経営コンサルが教える企業成長の原理

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

成長企業の特徴と法則|中小企業・ベンチャー編

成長企業の特徴と法則|中小企業・ベンチャー編

 

成長企業とは、持続的成長を遂げている企業のことである。

 

企業の成長を測定する指標は、売上や利益の成長率が分かりやすく、それぞれの計算式は下記の通りである。

 

企業成長率の計算式

売上成長率=〔(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高〕×100

 

利益成長率=〔(当期利益高-前期利益高)÷前期売上高〕×100

 

売上成長率と利益成長率が共にプラスをキープしていることが成長企業の条件である。

 

もし、売上成長率がマイナスであれば、その企業の市場規模と販売力が低下していることが分かる。利益成長率がマイナスであれば、その企業の付加価値とコスト競争力が低下していることが分かる。

 

売上と利益、双方のプラス成長が成長企業の条件になるが、中小企業においては例外もある。

 

例えば、売上等の成長率が極めて低い水準にあったとしても、創業から長い期間にわたり健全経営を持続している中小企業は決して少なくない。

 

売上や利益が横ばい、或いは、微増の会社が成長企業といえるか否か、中小企業に限っていえば、そうした会社も成長企業といえる。

 

じつは、厳しい経営環境下に置かれている中小企業の場合、売上を構成する顧客が絶えず2割ほどが離脱しているというデータがある。

 

このような環境下においても、離脱顧客を穴埋めするための事業活動や成長投資をしっかり行っている企業は、前年並みの売上と利益であっても、企業の強みや独自性が一段と磨かれるため、長期的に健全経営がキープできているケースが多い。

 

つまり、中小企業においては、売上や利益の成長率が横ばいであっても、持続的成長を遂げている成長企業といえる余地があるのだ。

 

 

成長企業の特徴とは

 

成長企業の最たる特徴は、売上と利益が共にプラスの成長率をキープしていることが絶対条件として挙げられるが、目に見える数字だけでは成長企業の特徴を正確に捉えることはできない。

 

なぜなら、目に見えない経営方針や経営戦略といった要素が事業活動を推進し、結果として、売上や利益を形成するからだ。

 

例えば、経営方針も経営戦略も曖昧な、行き当たりバッタリの会社経営に陥っている企業が成長しないであろうことは容易に想像ができるだろう。

 

下記のチェックリストは、わたしの経験から成長企業の実現に不可欠な主な項目を挙げている。該当項目が多いほど、成長企業の実現度が高いといえるので、是非、自己診断してみてほしい。

 

成長企業のチェックリスト

☑経営計画を持っている

 

☑社員教育を行っている

 

☑新しい顧客を常に創造している

 

☑会社の本業が明快で、競合と差別化されている

 

☑会社の強みを自覚し、その強みを活かしきっている

 

☑会社の強みを磨くために、新技術やノウハウを積極的に導入している

 

☑利益の一部を毎期成長投資に充てている

 

☑経営者に私欲がなく、向上欲が旺盛である

 

☑経営者が常に次世代の経営を見据えて動いている

 

☑顧客満足度だけでなく、社員満足度も追求している

 

 

成長企業を作る法則

 

成長企業を作る法則は、前章「成長企業の特徴とは」で解説した成長企業のチェックリストのすべて項目を高い精度で実現することに尽きる。

 

なかでも、経営計画、成長投資、社員教育、会社の強みの研鑽、次世代経営の意識、社員満足度の追求などは、成長企業を作る上で欠かせない要素といって過言ではない。

 

成長が鈍化している中小企業や衰退している中小企業は、何れかの取り組みが弱い、或いは、取り組み方を誤っている可能性が高い。

 

例えば、わたしの経験上、中小企業において正しい経営計画を持っている会社は10社に2~3社程度である。

 

それ以外の中小企業は、計画があっても内容が妥当でない、そもそも計画がない会社も珍しくない。

 

計画の有り無しで、その後の収入に10倍もの差が開いたという研究データもあるほど、成長企業のロードマップになり得る経営計画ほど重要なものはない。

 

成長企業を作るために何をすべきか、足元を見つめ直して、確実に成長の階段を歩んでほしい。

 

⇒⇒「起業の基本知識と成功ノウハウ」に戻る

 

 

起業前におススメの経営セミナー

 

起業の成功率を高める経営セミナーを無料で開催しています。中小・中堅企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営セミナーです。これから起業をお考えの方は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒中小・中堅企業向けの無料経営セミナー【東京開催】

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る