どんぶり経営が中小企業を滅ぼす

どんぶり経営の会社は倒産する

どんぶり経営の会社は倒産する

 

どんぶり経営とは、どんぶり勘定でお金を管理している経営状態のことだ。

 

会社のお金の流れを大きく分けると、「収入と支出」、ふたつある。つまり、「入るお金」と「出るお金」だ。どんぶり経営とは、この二つのお金の流れの管理がいい加減ということだ。

 

分りやすい例をいくつか挙げてみよう。

 

▶A店舗とB店舗の売上を、一つのどんぶりで勘定する

 

▶A工場とB工場の工場経費を、一つのどんぶりで勘定する

 

▶営業部門と製造部門の損益を、一つのどんぶりで勘定する

 

このようなどんぶり勘定の経理を行うと、最終的な会社全体の損益は把握できるが、個々の部門損益が全く把握できなくなってしまう。

 

更に、細かい具体例をいくつか挙げてみよう。

 

▶A店舗のために費やした広告宣伝費を、一つのどんぶりで勘定する

 

▶A工場の修繕費用を、一つのどんぶりで勘定する

 

▶営業部門の接待交際費を、一つのどんぶりで勘定する

 

個々の損益が把握できなければ、その店舗や工場の正しい損益は見えてこない。

 

損益が見えなければ適正な経営状況であるか否かの判断もつかない。

 

当然ながら、経営状況が分からなければ、会社の問題点や課題を把握することができず、合理的かつ具体的な経営目標を掲げることもできなくなる。

 

要は、「まともな経営ができなくなる」ということだ。

 

ここに、どんぶり経営の弊害があるのだ。

 

 

どんぶり経営の弊害と倒産リスクとは?

 

中小企業にありがちなどんぶり経営の弊害と倒産リスクについて解説していこう。

 

下の図は、上記例に用いた会社の組織イメージ図だ。

 

 

この中小企業は、営業部と製造部の2つの部門の下に4つの部署があり、会社全体を構成している。

 

夫々の部門や部署毎の損益集計がどんぶり勘定で行われていたらどうなるだろうか?

 

会社全体が良好な黒字経営であれば問題ないのかも知れないが、

 

例えば、

 

▶B店舗が販売不振に陥っていたら?

 

▶B工場の操業度(※1)が著しく落ち込んでいたら?

 

営業部門の販売不振も製造部門の操業度低下も、個々の部門損益を正しく把握していなければ、全く見えてこない。

 

当然ながら、事前に経営改善の手を打つことは不可能だ。

 

一部門の業績低迷が会社全体の損益にハッキリと表れてくるころには末期状態ということも珍しくない。その場合、不振部門の再建は手遅れとなってしまう。

 

また、どんぶり経営はコスト管理にも影響を及ぼす。

 

例えば、A店舗とB店舗の損益がひとつのどんぶりで勘定されていたら、夫々の店舗の正しい損益が把握できない。

 

従って、双方のトップである店長の成績評価も適正に行えない。

 

店舗の損益も、店長の成績も曖昧では、コスト管理も曖昧になってしまう。

 

杜撰なコスト管理は、「ムダとムラ」を生み出し、収益性と生産性を著しく低下させていく。そして、自ずと業績悪化の循環に陥り、会社は倒産へ傾いて行く。

 

どんぶり勘定最大の弊害は、業績悪化の時に手に負えなくなる点だ。

 

倒産は、むしろ必然といってもいい。

 

※1 操業度(操業率)とは、企業が有する生産能力の一定期間における利用状態のこと。例えば、生産能力の最大値を 100として、それに対する実際の生産量の比率で表わされる。

 

 

好業績であってもどんぶり経営の弊害がある!!

 

どんぶり経営は、業績が良い場合であっても、さまざまな弊害がある。

 

例えば、

 

▶A店舗の販売が好調を維持している

 

▶A工場の操業度が上向いている

 

好調部門があったとしても、個々の部門損益が分からなければ、具体的な好調具合が見えてこない。

 

当然ながら、人員増員の戦略や、設備投資の戦略に大きな影響を及ぼすことになる。

 

不調な部門の人員を増員したり、設備投資を行ったりする判断ミスも考えられる。

 

経営判断の誤りは、倒産に繋がる重大なリスクだ。

 

会社のどんぶり経営が常態化し、会社の数字が曖昧になると、全ての経営判断が曖昧な根拠の上に成り立つことになる。

 

曖昧な経営判断ほど恐ろしいものはない。

 

会社経営の基本は、第一に正確な数字を把握することに尽きる。

 

正しい会社経営を行うのであれば、どんぶり経営から脱却しなければならないのだ。

 

➡NEXT「粉飾決算に手を染める倒産会社の事例」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ