生産性は会社の利益を拡大する重要指標

会社の生産性を上げる方法

会社の生産性を上げる方法

 

生産性とは、労働の投下に対する収益性の評価基準の一種である。

 

例えば、生産性の高い仕事を提供すれば、少ない労力で大きな収益を得ることが可能になる。

 

逆に、生産性の低い仕事を提供してしまうと、大きな労力にも関わらず少ない収益しか得られない、ということになる。

 

中小企業はヒトだけではなく、あらゆる領域の経営資源が脆弱なので、如何に生産性の高い仕事ができるか否かが、企業の存続を決定するといっても過言ではない。

 

生産性の高い仕事を要約すると「少ない労力で最大の利益を実現する」ということだが、これは「楽して儲けよ」ということではない。

 

生産性の高い仕事を提供するには、決して「楽」はできない。

 

むしろ、生産性の高い仕事は「苦労の先に成り立つ」という表現の方がピッタリである。

 

 

楽して生産性を上げようとするとどうなるのか?

 

企業の競争原理は、すべて顧客が握っている。

 

なぜなら、企業が提供する商品の購入権は顧客が握っているからだ。

 

経営者は、どんなに良い商品、どんなに良いサービスであっても、「常に顧客からの選択の脅威にさらされている」という事実を忘れてはならない。

 

このような競争原理のなかで、楽して生産性を上げるために仕事の質を下げた会社が、競争からはじき出されるであろうことは容易に想像がつくだろう。

 

楽して労力を減らすことは生産性の高い仕事には繋がらない。

 

逆に、競争からはじき出されて、企業存続の危機にさらされる事態を招きかねない。

 

例えば、次に挙げる改善策などは、生産性の高い仕事に結びつかない典型例である。

☑安値販売(付加価値低下、利益低下)

 

☑主要作業のアルバイト化(技術保有力の低下)

 

☑チェック人数を減らす(品質低下の懸念拡大)

 

☑内製品から外注完成品にシフトする(独自性の低下)

 

☑安価な外国原料への切替え(国産ブランド力の低下・独自調達力の低下)

 

一時は少ない労力で売上が上がり、利益も上昇するかも知れないが、長期的な収益効果は殆ど望めない。

 

むしろ、これまで苦労を重ねて蓄積してきた独自ノウハウが無に帰してしまい、生産性と競争力がいっぺんに低下するリスクがグッと高まってしまう。

 

生産性の高い仕事を作り上げるには、相当な苦労と時間が必要なのだ。

 

 

生産性を上げるためにすべきこと

 

生産性を上げるには、独自ノウハウを蓄積するための「創意工夫」と「成長投資」が必要だ。

 

☑徹底した創意工夫をしているか?

 

☑徹底した成長投資を行っているか?

 

この問いかけに対しての答えが「NO」であれば、やるべきことが残ってるということだ。

 

創意工夫とは、現状の品質をキープ、或いは、高めるために行う経営改善のことである。

 

そして、この経営改善を実行するために投じるお金が成長投資である。

 

例えば、次に挙げる改善策などは、生産性が高い仕事に結びつく典型例である。

☑経営課題を解消する(独自性の向上)

 

☑社員教育の水準を高める(技術力の向上)

 

☑機械導入で無人化する(品質キープで人件費減)

 

☑完全内製化商品を拡充する(独自性の向上)

 

☑現状の経営資源を最大化する(収益性の向上)

 

☑現状の経営環境を最適化する(収益性の向上)

 

生産性が上がると、独自ノウハウが一層蓄積され、自ずと企業の競争力が高まる。

 

つまり、生産性の高い仕事は、中小企業の存続を支える重要な要素になり得るのだ。

 

 

生産性を判定する計算式はあるのか?

 

企業の生産性の良し悪しを、合理的な数値基準でモニタリングすることは非常に重要なことだ。(生産性の計算方法はこちらの記事で解説しているので是非参考にしてほしい)

 

なぜなら、数値基準をモニタリングしていれば、生産性を高めるために行っている経営改善の正否をオンタイムで検証することができるからだ。

 

正しい経営改善であれば継続を、誤った経営改善であれば是正処置を、というように先手先手で経営改善を進めることができるので、効率的に生産性を高めることが可能になる。

 

➡NEXT「経営に失敗する危険なリスク」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ