決算だけの棚卸では経営ができない

棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い

棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い

 

棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い。

 

なぜなら、棚卸を毎月行わないと、毎月の損益計算がいい加減なものになってしまうからだ。

 

当然ながら、いい加減な損益計算から、正しい会社経営は生まれない。

 

中小企業において、棚卸(※1)を年1回(決算月)だけ行う会社は少なくないが、この方法だと、毎月の原価と利益が不明瞭になり、正しい損益が把握できなくなってしまう。

 

また、棚卸を毎月行わない会社は、総じて在庫管理もいい加減だ。会社経営の足を引っ張る欠品や不良在庫はいい加減な在庫管理から生まれやすい。

 

つまり、棚卸がいい加減だと、まともな会社経営ができなくなってしまうのだ。

 

 

いい加減な棚卸の一例

 

中小企業にありがちな、いい加減な棚卸の一例を解説していこう。

 

例えば、期首商品在庫が「0」、商品の仕入を「100」行い、その月に出荷販売された商品が「50」、期末商品在庫が「50」だった場合の売上原価の算式は、それぞれ下記の通りとなる。

 

棚卸をしている会社:(期首在庫0+ 仕入100)- 期末在庫50= 売上原価50

 

棚卸をしていない会社:(期首在庫0+ 仕入100)- 期末在庫0= 売上原価100

 

下の図は、上記棚卸の計算結果を図解したものだ。

 

 

左側が棚卸をしている会社、右側が棚卸をしていない会社の損益構成だ。

 

月末に棚卸をしている会社は、売れ残った期末商品50が原価から差し引かれていて、その月の売上に応じた正しい売上原価が算定されている。

 

一方、月末に棚卸をしていない会社は、売れ残った期末商品50が原価から差し引かれていないため、仕入100=売上原価100となり、その月の売上に応じた正しい売上原価が算定できていない。

 

このように、棚卸をする、しないの差で、売上原価に大きな差が生じるのだ。

 

下の図は、上記例の損益例を図解したものだ。

 

 

左側が棚卸をしている会社、右側が棚卸をしていない会社の損益構成だ。

 

損益例の算定式は下表の通りだ。

 

棚卸をしている会社

売上200- (売上原価50+ 販売管理費100)= 営業利益50

棚卸をしていない会社

売上200- (売上原価100+ 販売管理費100)= 営業利益0

 

売上原価同様、棚卸をする、しないの差で、営業利益にも大きな差が生じている。

 

また、下表のとおり、経営指標を比べてみても、大きな差が生じている。

 

棚卸をしている会社

棚卸をしていない会社

売上原価率 25%

売上原価率 50%

売上総利益率(粗利率) 75%

売上総利益率(粗利率) 50%

営業利益率 25%

営業利益率 0%

※計算式は末尾参照

 

このように、棚卸を毎月行わないと、会社の正しい損益状況が分からなくなってしまうのだ。

 

当然ながら、正しい会社の数字が分からない状態で、正しい経営改善を推し進めることは困難だ。

 

また、会社の実態に即した適正な利益目標や経営指標の改善目標も設定することができない。

 

つまり、まともな会社経営が出来なくなり、勘に頼った会社経営に陥ってしまうのだ。

 

 

適正な棚卸が正しい経営判断を生み出す

 

勘に頼った会社経営ほど危険なものはない。

 

なぜなら、根拠が脆弱な経営判断ほど、倒産リスクを高めるものはないからだ。

 

支払に困窮するなどの危機的状況を実感してから経営悪化を自覚しても最早手遅れだ。自覚症状を感じたときは、既に危機的状況に陥っていることが往々にしてあるからだ。

 

会社の数字は毎月毎月、刻一刻と変化している。

 

会社の数字の変化を捉えるには、正しい数字を継続的に観察するしかない。

 

当然ながら、正しい数字を継続的に観察することが出来れば、業績悪化の芽を事前に摘むことができる。

 

そのためには、棚卸を毎月実施することが不可欠になってくる。時間的な制約があるのであれば実地棚卸(※2)ではなく、帳簿棚卸(※3)でも構わない。

 

棚卸は、正しい会社の数字を知るために必要不可欠な作業なのだ。

 

※1 棚卸とは、月末時点の商品在庫数量に仕入単価で乗じて、期末在庫商品の評価金額を算定すること

 

※2 実地棚卸とは、実際に目視にて商品等の在庫数量を確認し、期末在庫商品の評価金額を算定すること

 

※3 帳簿棚卸とは、在庫管理表等の帳簿上で商品等の在庫数量を確認し、期末在庫商品の評価金額を算定すること

 

※「売上原価率=売上原価÷売上」,「売上総利益率(粗利率)=(売上-売上原価)÷売上」,「営業利益率=営業利益÷売上」

 

➡NEXT「原価計算をしない会社は倒産リスクが高い」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ