中小企業の部門別損益管理の重要性

部門別の損益を把握しないと倒産リスクが高まる

部門別の損益を把握しないと倒産リスクが高まる

 

会社の規模が徐々に大きくなり事業部や店舗が増えた場合は、必ず部門別の損益管理(独立採算)を行う必要があります。

 

なぜなら、部門別の損益管理(独立採算)を行わないと、

 

その事業(もしくは店舗)が

 

・儲かっているのか?

 

・儲かっていないのか?

 

を判定することが出来なくなるからです。

 

部門別の損益を把握していないと、会社の倒産リスクが高まります。

 

事実、倒産の危機に瀕するような会社では、この部門別の損益管理が杜撰な傾向にあります。

 

例えば、

 

下図のような本部と二つの事業部を有する会社があったとします。

 

 

この会社の全体の損益内容は下表の通りとします。

会社全体

売上100- 売上原価40= 粗利60- 経費50= 利益10

 

上表の損益内容の構成は下図の通りとなります。

 

 

そして、会社全体を構成する、本部、A事業部、B事業部の損益内容は下表の通りとします。

本部

経費10

A事業部

売上60- 売上原価30= 粗利30- 経費30= 利益0

B事業部

売上40- 売上原価10= 粗利30- 経費10= 利益20

 

上表の損益内容の構成は下図の通りとなります。

 

 

会社全体では、売上が100あり、最終的な利益は10となっています。

 

そして、部門別の内訳を整理すると、

 

A事業部は、売上はB事業部よりも多いですが、利益は0で、会社全体の利益に貢献しておりません。加えて本部経費を負担する余裕もありません。

 

B事業部は、売上はA事業部には劣りますが、利益が20あり、会社全体の利益に貢献しております。加えて、本部経費を負担する余裕もあります。

 

このように部門別の損益を正しく管理している会社では、上記のように事業部ごとの損益が正確に把握されています。

 

そして、会社経営も、正しい数字のもとに、正しい経営判断を下すことが可能となります。

 

恐らく、この会社の経営者であれば、利益が出ていないA事業部は利益を上げるための経営改善を行い、利益水準の高いB事業部は、もっと収益性が高まるような経営改善を推進するでしょう。

 

それぞれの事業部の正しい数字が把握できていれば、適正な経営改善を行うことができます。

 

また、正しい数字が把握できている以上、経営判断を大きく誤ることもありません。

 

部門別の損益管理を適正に行い、会社の正しい数字を把握することは会社経営の基本となります。

 

 

部門別の損益管理が杜撰な会社の例

 

それでは、部門別の損益管理が杜撰な会社では、どのような損益管理が行われているのか?

 

よくあるパターンが、A事業部とB事業部の経費を全て本部経費に集約してしまうケースです。

 

会社全体の損益内容は先の例と同様、下表の通りとします。

会社全体

売上100- 売上原価40= 粗利60- 経費50= 利益10

 

上表の損益構成は下図の通りとなります。

 

 

会社全体を構成する、本部、A事業部、B事業部の損益の内容は下表の通りとします。

本部

経費50 (本部+A事業部+B事業部)

A事業部

売上60- 売上原価30= 粗利30

B事業部

売上40- 売上原価10= 粗利30

 

上表の損益構成は下図のようになります。

 

 

先の例と同様、会社全体では、売上が100あり、最終的な利益は10となっています。

 

部門別の内訳は、各事業部の経費が本部に集約されてしまったために粗利までしか把握できず、各事業部の営業利益が不明になってしまいました。

 

たった一つの変化ではありますが、どちらの事業部が会社全体の利益に貢献しているのか否か、分らなくなりました。

 

これでは、どっちの事業部が儲かっているのか?儲かっていないのか?まったく分りません。

 

 

 

部門別の損益管理が杜撰だと経営判断を誤る!!

 

この会社の経営者であれば、何を考えるでしょうか?

 

恐らく、売上の多いA事業部の方に経営資源を投入して、更なる売上拡大を図ろうとするでしょう。

 

しかし、A事業部は、原価率と経費率の水準が高く利益率は0%でした。

 

いくら売上を拡大しても、会社全体の利益はまったく増えません。

 

むしろ、誤った経営資源の投入が原因で赤字に転落したり、倒産の危機に瀕するかも知れません。

 

これが部門別の損益管理が杜撰な会社の最たる例です。

 

会社の数字は、会社経営の道しるべとなる重要な情報です。

 

経営者は、数字を頼りに経営改善を推進し、利益を拡大していくのです。

 

その根本となる業績集計、つまり部門別の損益管理が杜撰では、正しい会社経営は出来ません。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営と倒産|会社が倒産する原因とは?
大きな失敗を犯さない限り、会社経営が破たんすること、つまり、会社が倒産することははそうそう起こり得ません。会社が破たんする倒産の主たる原因を紹介しています。
会社が倒産する前兆
倒産の危機に瀕する会社の経営者は、倒産の前兆を見逃し末期状態に至っております。会社が倒産する前兆は必ずあります。ある日突然、会社が倒産するということは、まずあり得ません。倒産の前兆が分かれば早期予防が可能となります。
経営改善に取り組まない会社は倒産する
経営改善の根拠資料は月次決算書になりますが赤字会社は月次決算書の仕上がりが非常に遅いです。このことひとつで、経営者の経営改善意欲が低く、向上心がないということが分ります。経営改善に取り組まない会社は会社倒産のリスクが高まります。
稟議制がない会社は倒産リスクが高い
稟議制度とは会社経営に関わる事案に対して稟議書を作成し、社内の役職者の承認を経て最終的に社長が決裁する仕組みです。稟議制が導入されていない会社は倒産リスクが高まります。
会社の組織を重要視しないと倒産リスクが高まる
組織を重要視しないと会社の倒産リスクが高まります。事実、私自身が過去に再建調査に入った全ての会社で組織体制に問題を抱えておりました。組織力の低下は会社の業績低下に繋がる由々しき問題です。
いい加減な棚卸業務は倒産リスクを高める
いい加減な棚卸の最たる例は決算月に年1回だけ棚卸を行うケースです。棚卸業務を毎月行っていないということは売上原価の算定がいい加減ということです。棚卸業務がいい加減だと会社の倒産リスクが高まります。
経営管理を放棄すると会社は倒産する
経営管理を放棄するとは会社のなかに経営を行っている人間がいない、ということです。信じられないかも知れませんが年商50億超の会社であっても経営管理を放棄しているケースがありました。
組織力の強化なくして会社の成長なし
組織力の強化なくして会社の成長はありません。雇用キャパに限りがある中小企業は全社員の協力がなければ組織力が強化されず業績も伸び悩みます。当然のことながら、会社の中に非協力的な問題社員が一人でもいれば組織の力は大きく損なわれてしまいます。
不適正な原価計算は倒産リスクを高める
倒産の危機に瀕する会社では原価計算が疎かになっており、計算してみると会社の損失原因(赤字)になっている商品やサービスが必ずあります。不適正な原価計算は会社倒産のリスクをグッと高めます。
不適正な減価償却は会社の倒産リスクを高める
中小企業の場合、減価償却を適正に行っていない会社が意外と多くあります。減価償却を行わないと、資産の減価分費用が損益に反映されませんので、正しい会社損益が把握できません。減価償却を適正に行わないと会社の倒産リスクがグッと高まります。
どんぶり経営の会社は倒産する
どんぶり経営が常態化し会社の数字が曖昧になると、全ての経営判断が曖昧な根拠の上に成り立つことになります。曖昧な経営判断ほど恐ろしいものはありません。どんぶり経営の会社は倒産するリスクが非常に高いです。
粉飾決算に手を染める会社。その事例とは
粉飾決算は経営者の承認がなければできないケースが殆どです。一時の利益に目がくらんで粉飾を承認する経営者も少なくありませんが、粉飾決算は他人を欺く犯罪行為です。全うな会社経営を目指す経営者であれば絶対に手を出してはなりません。
会社の数字を軽視すると経営に失敗する
衰退する会社に共通する要素は「根拠のない経営判断」です。勘に頼った会社経営ではいつか行き詰ります。確かな経営判断を下すための根拠をどこに求めたらよいのかを分かり易く紹介しています。
有能な社員が辞める会社は倒産が近い
有能な社員が会社を辞める理由が独立等ではなく、経営者に対する不満から会社を去る場合は、倒産のリスクが高い可能性があります。会社経営並びに業績に大きな影響を及ぼし、倒産リスクをグッと引き上げる危険な要因となります。