社長の仕事は決断力を鍛えること

確かな決断力を鍛える秘訣

確かな決断力を鍛える秘訣

 

社長の仕事は決断する事といっても過言ではありません。

 

なぜなら、トップダウン構造にある多くの中小企業は、社長の決断次第で会社の未来が決まってしまうからです。

 

例えば、新商品開発のゴーサインの決断を先送りしている最中に、ライバル会社の社長が同様の新商品開発のゴーサインを決断してしまったら、どうなりますか?

 

近い将来、競争に敗れることは想像に難くないでしょう。

 

社長の決断力は会社の将来を左右する重要な要素なのです。

 

それでは一体、中小企業の社長の決断力を鍛えるためにすべきこと、意識すべきことは何でしょうか?

 

順を追って解説していきたいと思います。

 

 

前例主義は役に立たない!?

 

前例主義とは、前例に従って物事を決断することです。

 

公共性の高い役人の世界や時限立法が追い付かない法曹界では前例主義もやむ得ませんが、こと会社経営においては、前例主義は殆ど役立ちません。

 

なぜなら、中小企業を取り巻く経営環境は、時間の経過と共に絶えず変化しているからです。

 

人間の細胞は数年ですべて入れ替わるといわれています。

 

つまり、体内では流動的な変化が絶えず起こっているということです。

 

会社経営も同じです。

 

時間の経過と共に、人も、時代も、嗜好も、技術も、資源も、自然も...、会社経営を取り巻く環境は、絶えず変化しています。

 

まわりが変化しているにも関わらず前例に従った決断ばかりを優先していたらどうなりますか?

 

変化から取り残されてしまい、知らぬ間に自然淘汰の一途を辿るかも知れません。

 

前例や過去に固執しないことが、正しい決断を生み出す秘訣です。

 

誤った決断は、時として会社を窮地に陥れることがあるのです。

 

 

変化を意識すると決断力が鍛えられる

 

中小企業の社長が確かな決断力を鍛えるには、常に変化を意識することが大切です。

 

朝の命令が夕方に改められる朝令暮改(ちょうれいぼかい)も大いに結構なことです。

 

例えば、過去に失敗した取り組みが、時間の経過と共に成功に転ずることは良くあることです。

 

状況が変われば答えが変わることは自然なことです。逆に、状況が変わっているにも関わらず、答えが変わらないことの方が不自然です。

 

変化を捉えるには、日頃の情報収集が欠かせません。

 

会社の数字は見ていますか?

 

現場の声は聞いていますか?

 

市場の変化は把握していますか?

 

技術の進歩に目を向けていますか?

 

会社の弱みが深刻化していませんか?

 

など等、決断力を鍛えるために中小企業の経営者が収集すべき情報は幅広い領域にわたります。

 

中小企業の場合は、社員からの情報を待つのではなく、社長自身が積極的に情報を収集し、日頃の小さな変化を捉える努力を継続することが、決断力を鍛える秘訣になります。

 

 

情報の精度で決断の質が決まる

 

経営者の手元に良質な情報があれば、決断を誤るリスクは低く済みます。

 

一方、経営者の手元に悪質な情報しかなければ、決断を誤るリスクは格段に高まります。

 

つまり、中小企業の会社経営は、情報の精度如何で決断の正否が決まってしまうのです。

 

わたしの経験上ではありますが、倒産の危機に瀕した中小企業の社長さんは良質な情報を殆ど持っていませんでした。

 

そもそも、情報の価値を理解していないために、日頃から良質な情報を捉える行動すら放棄している社長さんもいました。

 

これといった情報が手元に無いという状況下で会社経営をしていたのでは、まともな決断はできるものではありません。

 

一方、優秀な中小企業の社長さんほど情報の価値を理解しています。

 

例えば、良質な情報を入手するために経営ブレーンを活用する、有益な情報に躊躇なく対価を支払う、など等、自身の決断力を鍛えるための良質な情報を積極的に集めようと努めます。

 

手元に良質な情報が増えれば増えるほど決断力が鍛えられて、更に、決断のスピードも加速します。

 

当然ながら、確かな決断とスピーディーな決断は、会社の成長を一層後押しします。

 

「社長の決断力が会社の将来を決定する」と云われる所以は、ここにあるのです。

 

➡NEXT「確かな実行力を高める思考法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ