起業家になる前に勉強しておきたいこと全公開|起業の成功スキルとは

起業家になる前に勉強しておきたいこと全公開

 

起業家になる前に勉強しておきたいことは「事業経営の基本」だ。

 

なぜなら、起業後の事業経営の正否が、起業家としての成功を大きく左右するからだ。

 

この記事では、起業家になる前に最低限勉強しておきたいことについて、詳しく解説する。

 

 

起業家になる前に勉強しておきたいこと

 

起業家としての成功は、起業後の事業経営の成否によって分かれる。

 

従って、事業経営の基本は、起業家になる前に、何よりも優先して勉強しておきたい。

 

例えば、いかに優れたビジネスアイデアであっても経営の基本を勉強していなければ、起業まもない段階から経営が悪化することがある。

 

起業前に経営の勉強をしっかり行うことが起業後の失敗リスクを減らし、強いては、起業家としての成功を収める秘訣にもなるのだ。

 

事業経営の範囲は膨大だが、起業前に最低限勉強しておきたい「ビジネスモデル・顧客創造・会社経営」の基本について、以下に解説する。

 

 

起業の勉強その1:ビジネスモデル

 

起業の勉強その1は「ビジネスモデル」についてである。

 

起業するにはビジネスモデルが必要だが、最も重要な事は30秒以内で自分のビジネスモデルの説明が出来ることである。加えて、曖昧な説明ではなく、どんなメリットの商品を誰にいくらで提供するのか、というところまで具体的に説明ができないと、そのビジネスモデルでの起業は失敗する可能性が高い。

 

また、起業段階のビジネスモデルは、売上に比例して経費が発生する変動費中心型(ローリスクローリターン)で運営した方が良い。売上ゼロでも大きな経費が発生する固定費中心型(ハイリスクハイリターン)は、計画が下回った途端に経営が破綻するので、お薦めしない。

 

そして、ビジネスモデルは便乗型よりも補完型の方が起業の成功率が高まる。便乗型とは、新しくできるお店の集客力に期待して、その近くに駐車場や飲食店を構えるビジネスモデルで、おおもとの集客力次第で、経営があっさり破綻してしまう。一方の補完型は、既に世の中にあるビジネスでは対応しきれていない弱点を補う商品やサービスを提供するビジネスモデルで、補完型は、起業しやすく、息の長いビジネスを作りやすい。

 

 

起業の勉強その2:顧客創造

 

起業の勉強その2は「顧客創造」についてである。

 

起業、そして、起業後の事業運営は顧客なくして成り立たない。つまり、顧客創造が起業の成功条件であり、事業運営の成功条件なのだ。顧客を創造するには、顧客の声を聞くことが不可欠だ。開発であれば消費者の現場に行けば声が聞けるし、接客の現場に行けばリアルな顧客の声が聞ける。顧客の声を経営に活用できるか否かで、起業の成功が決まるといっても過言ではない。

 

また、顧客創造において企業の信用も大切だ。企業の信頼を高めるには、悪いものを一つも世に出さないことが求められる。例えば、不良率0.01%は不良率100%と変わらない。なぜなら、0.01%の不満足が、99.99%の満足をゼロに変えるインパクトを持っているからだ。100%の満足を実現して、はじめて顧客からの信頼が得られるのだ。

 

そして、顧客に対して、どんなメリットのものを提供できるのかを明確にすることも重要だ。なぜなら、企業の提供価値(強み)が曖昧だと、思うように顧客の創造ができなくなるからだ。企業の提供価値(強み)が明確であるほど、顧客創造が容易になり、起業の成功確率が上がる

 

 

起業の勉強その3:会社経営

 

起業の勉強その3は「会社経営」についてである。

 

会社経営は商品を売って初めて成り立つ。卓越した技術やノウハウがあっても、商品にして売ることができなければ起業は成功しない。また、商品価格が、時間の経過と共にどんどん下がっていっては顧客の信頼を得ることはできない。本当に良い商品は適正な価格をつけて値崩れをさせない取り組みが大切であり、その努力が顧客の信用に繋がり、安定経営の礎になる。モノを売る仕事ほど難易度の高い仕事はなく、販売センスが起業の成功を左右するといって過言ではない

 

また、会社はお金がなくなると潰れる。赤字経営だから会社が潰れるわけではなく、現に、7割の会社が赤字経営でも潰れていない。一方、会社は黒字経営であっても、お金がなくなると潰れる。2008年のリーマンショック時に上場企業が40数社倒産したが、その半数は黒字経営だった。お金の切れ目が会社経営の終わりということを強く意識して、起業の計画を立てることをお薦めする

 

そして、起業するからには、起業家(経営者)としてライバルに勝ち続ける気迫を持つことも必要だ。資本主義経済(自由経済)のなかでは、ライバルとの勝負に勝たなければ意味がなく、勝負に勝たなければ、会社経営を続けることができない

 

 

起業家になる前に勉強しておきたいことのまとめ

 

起業は、いかに優れたビジネスアイデアであっても、事業経営の基本を勉強していなければ失敗リスクがつきまとう。

 

なぜなら、起業後の事業経営がうまくいかなければ、起業が失敗に終わるからだ。

 

起業前に経営の勉強をしっかり行うことが起業後の失敗リスクを減らし、強いては、起業家としての成功を収める秘訣にもなる。

 

この記事では、起業家として勉強すべきことを「ビジネスモデル・顧客創造・会社経営」の3つに絞り解説したが、このほかにも起業前に勉強すべき領域は数多にある。

 

当サイトは、起業家になる前に勉強しておきたいことを全公開しているので、できれば、起業に備えて、すべての記事をご覧いただき、勉強に勉強を重ねてほしいと思う。

 

とはいっても、起業はタイミングが命なので、勉強不足だからといって起業を躊躇する必要はない。心配せずとも、起業後も経営の勉強は一生続くのだから。

 

伊藤のワンポイント

起業してから経営の勉強を始めても手遅れです。社長業が始まると勉強の時間などなく、事業運営に没頭せざるを得ないからです。起業後の成功確率を上げるには、起業前にしっかり事業経営の勉強に取り組むことが大切です。そして、起業した後も、実践しながら勉強を継続することが経営力を一段と高める秘訣です。

 

⇒⇒「学歴なしでも起業できる|起業家にとって大切なこと」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る