業績悪化を防ぐ実践的手法

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の業績が悪化する三大原因とその対策

会社の業績が悪化する三大原因とその対策

 

わたしは中小企業専門のコンサルタントとして数多くの中小企業の経営実態を見てきた。

 

再建事案も多く会社の業績が悪化する原因がどこにあるのか、会社の業績を悪化させないためにすべきことは何か、など等、安定経営のコツも数多く知っている。

 

経営の専門家の立場から、会社の業績が悪化する三大原因とその対策を事例を交えて徹底解説している。

 

1.経営目標がない会社の業績は悪化する

 

2.経営計画がない会社の業績は悪化する

 

3.経営改善をしない会社の業績は悪化する

 

安定経営実現のヒントとして、是非とも参考にしてほしい。

会社の業績が悪化する三大原因とその対策記事一覧

経営目標がない会社の業績は悪化する。なかでも、利益目標や経営改善目標といった、安定経営の実現に不可欠な経営目標がない会社は、一時は調子が良くても、かなりの高確率で業績が悪化し、倒産の危機に瀕する。なぜ、経営目標がないと業績が悪化するのかというと、今すべきことが曖昧になり、日々の経営が行き当たりバッタリになってしまうからだ。経営が行き当たりバッタリに陥ると、業績の上下に一喜一憂することに終始してしま...

経営計画がない会社の業績は悪化する。なぜなら、経営計画がないと、今すべきことが曖昧になり、行き当たりバッタリの会社経営に陥ってしまうからだ。会社経営がひとたび行き当たりバッタリに陥ると、計画性のない行動に拍車がかかり、たった一つの躓きで会社の業績が悪化することもある。また、経営計画がないと、ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源が分散してしまい、売上や利益の拡大、或いは、社員の成長といった経営の効...

経営改善をしない会社の業績は悪化する。なぜなら、継続的な経営改善で事業価値を高めないと、簡単に市場競争からはじき出されてしまうからだ。経営改善の目的は、売上の最大化と経費の最小化、つまり「利益の最大化」に集約される。利益の最大化を成し遂げるために経営課題を発掘し、その課題を解消する取り組みこそが経営改善の本質である。経営改善の対象を的確に見つけることに苦手意識を持っている経営者もいるかも知れないが...

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る