部門別損益計算書の重要性

部門別の損益を把握しないと倒産する

部門別の損益を把握しないと倒産する

 

倒産の危機に瀕する会社は、部門別の損益管理が杜撰な傾向にあります。

 

会社の規模が徐々に大きくなり事業部や店舗が増えた場合は、必ず部門別の損益管理(独立採算)を行う必要があります。

 

なぜなら、部門別の損益管理(独立採算)を行わないと、

 

その事業(もしくは店舗)が

 

・儲かっているのか?

 

・儲かっていないのか?

 

を正しく判定することが出来なくなるからです。

 

当然ながら、部門別の損益が儲かっているのか儲かっていないのかがあやふやだと、正しい経営判断を下すことが出来ず、会社の倒産リスクは高まるばかりとなります。

 

わたしが過去に再建調査で入った殆どの会社においても、部門別の損益管理が杜撰でした。

 

例えば、下図のような本部と二つの事業部を有する会社があったとします。

 

 

この会社の全体の損益内容は下表の通りとします。

会社全体

売上100- 売上原価40= 粗利60- 経費50= 利益10

 

上表の損益内容の構成は下図の通りとなります。

 

 

そして、会社全体を構成する、本部、A事業部、B事業部の損益内容は下表の通りとします。

本部

経費10

A事業部

売上60- 売上原価30= 粗利30- 経費30= 利益0

B事業部

売上40- 売上原価10= 粗利30- 経費10= 利益20

 

上表の損益内容の構成は下図の通りとなります。

 

 

会社全体では、売上が100あり、最終的な利益は10となっています。

 

そして、部門別の内訳を整理すると、

 

A事業部は、売上はB事業部よりも多いですが、利益は0で、会社全体の利益に貢献しておりません。加えて本部経費を負担する余裕もありません。

 

B事業部は、売上はA事業部には劣りますが、利益が20あり、会社全体の利益に貢献しております。加えて、本部経費を負担する余裕もあります。

 

このように部門別の損益を正しく管理している会社では、上記のように事業部ごとの損益が正確に把握されています。

 

そして、会社経営も、正しい数字のもとに、正しい経営判断を下すことが可能となります。

 

恐らく、この会社の経営者であれば、利益が出ていないA事業部は利益を上げるための経営改善を行い、利益水準の高いB事業部は、もっと収益性が高まるような経営改善を推進するでしょう。

 

それぞれの事業部の正しい数字が把握できていれば、適正な経営改善を行うことができます。

 

また、正しい数字が把握できている以上、経営判断を大きく誤ることもありません。

 

部門別の損益管理を適正に行い、会社の正しい数字を把握することは会社経営の基本となります。

 

 

部門別の損益管理が杜撰な会社の例

 

それでは、部門別の損益管理が杜撰な会社では、どのような損益管理が行われているのか?

 

よくあるパターンが、A事業部とB事業部の経費を全て本部経費に集約してしまうケースです。

 

会社全体の損益内容は先の例と同様、下表の通りとします。

会社全体

売上100- 売上原価40= 粗利60- 経費50= 利益10

 

上表の損益構成は下図の通りとなります。

 

 

会社全体を構成する、本部、A事業部、B事業部の損益の内容は下表の通りとします。

本部

経費50 (本部+A事業部+B事業部)

A事業部

売上60- 売上原価30= 粗利30

B事業部

売上40- 売上原価10= 粗利30

 

上表の損益構成は下図のようになります。

 

 

先の例と同様、会社全体では、売上が100あり、最終的な利益は10となっています。

 

部門別の内訳は、各事業部の経費が本部に集約されてしまったために粗利までしか把握できず、各事業部の営業利益が不明になってしまいました。

 

たった一つの変化ではありますが、どちらの事業部が会社全体の利益に貢献しているのか否か、分らなくなりました。

 

これでは、どっちの事業部が儲かっているのか?儲かっていないのか?

 

まったく分りません。

 

 

部門別の損益管理が杜撰だと経営判断を誤る!!

 

この会社の経営者であれば、何を考えるでしょうか?

 

恐らく、売上の多いA事業部の方に経営資源を投入して、更なる売上拡大を図ろうとするでしょう。

 

しかし、A事業部は、原価率と経費率の水準が高く利益率は0%でした。

 

いくら売上を拡大しても、会社全体の利益はまったく増えません。

 

むしろ、誤った経営資源の投入が原因で赤字に転落したり、倒産の危機に瀕するかも知れません。

 

これが部門別の損益管理が杜撰な会社の最たる例です。

 

会社の数字は、会社経営の道しるべとなる重要な情報です。

 

経営者は、数字を頼りに経営改善を推進し、利益を拡大していくのです。

 

その根本となる業績集計、つまり部門別の損益管理が杜撰では、正しい会社経営は出来ません。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「倒産しそうな会社の特徴」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

会社が倒産する原因とは?
大きな失敗を犯さない限り、会社経営が破たんすること、つまり、会社が倒産することははそうそう起こり得ません。会社の経営が破たんする倒産の主たる原因を分かりやすく解説しています。
会社が倒産する前兆
倒産の危機に瀕する会社の殆どは、倒産の前兆を見逃したことが原因で末期状態に至っています。会社が倒産する前兆は必ずあります。倒産の前兆の見抜き方を分かりやすく解説しています。
経営改善を放棄すると業績が悪化する
経営改善を放棄すると業績が悪化し、最終的には倒産の危機に瀕する事があります。経営改善で失敗しない秘訣と共に、正しい経営改善の手法を分かりやすく解説しています。
倒産する会社には稟議制度がない
稟議制度とは経営に関わる事案に対して稟議書を作成し、社内の役職者の承認を経て最終的に社長が決裁する仕組みです。安定経営を支える稟議制度の仕組みを分かりやすく解説しています。
倒産する会社は組織が崩壊している
倒産する会社は組織が崩壊しています。事実、私自身が過去に再建調査に入った全ての会社で組織体制に問題を抱えていました。組織崩壊の原因と対策を分かりやすく解説しています。
棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い
棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高いです。毎月の棚卸がないということは毎月の損益算定がいい加減という事です。決算だけの棚卸の弊害と倒産リスクを分かりやすく解説しています。
社長が仕事をしない会社は倒産する
社長が仕事をしない会社は倒産します。例えば、社長が経営管理を放棄すると会社は倒産の危機に瀕します。重要な社長の仕事である経営管理を放棄した場合の弊害を分かりやすく解説しています。
問題社員の対応を誤ると倒産する
非協力的な問題社員が一人でもいれば組織の力が大きく損なわれてしまい、その問題社員の対応を誤ると会社はいとも簡単に倒産します。問題社員の対応を分かりやすく解説しています。
原価計算をしない会社は倒産リスクが高い
原価計算をしない会社は倒産リスクが高まります。赤字経営の根本原因が杜撰な原価計算にある場合もあります。原価計算をしない場合の弊害と対策を分かりやすく解説しています。
減価償却をしない会社は倒産リスクが高い
減価償却をしない会社は倒産リスクが高まります。赤字経営の根本原因が杜撰な減価償却の管理にある場合もあります。減価償却をしない場合の弊害と対策を分かりやすく解説しています。
どんぶり経営の会社は倒産する
どんぶり経営が常態化し会社の数字が曖昧になると、全ての経営判断が曖昧な根拠の上に成り立つことになります。倒産リスクの高いどんぶり経営の弊害を分かりやすく解説しています。
粉飾決算に手を染める倒産会社の事例
粉飾決算は他人を欺く犯罪行為です。全うな会社経営を目指す経営者であれば絶対に手を出してはなりません。倒産企業に多い粉飾決算の事例を分かりやすく解説しています。
経営に失敗する社長は数字を軽視する
経営に失敗する人は「根拠のない経営判断」、つまり、勘に頼った会社経営で行き詰っています。経営に失敗しないための経営判断の根拠をどこに求めたらよいのかを分かり易く解説しています。
有能な社員が辞める会社は倒産が近い
有能な社員が会社を辞めと会社の倒産リスクが飛躍的に上がってしまいます。なぜ有能な社員が辞めるのか?経営者が気を付けるべきポイントを分かりやすく解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ