経営管理は社長の仕事!!

社長が仕事をしない会社は倒産する

社長が仕事をしない会社は倒産する

 

社長が仕事をしない会社は倒産する。

 

例えば、社長の仕事のなかでも特に重要な経営管理を放棄すると、会社はいとも簡単に倒産の危機に瀕してしまう。

 

社長が経営管理を放棄している状態を端的に表すと、「会社のなかに経営を行っている人間がいない」ということだ。

 

そんな会社があるのか?

 

と思う方もいるかも知れないが、実際にそういう会社は存在する。

 

例えば、

 

☑業績は誰が把握してますか?

 

☑経営改善の手を打ってますか?

 

☑会社の問題点を把握していますか?

 

わたしが倒産の危機に瀕した中小企業の調査に入り、その会社の社長さんに上記質問をすると、殆どの社長さんは明確な答えを持っていなかった。

 

業績が把握できなければ、会社の問題点を把握することはできない。会社の問題点が把握できなければ、適切な経営改善の手を打つことはできない。

 

つまり、経営を行っている人間が会社にいない、経営管理を放棄している状態だ。

 

信じられないかも知れないが、年商50億超の会社であっても社長の仕事をしないで、経営管理を放棄しているケースがあった。

 

中小企業の場合、経営者の能力が、そのまま会社の業績に比例する。

 

経営者自身が経営管理を放棄してしまったら、会社はどうなるだろうか?

 

当然ながら、会社が良くなるわけはない。

 

むしろ、失敗しか道がないといっても過言ではないだろう。

 

 

社長の仕事をしない経営者の特徴とは?

 

社長の仕事をしない経営者の特徴として挙げられる代表例は、「社員と一緒に現場の仕事をしている」、ということだ。

 

中小企業の多くは人手不足に陥っているので致し方ない部分もあるが、四六時中、社員と共に過ごしていたら肝心の会社経営は誰が行うのだろうか?

 

また、中小企業で働く社員は目の前の仕事に精一杯なので、会社の将来まで頭が回らない。

 

会社の将来の経営課題を発掘する人間は、会社の中に経営者をおいて他には存在しないのだ。

 

安定経営を目指す経営者であれば、社長の仕事として、毎日最低1時間以上は、会社の数字を診て、会社の経営課題を真剣に考える時間を確保しなければならない。

 

考えれば、考えるほど、良いアイデアは生まれるものだ。

 

因みに、優れたアイデアは、経営者の業績理解が深まれば深まるほど生まれてくる。そして、社員に投げかけるアイデアが多ければ多いほど、アイデアを具現化する社員の能力がどんどん磨かれる。

 

結果として、経営者と社員の間に一体感も生まれ、業績と共に組織力も向上していく。

 

▶社長の仕事をしないで、日々社員たちと現場の仕事をしている経営者

 

▶社長の仕事として、毎日1時間以上を経営について考えている経営者

 

両者の差は、一日が十日、十日が百日、百日が一生というようにに、年月が経過すればするほど、会社の業績に雲泥の差がついてくる。

 

 

中小企業の経営者は社長の仕事として、1年365日、いつなんどきも会社の経営について考える癖をつけなければならない。

 

それほど、会社を経営するということは責任があり、大変なことなのだ。

 

また、社長の仕事をしない経営者の特徴として、「会社の問題点を放置する」という行動もある。

 

経営者が放置している問題を社員が問題視することは稀だ。

 

また、問題を放置するような経営者に対して社員が問題提起することも稀だ。

 

結果として、会社内に様々な問題が山積し、倒産リスクは高まるばかりとなる。

 

これも、社長の仕事をしない弊害の一例だ。

 

会社の経営管理は最低限の社長の仕事、という自覚を持つことが大切だ。

 

 

社長の仕事の質を上げるには会社の数字が重要!!

 

社長の仕事の質を上げるには、社長自身の経営力を高める必要があるが、そのためには第一に会社の数字を深く理解する必要がある。

 

なぜなら、会社の数字を無視した会社経営は何れ破綻するからだ。

 

例えば、業績悪化の兆しが掴めない、場当たり的な経営采配が常態化する、的外れな経営改善を推進する、など等、会社の倒産リスクが高まるばかりとなる。

 

これでは、たとえ経営が悪化しても適切な経営改善はできず、月日が経過するのを待つのみとなってしまう。

 

会社の数字を理解することは、経営管理の要である。

 

これも社長の大切な仕事として決して放棄してはならない。

 

➡NEXT「持続的成長が難しい会社の特徴」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ