起業の基本知識と成功ノウハウ|起業家必見の基本ノウハウ

起業の基本知識と成功ノウハウ

 

起業とは、自らが代表者となって事業を起こすこと、つまり、会社を創業することを起業といいます。

 

生みの苦しみという言葉がある通り、起業を成功させることは決して簡単ではありませんが、豊かな人生を実現する方法として、起業は誰にでも実現可能な選択肢であり、チャンスでもあります。

 

これから起業する方や新規事業を計画している中小企業経営者、或いは、すでに起業している起業家のために、起業に失敗しないための基本知識と成功ノウハウを詳しく紹介しています。

起業の基本知識と成功ノウハウ|起業家必見の基本ノウハウ記事一覧

日本は起業大国といってよいほど、個人事業主や中小企業で溢れている。コンビニの店舗数をはるかに上回る美容サロンや飲食店は起業家(個人オーナー)が数多くいるし、商店街などは起業家の集合体のようなものである。昨今は、会社法改正(2006年)による1円起業の容認、起業家向けの助成金や補助金の充実、ネット社会や仮想ビジネス到来による初期費用の低下、など等の背景もあり、起業のハードルが一段と下がっている。その...

起業家とは、自らのひらめきやアイデア、或いは、情熱や努力をもとに新しい事業を起こした人のことである。起業した会社形態が個人事業主だろうが、法人だろうが、ゼロから有を生み出す会社の創業こそが、起業であり、起業家たる所以である。当然ながら、起業家=創業者であり、雇われ社長や、事業承継で会社を引き継いだ社長などは、起業家ではない。また、企業経営を得意とする企業家、事業運営を得意とする事業家、生産・流通・...

起業家になる前に勉強しておきたいことは「経営の基本」である。なぜなら、起業後の事業経営の正否が、起業家としての成功を大きく左右するからだ。例えば、いかに優れたビジネスアイデアであっても経営の基本を勉強していなければ、起業まもない段階から経営が悪化し、会社が倒産することもあり得る。起業前に経営の勉強をしっかり行うことが起業後の失敗リスクを減らし、強いては、起業家としての成功を収める秘訣にもなるのだ。...

学歴なしでも起業できることは、過去を振り返れば歴然としている。世界的企業であるGMの創業者は中卒、シャネルの創業者は小卒、松下電機の創業者は小学校中退である。この他にも、学歴がなくても自分の思い描いたビジネスで起業し、一代で大会社へと成長させた起業家は枚挙に暇がない。社会を見渡しても分かる通り、学歴がある人間が、必ずしも社会で活躍しているわけではなく、むしろ、学歴がない、或いは、学業に多少の問題を...

起業するにはビジネスのもとになるアイデアが必要だ。昨今は、多くの人がゴミだと思っているものでも、必要とする人にはゴミすら売れる時代なので、世の中には起業アイデアがたくさん転がっていて、起業家の考え方ひとつで、優れた起業アイデアを生み出すことができる環境にあるといえる。但し、安易な起業アイデアは失敗リスクを高めるので、注意も必要だ。せっかく起業したとしても、起業後の会社経営がうまくいかなければ、会社...

成長企業とは、持続的成長を遂げている企業のことである。企業の成長を測定する指標は、売上や利益の成長率が分かりやすく、それぞれの計算式は下記の通りである。企業成長率の計算式売上成長率=〔(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高〕×100利益成長率=〔(当期利益高-前期利益高)÷前期売上高〕×100売上成長率と利益成長率が共にプラスをキープしていることが成長企業の条件である。もし、売上成長率がマイナスで...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る