中小企業が倒産する根本原因

会社が倒産する原因とは?

会社が倒産する原因とは?

 

経営とは、営みを経ける(続ける)ということを意味します。

 

一方、倒産とは、会社経営が破たんすることを意味します。

 

つまり、「経営」と「倒産」は対極の意味を成す会社の状態ということになります。

 

経営を存続させ、倒産を防止するためには、

 

・経営を継続する術を学ぶこと

 

・倒産を防止する術を学ぶこと

 

この2つの学びが重要となります。

 

会社経営において成功の法則があるとすれば「大きな失敗しないこと」に集約されます。

 

失敗には法則があります。

 

大きな失敗を犯さない限り、会社経営が破たんし、会社が倒産することはそうそう起こり得ません。

 

つまり、大きな失敗が主たる倒産の原因であり、大きな失敗をかわす経営技術こそが、倒産を防止し、経営を継続する術となるのです。

 

 

会社の倒産に繋がる大きな失敗とは?

 

倒産の主たる原因である大きな失敗とは「経営の基本から逸脱した行動」のことです。

 

 

会社経営の基本は、「提供する商品とサービスの価値を最大化し、市場を開拓し続けること」に尽きます。

 

例えば、次の2つは会社経営の基本から逸脱した行動の一例です。

 

・本来の事業とは関係のない分野への株式投資(資本投下や買収)

 

・本来の事業とは関係のない分野への新規進出

 

会社本来の事業が儲かり始めて余剰資金が増加してくると、ついつい新しい事業分野の興味が膨らむことがあります。

 

「隣の芝生は青く見える」ではありませんが、経営者であれば誰しも一度は、本業とは違う分野が羨望の対象として見えて、そこへの投資の衝動にかられたことがあるのではないかと思います。

 

しかしながら、本業とは関係ない分野への資金投資ほど倒産リスクを引き上げることはありません。

 

 

経営の基本を逸脱した行為ほど会社の倒産リスクが高まる

 

本来の事業とは関係のない分野への、株式投資、或いは、新規事業への投資は、ただの買い物とは違います。

 

何れも失敗すれば、数倍、数十倍の負債を背負うリスクが含まれています。

 

1億の投資が2億の損失、或いは10億の損失、、、

 

 

株式投資は、他人に下駄を預けた状態で投資価値が増減するのを見守るだけとなります。

 

当然ながら、本来の事業との相乗効果はなく、博打的要素が非常に強い投資といえます。

 

たとえ経営権を握ったとしても専門外の事業経営など素人に出来るものではありません。

 

万が一、子会社化でもしようものなら全ての経営責任と共に、投資金額をはるかに超える損失リスクを背負うことになります。

 

何れにしても、本来の事業発展に貢献する可能性は極めて低い行為といえるでしょう。

 

本来の事業と関係ない新規事業への投資も同様です。

 

事業というのはスタートしたら、基本、ゴール(エンド)がありません。

 

事業のゴール(エンド)は経営が破たんした時、つまり事業が倒産した時です。

 

事業には、ヒト、モノ、カネ、情報など等の経営資源が投入されていますので、失敗したからといって直ぐに終わりにすることは出来ません。

 

雇ったヒト、事業拠点の家賃やモノ、事業に参加している取引先など等、全ての利害関係を清算する時間が必要になります。

 

万が一、事業撤退のタイミングを誤ると、会社本来の事業の儲けが食いつぶされ、会社はいとも簡単に倒産してしまうこともあります。

 

経営の基本を逸脱した行為ほど倒産リスクが高まると云われる所以は、ここにあるのです。

 

もしも、本来の事業に投資していれば、、、

 

「後悔先に立たず」、基本を大切に経営と向き合うことが倒産を防ぐ最大の方法です。

 

 

小さな失敗も会社の倒産に繋がる!?

 

倒産に繋がる大きな失敗の一例として、本来の事業とは関係のない分野への株式投資と新規進出を上げましたが、倒産の原因になり得る失敗は、小さな失敗も例外ではありません。

 

 

経営者も人間ですので、失敗があって当然です。

 

但し、小さな失敗であっても、適切に対処せずに見逃したまま放置しておくと、何れ大きな失敗に繋がってしまいます。

 

大企業の倒産、或いは、航空事故や列車事故の際たる原因は、小さな失敗の見逃しにあると云われている通り、小さな失敗も積もり積もれば大きな失敗に育ちます。

 

経営の小さな失敗事例は次の3つの経営ノウハウカテゴリーで紹介しています。

 

⇒⇒会社経営に失敗するダメな社長の特長

 

⇒⇒倒産しそうな会社の特長

 

⇒⇒持続的成長が難しい会社の特長

 

日頃から小さな失敗の芽を摘む努力を継続している限り、会社が倒産の危機に瀕することはありません。

 

 

「強い社長が実践している儲かる経営術」

無料オンライン講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が儲かる経営の極意を説いた経営講座です。確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「倒産しそうな会社の特徴」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

会社が倒産する前兆
倒産の危機に瀕する会社の殆どは、倒産の前兆を見逃したことが原因で末期状態に至っています。会社が倒産する前兆は必ずあります。倒産の前兆の見抜き方を分かりやすく解説しています。
経営改善を放棄すると業績が悪化する
経営改善を放棄すると業績が悪化し、最終的には倒産の危機に瀕する事があります。経営改善で失敗しない秘訣と共に、正しい経営改善の手法を分かりやすく解説しています。
倒産する会社には稟議制度がない
稟議制度とは経営に関わる事案に対して稟議書を作成し、社内の役職者の承認を経て最終的に社長が決裁する仕組みです。安定経営を支える稟議制度の仕組みを分かりやすく解説しています。
倒産する会社は組織が崩壊している
倒産する会社は組織が崩壊しています。事実、私自身が過去に再建調査に入った全ての会社で組織体制に問題を抱えていました。組織崩壊の原因と対策を分かりやすく解説しています。
部門別の損益を把握しないと倒産する
倒産する会社は部門別の損益管理が杜撰です。部門別の損益を把握していないと会社の倒産リスクが非常に高くなります。部門別損益計算書の重要性を分かりやすく解説しています。
棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い
棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高いです。毎月の棚卸がないということは毎月の損益算定がいい加減という事です。決算だけの棚卸の弊害と倒産リスクを分かりやすく解説しています。
社長が仕事をしない会社は倒産する
社長が仕事をしない会社は倒産します。例えば、社長が経営管理を放棄すると会社は倒産の危機に瀕します。重要な社長の仕事である経営管理を放棄した場合の弊害を分かりやすく解説しています。
問題社員の対応を誤ると倒産する
非協力的な問題社員が一人でもいれば組織の力が大きく損なわれてしまい、その問題社員の対応を誤ると会社はいとも簡単に倒産します。問題社員の対応を分かりやすく解説しています。
原価計算をしない会社は倒産リスクが高い
原価計算をしない会社は倒産リスクが高まります。赤字経営の根本原因が杜撰な原価計算にある場合もあります。原価計算をしない場合の弊害と対策を分かりやすく解説しています。
減価償却をしない会社は倒産リスクが高い
減価償却をしない会社は倒産リスクが高まります。赤字経営の根本原因が杜撰な減価償却の管理にある場合もあります。減価償却をしない場合の弊害と対策を分かりやすく解説しています。
どんぶり経営の会社は倒産する
どんぶり経営が常態化し会社の数字が曖昧になると、全ての経営判断が曖昧な根拠の上に成り立つことになります。倒産リスクの高いどんぶり経営の弊害を分かりやすく解説しています。
粉飾決算に手を染める倒産会社の事例
粉飾決算は他人を欺く犯罪行為です。全うな会社経営を目指す経営者であれば絶対に手を出してはなりません。倒産企業に多い粉飾決算の事例を分かりやすく解説しています。
経営に失敗する社長は数字を軽視する
経営に失敗する人は「根拠のない経営判断」、つまり、勘に頼った会社経営で行き詰っています。経営に失敗しないための経営判断の根拠をどこに求めたらよいのかを分かり易く解説しています。
有能な社員が辞める会社は倒産が近い
有能な社員が会社を辞めと会社の倒産リスクが飛躍的に上がってしまいます。なぜ有能な社員が辞めるのか?経営者が気を付けるべきポイントを分かりやすく解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ