中小企業の持続成長の秘訣

事業を永遠に継続させる方法

事業を永遠に継続させる方法

 

中小企業が事業を永遠に継続するために欠かせない条件は次の二つです。

 

黒字経営を継続すること

 

利益を拡大し続けること

 

中小企業の黒字経営を継続する秘訣は難しくありません。

 

会社経営の原理原則を学んだうえで会社の数字をしっかり把握し、日頃から小さな赤字経営のリスクを摘み取り続けることです。

 

毎日毎日、小さな赤字経営のリスクを摘み取っている限りは、ある日突然、会社が大きく傾くことはありません。

 

逆に、赤字経営のリスクを見逃し続けると、少しのきっかけで会社経営が傾くことがあります。

 

資本力がない中小企業にとって、赤字経営のリスク排除は、黒字経営を継続するために必要不可欠な重要な作業なのです。

 

中小企業に関わらず、すべての会社の赤字経営のリスクは必ず会社の数字に表れます。

 

なぜなら、会社の数字には、事業活動の結果が全て表れるからです。

 

例えば、

 

・売上減少

 

・原価上昇

 

・利益減少

 

などの数字の変化は、全て赤字経営のリスクに該当するものです。

 

このような赤字経営のリスクを会社の数字から察知するには、月次決算書(貸借対照表と損益計算書)を適正に作成し、更に、その月次決算書を正しく読み解くことが必要になってきます。

 

当然ながら、月次決算書を正しく読み解けなければ、赤字経営のリスクを発見することが困難となりますので、黒字経営の継続は難しくなります。

 

⇒⇒おススメ記事「経営に失敗する危険なリスク」はこちら

 

万が一、黒字経営が破綻すると、事業を永遠に継続することは益々難しくなってしまいます。

 

 

月次決算書が読み解けないと何故、事業継続が危うくなるのか?

 

中小企業に限らず、数字に苦手意識を持っている経営者は少なくありません。

 

恐らく、貸借対照表と損益計算書の両方が読み解ける経営者は稀かと思います。

 

損益計算書は割かし馴染みのある経営者が多いかと思いますが、

 

・全く読めない経営者が10%

 

・売上まで把握できる経営者が10%

 

・売上総利益(粗利)まで把握できる経営者が50%

 

・営業利益・経常利益まで把握できる経営者が30%

 

と、おおよそこのような分布かと思います。

 

損益計算書は営業利益まで把握しなければ、正しい会社の数字は掴めません。

 

そして、損益計算書のみならず、貸借対照表の内容も理解しないと、会社の数字を正しく捉えることはできません。

 

正しい会社の数字が掴めないと、赤字経営のリスクを見逃すばかりか、勘と経験に頼った会社経営に陥りやすくなります。

 

勘や経験一辺倒の会社経営はいつか行き詰ります。

 

成長にも限界が生じますし、経営判断を誤るリスクも格段に高まります。

 

ちなみに、倒産の危機に瀕した中小企業の経営者は、貸借対照表はもちろんのこと、損益計算書も読み解けない方が多かったです。

 

 

月次決算書を読み解いて事業を継続させるコツ

 

数字に苦手意識があり、月次決算書(貸借対照表と損益計算書)を敬遠してきた中小企業経営者は、数字を読み解くコツを身につけるところから始めるのが一番です。

 

⇒⇒おススメ記事「月次決算書(月次試算表)とは」はこちら

 

月次決算書を読み解くコツは難しくありません。

 

チェックポイントを絞り込んで、ひたすら読み解く練習を続けるだけです。

 

「一日が十日、十日が百日、百日が一生」、というふうに、何事も習慣づけて練習すれば、いつしかスゴイ能力が身につくものです。

 

例えば、貸借対照表は、下表の2点にチェックポイントを絞りこんで読み解く練習を始めると理解が深まります。読み解く練習を継続すると、会社の資産状況が感覚的に分かるようになってきます。

 

 

増加傾向

減少傾向

現金・預金の残高

資金繰りが楽

資金繰りが苦しい

純資産の残高

黒字経営が維持できている

赤字経営の可能性がある

万が一、残高がマイナスになると倒産状態に陥る

※増減の算式=当月残高-前月残高

 

 

損益計算書は、最低でも営業利益まで読み解いて、会社全体の業績状況を把握する必要があります。

売上

貸方

事業収入

売上原価

借方

売上に連動する原価支出(仕入、製造原価等々)

売上総利益

貸方

売上-売上原価

販売管理費

借方

売上に連動する経費支出(販売活動に伴う営業経費)

営業利益

 

貸方

売上総利益-販売管理費

 

プラス  : 黒字経営

 

マイナス: 赤字経営 → 連続すると倒産に近づく

 

貸借対照表同様、損益計算書も読み解く練習を継続すると、会社の損益状況が感覚的に分かるようになってきます。

 

また、損益計算書(営業利益部分まで)が理解できると、会社経営が一層明快になってきます。

 

例えば、

 

・売上を上げる

 

・売上原価を下げる

 

・販売管理費を下げる

 

等々、明確な目標に向かって、業績を伸ばすための経営改善を効果的に進めることが可能となります。

 

或いは、

 

・売上が下がる

 

・売上原価が上がる

 

・販売管理費が上がる

 

といった逆の現象(赤字経営のリスク)を捉えて、事前に対策を講ずることが可能となります。

 

当然ながら、経営者が損益計算書を十分に理解できていなければ、赤字経営のリスクを摘み取ることも、効果的に業績を伸ばすことも難しくなってしまいます。

 

会社の数字を無視した会社経営は危険です。

 

中小企業経営者は、最低限の務めとして、月次決算書の内容を理解しなければなりません。

 

事業を永遠に継続させるために会社の数字を深く理解し黒字経営を継続すること、それが事業を永遠に継続させる唯一の方法なのです。

 

➡NEXT「会社の業績が低迷する原因と対策」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ