図解でよく分かる資本欠損

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

倒産の危機を知らせる資本欠損とは?

倒産の危機を知らせる資本欠損とは?

 

資本欠損とは何かを理解するには、先ず第一に資本金の仕組みを理解する必要がある。

 

なぜなら、資本欠損とは、会社の損失で資本金が欠ける現象だからである。

 

資本金とは、会社を設立するために必要な最初の運転資金(自己資金)のことである。

 

そして、資本金という自己資本を元手に会社経営を順調に続けていくと、事業活動を通じて生み出された利益が上積みされて、会社の自己資本が徐々に増加していく。

 

自己資本とは、自分自身で調達した資金のことである。

 

自己資本は自身で調達した資金(資本金)と自身で生み出した利益の貯蓄(利益剰余金)なので、返済義務がない。

 

一方、他人から調達した資金(資本)のことを、他人資本という。

 

他人から調達した資金(資本)なので、返済義務がある。

 

下図は、貸借対照表の構成である。

 

 

赤枠部分が自己資本である。

 

会社を設立したときに払い込まれた「資本金」と、会社が生み出した利益の貯蓄である「利益剰余金」の合計が自己資本、いわゆる純資産になる。

 

自己資本(純資産)=資本金+利益剰余金

 

つまり、会社が常に利益を出し続けている限りは、資本金よりも純資産が下回ることはない。つまり、自己資本が欠損することはない。

 

逆に、会社の利益がマイナスになり、損失が出ると、会社の利益剰余金が減少していく。つまり、自己資本が欠損する事態に陥ってしまう。

 

 

資本欠損の正体は利益剰余金の減少にある

 

会社の利益がマイナスになり、損失に歯止めがかからない場合、会社の利益剰余金はいづれ0円以下(マイナス)になる。

 

そして、過去の利益の貯蓄である利益剰余金が全てなくなると、資本金が欠損する事態に陥る。

 

この、資本金を損失で食いつぶす現象を「資本欠損」という。

 

下図は、資本欠損の仕組みを図解したものである。

 

 

例えば、会社を500万円で設立して、1期目、2期目ともに▲100万円の赤字、合計▲200万円の累損になった場合、設立当初から利益剰余金が増加することはなく、2年で▲200万円の資本金が欠損することになる。

 

貸借対照表上では資本金の額は不変なので、帳簿上は資本金500万円+利益剰余金▲200万円=純資産300万円という記載で表示されるが、実態は、資本金がマイナス△200万円欠損した、ということになる。

 

資本欠損とは、上記例のように資本金が損失で欠けている状況を表わす。

 

なお、資本欠損を数式で表すと、下記算式の通りとなる。

 

資本欠損 = 資本金 > 純資産(資本の部)

 

 

資本欠損は経営改革を断行する最後のチャンス!!

 

資本欠損は、会社経営が衰退に向かっていることを示す危険なサインである。

 

資本欠損に陥った段階で、抜本的な経営改革を断行しないと、経営が行き詰るリスクが高まるばかりとなる。

 

当然ながら、資本欠損の状態を放置すると、倒産状態に等しい債務超過に陥るのは時間の問題となる。

 

資本欠損からの会社再建は難しくないが、債務超過からの会社再建は、大きな痛みを伴う経営改革を断行しなければ成功しない。

 

中小企業の経営者が誰かに助けを求める段階は、殆どが「債務超過」に陥った時だ。

 

繰り返すが、債務超過で助けを求めても、最早、手遅れである。

 

自覚症状を感じたときは、時すでに遅しなのだ。

 

資本欠損は倒産リスクが高まる危険なサインである。

 

全うな経営者を目指すのであれば、資本欠損を決して見逃してはならない。

 

➡NEXT「倒産状態に等しい債務超過とは?」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る