中小企業の経営ノウハウ情報サイト

経営診断の目的

経営診断の概要

 

お客様の会社の経営状態を診断し、適切な経営改善プランを策定します。

 

経営改善の目的は「経営資源の最大化」と「経営環境の最適化」を成し遂げて、会社の「目指すべき姿・あるべき姿を実現する」ことです。

 

持続可能な経営を実現するためには継続的な経営改善が欠かせません。

 

堅実かつ更なる成長を支える経営改善プランを提示します。

 

 

経営診断に必要な資料例

 

会社案内、定款、会社登記簿謄本、株主一覧(所有株式数含む)、会社組織図、社員名簿、役職一覧、給与一覧、直近の確定申告書類一式、5年分の決算書類(貸借対照表、損益計算書、販管費明細書)、2年分の月次決算書類(貸借対照表、損益計算書、販管費明細書)〔部門別がある場合は全ての部門分〕、売上貢献度上位10位リスト(金額と構成比率含む)、仕入依存度上位10位リスト(金額と構成比率含む)、キャッシュフロー表若しくは資金繰り表(現時点から1年後迄)、固定資産一覧、固定資産評価額一覧(固定資産台帳参照か路線価ベースで税理士算出のもの)、銀行借入額一覧及び借入金返済計画書、家賃一覧(保証金含む)及び賃貸借契約書、簿外債務一覧(退職金、リース物件、割引ポイント、保証債務等)、関連会社情報(保有の時は一連の会社資料が必要)、など等

 

経営診断の流れ

 


 

 

 

経営診断

 

経営診断の受付が完了し、料金振込、資料受取の後に経営診断を開始します。

 

経営診断は、会社の過去・現在・未来を徹底的に分析し、「会社の目指すべき姿」と「具体的な経営改善プラン」を提示するために行います。

 

初回の個別面談はお電話で受けることもできます。資料の内容について不備や不明な点がある場合は随時質問させて頂くことがあります。

 

 

中間報告

 

中間報告は個別面談にて行います。

 

中間報告は、会社の過去・現在・未来の課題認識を正確にご理解いただいた上で、未来の目指すべき姿を形作る実現可能な経営改善プランを策定するために行います。

 

当方から経営診断結果の中間報告、経営状況と将来業績の説明、経営課題・経営リスクの指摘等々をさせて頂いた上で、「会社の目指すべき姿」と「具体的な経営改善プランの提示」をさせて頂きます。

 

経営改善プランの実現に向けて、お客様からヒアリング、並びに詳細協議を行い、中間報告の個別面談を終了します。

 

 

最終報告

 

最終報告は個別面談にて行います。

 

当方から経営診断結果の最終報告、並びに、経営改善プランの詳細説明をさせて頂き、最終報告の個別面談を終了します。

 

最終報告書は、会社の「現状の姿」と「将来のあるべき姿」、並びに、将来のあるべき姿を実現するための「経営改善プラン」の三つで構成されています。

 

この報告書は、会社の「経営資源の最大化」と「経営環境の最適化」と共に、会社の「目指すべき姿・あるべき姿の実現」を後押しする有益な経営情報となります。

 

経営改善プランを遂行するにあたって引き続きアドバイス等が必要な場合は経営指導をお申込みください。

 

 

お客様の声

 

東京都 小売業 30代 男性経営者

 

 

創業から5年が経過し売上も堅調に伸び、僅かながらではありますが会社に利益が残るようになったタイミングで伊藤さんに経営診断を依頼をいたしました。

 

一緒に働いている社員の為に、会社をより成長させて、しっかりした経営基盤を築いていきたいというのが一番の目的です。

 

創業当初からの財務諸表や売上データ、人気商品データなどあらゆる数値を分析していただいた上で、会社の改善すべき点と、改善後に達成できるであろう会社の姿などを具体的な数値で提示していただけて、とても参考になりました。

 

改善すべき点は、話し合いを重ねながら、細かいアクションプランに落とし込む事ができました。

 

あとはアクションプランを愚直に進めていきたいと考えております。

 

来年の今頃、会社がどれぐらいの状態に成長できているのか今から楽しみです。

 

⇒⇒「お客様の声をもっと見る」

 

 

 

 

 

 

儲かる会社作りの第一歩「経営診断とは?」(動画8分)

 

人間の身体と同じように会社も定期的に健康状態を診断することで業績悪化という名の病気を予防することができます。

 

会社の健康状態を診る経営診断の目的と効果は何なのか??

 

儲かる会社作りの第一歩である経営診断の本質を分かり易く動画解説(8分)します。

 

 

 

 

 

経営診断報酬

 

年商2億円未満

250,000円

年商2億円超

400,000円

※報酬金額は全て消費税別  ※会社状況によっては報酬が加算される場合があります

 

⇒⇒ 経営診断後のフォローは経営指導をお申込みください

 

 

コンサルQ&A

 

経営コンサルを依頼する前にお会いすることは可能ですか?

はい。会うことは可能です。まずはお気軽にメールにてご相談ください。また、個別面談にてお話しをお聞きすることもできます。個別面談後に、経営診断業務、或いは経営コンサル業務をお申込みの場合は、面談料金を無料にさせて頂きます。

経営コンサルをするうえで不得意な業種はありますか?

ありません。会社経営の原理は全て一緒です。業種業態関係なく、適切な経営指導を提供致します。

小さな会社でも経営コンサルを引き受けていますか?

はい。年商規模が1億円に満たない会社から50億円以下の規模の中小企業まで幅広く引き受けています。

首都圏外の地方会社でもコンサルを引き受けていますか?

はい。首都圏外の地方会社のコンサルも引き受けています。伊藤のコンサル先の7割が地方会社です。

経営コンサルの際の個別指導面談の頻度はどの程度ですか?

個別指導面談は月1回から3ヵ月に1回までコース別けしています。頻繁に東京に来られないお客様もいますので、面談の頻度や間隔はオーダーメイドで調整することも可能です。

経営コンサルの際の個別指導面談の頻度によって経営改善の効果は変わりますか?

はい。変わります。面談頻度が多いほど経営改善のスピードは早まります。但し、深刻な経営問題(赤字経営)を抱えていない会社の場合は、隔月程度の面談頻度でも、十分に経営改善の効果が得られます。

どの時点で経営指導をお願いしたら良いのですか?

黒字経営のうちに経営指導を受け入れた方が良いです。専門家の経営ノウハウが最大限に活かされます。

経営指導の結果、経営者の家族や社員が不安に陥ることはありませんか?

伊藤の経営指導は、経営者の性格や考え、会社の文化を尊重したうえで、会社の長所を最大化できるよう、無理のない経営指導を心掛けています。事前に経営指導方針等を詳しくご確認したい場合は、個別面談をお申し込みください。遠方の方はお気軽にお問合せください。

会社が赤字経営でも経営指導を引き受けていますか?

はい。引き受けています。赤字脱却のための経営指導がソフトランディングになるかハードランディングになるかは経営状況を診たうえで判断いたします。

上記以外に何かしらご不明な点等ございましたらお気軽にご質問ください。

 

 

 

 

 


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ