成功は経営計画で決まる

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営計画がない会社の業績は悪化する|経営計画の効果的運用方法

経営計画がない会社の業績は悪化する

 

経営計画がない会社の業績は悪化する。

 

なぜなら、経営計画がないと、今すべきことが曖昧になり、行き当たりバッタリの会社経営に陥ってしまうからだ。

 

会社経営がひとたび行き当たりバッタリに陥ると、計画性のない行動に拍車がかかり、たった一つの躓きで会社の業績が悪化することもある。

 

また、経営計画がないと、ヒト、モノ、カネ、情報といった経営資源が分散してしまい、売上や利益の拡大、或いは、社員の成長といった経営の効率化が遅々として進まなくなる。

 

経営計画の範囲はじつに幅広い。

 

販売計画のみならず、人事計画、育成計画、開発計画、事業計画など等、挙げたらキリがないほどであり、経営計画の精度如何で経営の成功が決まるといっても過言ではない。

 

じつは、中小企業において正しい経営計画を持っている会社は決して多くない。

 

経営計画の立て方が誤っている、経営計画は立てたが内容が妥当ではない、そもそも経営計画がないという中小企業も珍しくない。

 

経営計画のない会社経営ほどリスクの高いものはない。

 

業績悪化のリスクを解消し、会社をさらに拡大するためにも、正しい経営計画を作成・運用してほしいと思う。

 

 

経営計画の作り方と活かし方

 

経営経営は作れば良いというものではない。

 

なぜなら、的外れの経営計画は経営を迷走させ、業績悪化のリスクを一段と高めてしまうからだ。

 

事業拡大に役立つ経営計画を運用するには、正しい経営計画の作り方と活かし方のふたつのポイントを抑えなければならない。

 

当たり前だが、経営計画の作り方を誤れば経営が迷走し、活かし方を誤れば経営計画の効果が無に帰してしまう。

 

経営計画をいかに正しく見つけ、いかに活かすかが、経営計画の運用精度を左右するのだ。

 

経営計画の作り方と活かし方のポイントについて、それぞれ詳しく解説したい。

 

経営計画の作り方

経営計画は最終目標を数字で記入するところから始めるのが効果的だ。例えば、3年後に売上○○万円、利益○○万円を達成する、という数字を決めたうえで、計画達成の障害になり得る経営課題を洗い出し、その課題を解決する方法と期日を計画に落とし込むと、実践的かつ効果的な経営計画ができる。

 

経営計画の活かし方

経営計画の運用は、PDCAサイクルの精度とスピードで決まる。例えば、業績集計や検証の精度が上がれば計画が最適化されるので計画達成のスピードが加速する。また、PDCAサイクルを月単位から日単位に短縮すると、計画達成のスピードが飛躍的に加速する。

 

 

業績悪化リスクのチェックリスト

 

最後に、経営計画がない中小企業によくみられる症状をチェックリスト形式で紹介している。

 

ひとつでも当てはまる項目があれば、経営計画に問題があり、業績悪化のリスクを抱えている可能性が高い。

 

会社の現状とチャック項目を照らし合わせて、経営計画に問題がないか否か、自己診断してほしい。

 

業績悪化リスクのチェックリスト

☑経営計画がない

 

☑経営計画のイメージはあるが、計画書を作成していない

 

☑経営計画を作成したが、計画通り実行できていない

 

☑経営計画に数字や期日が入っていない

 

☑PDCAサイクルを回していない

 

☑PDCAサイクルの回転が遅い

 

☑PDCAサイクルの精度が低い

 

☑経営計画に基づいて活動しているが、なかなか成果が上がらない(経営計画の作成ミス、検証ミス、修正ミスがある)

 

➡NEXT「経営改善をしない会社の業績は悪化する」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る