえば、経営課題を解消し続けている限りは、利益が上がり続けるということでもある。

 

経営課題は、これで終わりという終点がない。

 

なぜなら、世の中の変化、社会や技術の進歩、競合他社の台頭など等、会社経営を取り巻く環境は、日々刻々と変化し続けているからだ。

 

日々新たに、経営課題は生まれ続ける。

 

中小企業が利益を上げるためには、経営者が経営課題を見落とさないことが何よりも大切だ。

 

 

経営改善を継続する

 

経営改善を継続するとは、端的に「利益最大化」の取り組みを続けるということである。

 

当然ながら、利益最大化のための経営改善をしなければ、利益が上がることはない。経営改善を継続することこそが、利益を上げる唯一の方法なのだ。

 

経営改善を成功させるには、正しい現状認識と目標設定が不可欠だ。

 

なぜなら、正しい現状と目標の間にあるギャップ(経営課題)を捉えることが、経営改善成功の秘訣だからだ。

 

例えば、

 

☑売上が増えているのに利益が増えない

 

☑経営改善の効果(利益増加)が一向に実感できない

 

といった症状が出ている場合は、現状認識と目標設定が誤っている可能性が高い。

 

誤った現状認識や目標設定から端を発した経営改善にいくら一生懸命に取り組んでも、売上は上がらない。むしろ、衰退まっしぐらということもあり得る。

 

中小企業が利益を上げるためには、第一に、正しい現状認識と目標設定をしたうえで、正しいギャップ(経営課題)を捉えることが重要だ。

 

 

そのうえで捉えた経営課題を解消すべく経営改善を継続することが利益を上げる唯一の方法である。

 

 

➡NEXT「会社の利益を上げる10の方法(戦略編)」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る