中小企業の倒産の見抜き方

会社が倒産する前兆

会社が倒産する前兆

 

会社が倒産する前兆を知る前に、会社の倒産がなぜ起こるのか?

 

まずは、その根本原因から解説していこう。

 

会社が倒産する根本原因は簡単だ。

 

会社のお金が無くなったとき、会社は倒産する。

 

例外的に、無一文でも経営者の信頼ひとつで首の皮一枚繋がるときがあるが、殆どの会社はお金が無くなると同時に会社も終わりを迎える。

 

日頃から気を付けて一定水準のお金さえ持っていれば倒産など起こり得ないはずだが、毎年のように中小企業の倒産が続いている。

 

それは何故か?

 

答えは、会社が倒産する前兆を見逃したまま会社経営を続けているからだ。

 

会社が倒産する前兆を見抜くには、日頃から倒産の前兆に繋がる経営のポイントを抑える必要があるが、最低限、必要なことは損益計算書と貸借対照表といわれる財務諸表から倒産の前兆を捉えることだ。

 

損益計算書は理解できても、貸借対照表が理解できていない経営者は少なくない。

 

実は、会社の倒産の前兆を見抜くには損益計算書よりも貸借対照表の方が重要度が高い。

 

従って、損益計算書だけに興味を持つのではなく、日頃から貸借対照表もしっかりチェックすることが大切だ。

 

早速、中小企業経営者が理解すべき財務諸表から分かる倒産の前兆を分かりやすく解説していこう。

 

 

会社が倒産する前兆と3つのステップとは?

 

会社が倒産する前兆は必ずある。

 

ある日突然、会社が倒産するということは、まずあり得ない。

 

会社倒産までの前兆を大きく分けると、次の3ステップに整理することができる。

 

会社の損益悪化

 

自己資本の減少

 

会社倒産

 

中小企業経営者が会社を倒産させない秘訣は「倒産の前兆を見逃さないこと」に尽きるが、何れの前兆も、日頃から財務諸表さえしっかり見ていれば、事前に捉えることができる。

 

 

会社が倒産する前兆「損益悪化とは?」

 

会社の損益悪化とは、黒字経営から赤字経営へ転落することを意味する。

 

損益悪化のステップを図解すると下図の通りとなる。

 

 

会社の損益状況が黒字経営であれば倒産することはない。

 

売上と経費が同等になって、損益がトントン(±0)になっても会社は倒産しない。

 

売上よりも経費の金額が上回ると、会社が赤字経営に陥り、倒産に傾いていく。

 

つまり、赤字経営は会社倒産の入り口なのだ。

 

但し、損失よりも減価償却費(※1)の金額が上回っている限りは会社の現金残高が減少しないので、会社は倒産せずに何とか持ち堪える。

 

逆に、減価償却費よりも損失の金額が上回ると、会社の現金残高が減少し始めるので、会社は加速度的に倒産に傾いていく。

 

会社の損益悪化から倒産の前兆を整理すると下表の通りとなる。

注意

黒字経営 → 赤字経営に転落

危険

減価償却費 > 赤字の損失金額 →(現金流出が伴わない)

超危険

赤字の損失金額 > 減価償却費 →(現金流出が伴う) →(自己資本が減少)

 

下の図は、赤字の損失金額と減価償却費の関係性を表したものだ。

 

 

減価償却費よりも損失金額が上回ると現金残高の減少が始まる。

 

そして、経営改善の手を打たずに赤字経営を容認していると、現金残高の減少に歯止めがかからず、やがて、自己資本が減少していく。

 

自己資本の減少は、倒産の足音がハッキリと聞こえるレベルの倒産の前兆だ。

 

※1 減価償却費とは資産性の高い設備等(減価償却資産)を耐用年数に応じて費用化していく制度です。資産購入時に現金決済が完了していれば、その後の減価償却費の費用計上時は現金が流出しません。従って、会社の損金として経費処理しても現金流出が伴わない特殊性のある費用です。

 

 

会社が倒産する前兆「自己資本の減少とは?」

 

赤字経営に陥り会社の利益がマイナスに転じると、会社の自己資本(純資産)が徐々に減少していく。

 

下の図は正常な会社の貸借対照表の構成だ。

 

 

上図右下の赤枠部分に「自己資本」とあるが、会社の利益がマイナスに転じると、自己資本(純資産)が徐々に減少していき、倒産の前兆が如実に表れてくる。

 

下の図は、自己資本(純資産)の減少ステップを表したものだ。

 

 

純資産が資本金を上回っていれば会社の資本金+過去の利益の貯蓄が残っているということなので、この正常状態が維持できていれば会社は倒産しない。

 

一方、純資産の金額が資本金よりも下回る「資本欠損」を経て、純資産がマイナスに陥る「債務超過」になってしまうと、会社は一気に倒産に傾いてしまう。

 

自己資本の減少から会社倒産の前兆を整理すると下表の通りとなる。

倒産の一歩手前

資本金 > 純資産 = 資本欠損

倒産状態

純資産がマイナス  ⇒ 債務超過

 

「資本欠損」は倒産の一歩手前

 

「債務超過」は最早、倒産状態

 

ちなみに、資本欠損の場合は会社再建が可能なケースが多いが、債務超過の場合は、大きな痛みを伴う改革を断行しなければ会社再建が成功することはない。

 

 

会社が倒産する前兆を見逃すと手遅れになる!?

 

中小企業の経営者が、誰かに助けを求める段階は、殆どが「債務超過」に陥った時だ。

 

先に説明した通り、債務超過は既に倒産状態なので、助けを求めても、最早、手遅れだ。

 

自覚症状を感じたときは時すでに遅しなのだ。

 

従って、中小企業経営者は日頃から倒産の前兆を感じ取る意識を強く持つことが大切だ。

 

万が一、赤字経営に陥ったら、待ったなしで経営改善に取り組み、会社を黒字化しなければならない。

 

赤字経営を放置すると資本欠損に陥り、行く末は債務超過、、、そして、最終的には、会社が倒産してしまう。

 

倒産の入口である赤字経営に転落した時点で、如何に素早く経営改革を断行し黒字化するかが、会社再建の秘訣だ。

 

会社倒産の前兆をつかむためには、日ごろから会社の数字を把握することが大切だ。

 

経営者の必要最低限の務めと思って、心掛けてほしい。

 

➡NEXT「経営に失敗する社長は数字を軽視する」へ

 

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

 

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営講座です。プロの経営術を習得したい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ