中小企業の経営課題と解決のヒント|課題解決力が成長スピードを加速する

中小企業の経営課題と解決のヒント

 

中小企業の倒産原因は「経営課題の見落とし」に尽きる。

 

会社の大小関係なく、いかに小さな経営課題であっても、その課題を見落とし続けると、会社経営はいとも簡単に行き詰る。

 

この記事では、中小企業の経営課題を生み出す根本原因と解決策のヒントについて、詳しく解説する。

 

 

中小企業は経営課題が命取りになる

 

中小企業は、経営課題が命取りになる。

 

たとえ小さな経営課題であっても、経営課題を見落とした瞬間から失敗リスクの芽が育ち、少しのきっけかで倒産危機に瀕することが往々にして起きるからだ。

 

例えば、大企業の倒産や航空機の墜落事故なども、原因を辿ると、小さな課題の見落としに行き着く。

 

経営課題は、どんな会社であっても日常の経営のなかに表れていて、どんなに小さな経営課題であっても、積もり積もれば大きな経営課題になる。

 

経営課題に大小はなく、経営課題を見つけたら即刻解決しなければならない。明日解決しようという気の緩みが、明日の大事故を引き起こすかも知れないのだから。

 

 

経営課題は放置してはならない!!

 

経営課題とは、企業の成長を阻むリスクのことだが、経営課題は、放置するほどに課題の深刻度が増し、課題解決のハードルが一段と高まる。

 

資金力に乏しい中小企業の場合は、大きな経営改革を断行しなければ存続が危うくなることもあり得る。

 

会社経営を成功に導くには、日頃から小さな経営課題を発掘し、たとえ小さな経営課題であっても速やかに解決することが大切になる。

 

また、中小企業の経営課題は、課題解決の糸口さえ分かれば、苦労なく経営課題が解決できることが多く、経営者ひとりの努力で解決できることも沢山ある。

 

中でも「経営力」と「組織力」は重要で、これらが低下すると経営課題が生まれ、これらが向上すると経営課題の解決力が高まる

 

中小企業の経営課題の原因になり得る経営力の低下と組織力の低下、並びに、課題解決のヒントについて、詳しく解説する。

 

 

中小企業の経営課題「経営力」

 

会社の経営力が低いために、様々な経営課題が山積し、業績が伸び悩んでいる中小企業は少なくない。

 

例えば、商品力や経営資源が優れているにも関わらず、業績が伸び悩んでいる会社などは、経営力不足で経営課題が山積している典型になる。

 

トップダウン構造にある中小企業の場合は、経営者の能力と会社の経営力が比例し、事実、過去に再建調査に入った中小企業の殆どは、経営者の能力不足で業績が悪化していた。

 

私の経験上、経営者の能力不足の最たる特徴は「数字に弱い」ということだ。

 

経営者の数字力は、会社の経営力を決定づける。つまり、数字力さえ高めれば、大概の経営課題は解決できる。

 

例えば、経営者の数字力が高ければ、良い兆候も悪い兆候も事前に捉えることができるので、会社の強みを伸ばすと同時に弱点を改善する正しい経営サイクルが定着しやすくなる。

 

正しい経営サイクルが定着すると、経営課題が次々と解決されるので、自然と会社の経営力と共に業績が伸びる。

 

逆に経営者の数字力が低いと、正しい経営サイクルは定着せず、経営課題が山積し、課題解決も先送りになる。

 

勘と経験だけで乗り切れるほど会社経営は甘くなく、大きな経営課題を見落とすリスクも高まる。

 

経営者の数字力さえ高めれば解決する経営課題は沢山ある。会社の数字に強くなることは簡単で、コツさえ抑えれば誰でも強くなることができるので、是非、意識してほしい。

 

【関連記事】会社の数字に強くなる方法|経営者の数字力が会社の成長を牽引する

 

 

中小企業の経営課題「組織力」

 

会社の組織力が低いために、様々な経営課題が山積している中小企業は少なくない。

 

例えば、会社の組織力を形成する社員は、経営者の活用次第で100の力が0になることもあれば200になることもある。

 

万が一、問題社員が表れると、たった一人であっても組織や業績の足を引っぱる経営課題を次々と生み出してしまう。

 

事実、倒産の危機に瀕するような会社の組織には必ず問題社員の存在があり、問題社員が経営課題を生み出す根本原因になっていた。

 

中小企業の組織力を強化するには、経営者のコミュケーションとリーダーシップが不可欠で、例えば、経営者が積極的に社員とコミュニケーションを交わしている限りは、問題社員が表れることはそうそうない。

 

また、経営者の数字力を高めることも大切だ。数字という確固たる根拠がある指示命令は、社員の反発を招きにくいからだ。

 

組織力と業績は比例する。つまり、組織力が強化されれば、経営課題の解決力も高まり、業績も伸びるのだ。

 

伊藤のワンポイント

経営力低下と組織力低下は経営課題を生み出す二大原因です。ですから、経営力と組織力を高めることが経営課題を小さくする秘訣であり、会社の成長を加速させる賢い方法になります。経営課題は見逃すほど衰退リスクが高まりますので、決しておざなりにしないで、速やかに解決してください。

 

➡NEXT「中小企業の経営改革を成功させる方法」へ

 

 

無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が分かる」

 

無料オンライン経営講座は経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している企業の永続性を確立する方法論を説いた経営講座です。会社の売上と利益を更に増やしたい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「企業の永続性を確立する方法論が7日間で分かる」はこちら

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る