経営のプロが教える売上債権回転日数の活用術

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

売上債権回転日数の計算式と適正水準(目安)|資金効率を計る経営指標

売上債権回転日数の計算式と適正水準(目安)|資金効率を計る経営指標

 

売上債権回転日数とは、商品販売に伴い発生した売上債権が現金化(回収)されるまでの日数のことで、会社の資金効率を計る経営指標の一つである。

 

売上債権とは、売上の対価として受け取る現金以外の売掛金と受取手形のことで、売上債権残高を日商売上で割ることで、売上債権回転日数の計算ができる。

 

売上債権回転日数のことを、売上債権回転期間とも云い、日商ではなく月商で計算する売上債権回転月数という指標もある。

 

売上債権回転日数が分かると、現金化までの日数が明らかになるので、資金効率の良し悪しが分かる。

 

また、売上債権回転日数が短いほど現金化が早く、売上債権回転日数が長いほど現金化が遅い、ということが分かるので、キャッシュフロー重視の経営、或いは、資金繰りを改善する際の目標指標としても活用することができる。

 

この記事では、売上債権回転日数の計算式(求め方)と適正水準(目安)について、詳しく解説する。

 

 

 

売上債権回転日数の計算式(求め方)

 

売上債権回転日数の計算式(求め方)は下記の通りである。

 

売上債権回転日数=(売上債権:売掛金+受取手形)〕÷(日商:年商÷363日)

 

例えば、現金商売の場合は、売上債権が発生しないので、売上債権0円÷日商〇〇=売上債権回転日数0日となり、売上が即日現金化されていることが分かる。

 

売上債権の期末残高が1億円で、日商が0.1億円の場合は、売上債権1億円÷日商0.1億円=売上債権回転日数10日間となる。

 

売上債権の期末残高が2億円で、日商が0.1億円の場合は、売上債権2億円÷日商0.1億円=売上債権回転日数20日間となる。

 

 

売上債権回転日数の適正水準(目安)

 

売上債権回転日数の適正水準(目安)は、30日以下が標準である。

 

売上債権回転日数が標準にない場合は、資本効率が悪く、資金繰りに支障が出る可能性が高いので、売上債権の回収を早める努力をした方が良いだろう。

 

なお、売上債権回転日数は、現金商売や消費者相手の商売に比べて、卸売業や法人相手の商売の方が長くなる傾向にあるため、業種業態によって適正水準に差が生じる。

 

従って、上記適正水準に合致しない場合は、売上債権回転日数の推移を定点観測(※1)することをお薦めする。

 

定点観測の結果、売上債権回転日数が悪化しているようなら、現金化の回収スピードが悪化している可能性が高いといえる。

 

※1 定点観測とは、同じ方法(定点)で継続的にある一定の項目を観察し、以前のものと比較してその差異を分析することである

 

 

売上債権回転日数を会社経営に活かすポイント

 

売上債権回転率は良好な資金繰りを実現するうえで欠かせない経営指標である。

 

なぜなら、会社の資金繰りは、売上債権の回収で決まるといっても過言ではないからだ。

 

資金繰りは会社経営の生命線であり、資金繰りが行き詰まると、大概の会社はあっという間に倒産する。

 

資金繰りを悪化させないためには、日頃から売上債権回転日数をモニタリングし、現金回収のスピードを短縮する努力が欠かせないので、くれぐれも注意してほしい。

 

➡NEXT「仕入債務回転率(日数)の計算式と適正水準(目安)」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る