固定費率と変動費率の求め方

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

損益分岐点分析に必要な固定費と変動費の計算|採算性分析に用いる経営指標

損益分岐点分析に必要な固定費と変動費の計算|採算性分析に用いる経営指標

 

損益分岐点を分析するには、売上に対応する全ての費用を、「固定費」と「変動費」に分ける必要がある。

 

固定費とは、売上高の増減に関わらず発生金額が一定の費用のことで、変動費とは、売上高の増減に伴い変動する費用のことである。

 

売上高(生産高)との関係性に基づいて費用を固定費と変動費に分けることを「費用分解」というが、費用分解の正確性が低いと、利益構造を明らかにする損益分岐点の分析に大きな影響を及ぼす。

 

当然ながら、固定費と変動費の集計が曖昧では、正しい損益分岐点を把握することはできない。

 

正しい損益分岐点を把握するには、固定費と変動費の費用特性を正しく理解した上で、会社の実態に合わせて費用分解する必要があるのだ。

 

この記事では、固定費と変動費の特性や収益に与える影響、並びに、固定費率と変動費率の計算式に至るまで、詳しく解説する。

 

 

 

固定費と変動費の特性とは?

 

損益分岐点を計算するうえで、固定費と変動費の費用分解は不可欠であり、正しい答えを導くにはそれぞれの特性をしっかり理解しなければならない。

 

固定費と変動費のそれぞれの特性は下記の通りである。

 

固定費とは?

 

固定費は、売上高(生産高)の増減に関わらず発生金額が一定の費用のことである。或いは、売上高(生産高)の増減に比例しない費用のことである。また、管理不可能な費用も固定費に含まれる。

 

固定費は、継続的に事業活動を展開するために必要最低限消費される費用ともいえる。或いは、必要最低限回収しなければならない費用ともいえる。当然ながら、固定費を下回るような売上では、事業は成り立たない。

 

なお、固定費の主な例は下表の通りである。

 

主な固定費

製造経費(労務費、減価償却費、その他定額性の製造費用)、人件費、業務委託料、法定福利費、支払報酬(定期)、地代家賃、賃借料、減価償却費、リース料、諸会費、租税公課(税金等)、支払保険料、通信費(サーバー、基本料金部分等)、など

 

変動費とは?

 

変動費とは、売上高(生産高)に連動して増加する費用のことである。或いは、売上高(生産高)の増減に比例する費用のことである。また、管理可能な費用も変動費に含まれる。継続的な事業活動の展開に応じて消費される費用ともいえる。

 

なお、変動費の主な例は下表の通りである。

 

主な変動費

仕入、製造経費(水道光熱費等、定額制のない製造費用)、福利厚生費、外注費、荷造発送費、広告宣伝費、接待交際費、会議費、旅費交通費、通信費(通話料部分等)、消耗品費、保守修繕費、水道光熱費、新聞図書費、支払手数料、販売促進費、一般試験費、研究開発費、租税公課、支払報酬(不定期)、雑費、など

 

 

固定費と変動費が収益性に与える影響とは?

 

費用の構成やバランスは、中小企業の収益性を左右する大きな要因になるが、費用を固定費と変動費に分けると、どのような仕組みで費用が収益性に影響を与えているのかが理解できる。

 

また、固定費と変動費の収益性を左右する仕組みを理解すると、収益性向上の対策を合理的に検討することが可能になる。

 

固定費と変動費の収益性に与える影響は下記の通りである。

 

固定費が収益性に与える影響とは?

 

固定費は、金額が低いほど利益の実現性が高くなる。従って、固定費は利益の実現性を決定する要素を持っている。

 

例えば、固定費が100万円と1,000万円では、固定費を賄うために必要な利益の金額に大きな差が生じる。当然ながら、固定費が少ない方が、固定費を賄うために必要な利益が少なく済み、固定費が賄えると、後は利益が拡大する一方となる。

 

 

変動費が収益性に与える影響とは?

 

変動費は、売上高に対する比率が低いほど固定費の回収能力が高まる。従って、変動費は固定費の回収能力を決定する要素を持っている。

 

例えば、売上高変動費率(〔変動費÷売上高〕×100)が10%と50%の比較であれば、固定費の回収能力は5倍の差が生じる。売上が増加しているにも関わらず、利益が増加していない会社は、売上高変動費率が上昇傾向にある場合が多い。(売上が拡大している一方で赤字金額が拡大しているような会社も同様である)

 

 

固定費率と変動費率の計算方法

 

固定費率とは売上に占める固定費の構成比率のことで、変動費率とは売上に占める変動費の構成比率のことである。

 

固定費率と変動費率は損益分岐点を計算するうえで不可欠な指標である。

 

固定費率と変動費率の計算式は下記の通りである。

 

固定費率=(固定費÷売上高)×100

 

変動費率=(変動費÷売上高)×100

 

正しい損益分岐点を把握するためには、固定費と変動費を正しく分別し、固定費率と変動費率を計算しなければならない。

 

損益分岐点が分かると、売上高の増減に応じた利益変化の予測や利益改善目標に応じたコスト削減値等の分析を容易に行うことができる。

 

➡NEXT「損益分岐点の計算方法と適正水準」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る