社員のモチベーションアップ法

社員のモチベーションを上げる方法

社員のモチベーションを上げる方法

 

人材が限られてる中小企業にとって、社員のモチベーションをどう維持し、社員のモチベーションをどのようにして上げていくのか?

 

社員のモチベーションを上げるための動機付けをに如何にしていくか?

 

など等、社員のモチベーションに悩みを抱える経営者は少なくないと思う。

 

何といっても、社員のモチベーションは会社の業績に直結する重要な要素である。

 

当然ながら、社員のモチベーションが上がると、会社の業績は自ずと上向く。

 

そもそも、経営者の役割は業績拡大(黒字経営&利益拡大)にあるので、社員のモチベーションを上げるのも経営者の重要な役割りである。

 

業績を拡大するには経営資源を最大限に有効活用しなければならないが、数ある経営資源のなかで最も管理が困難で、一番重要な経営資源が「ヒト」である。

 

なぜなら、ヒトは、性格、感情、性別、欲望、利害など等、様々な要因が絡み合って十人十色の構造になっているからだ。

 

当然ながら、経営者の対応一つで最大限に活用できることもあれば、全く活用できないこともある。

 

つまり、ヒト、即ち社員は、能力が最大限に活用されれば会社の業績に貢献するが、活用されなければ会社の業績の足を引っ張る存在になってしまうのだ。

 

社員のモチベーションが上がれば会社の業績も上がると云われる所以は、ここにある。

 

また、社員のモチベーションを上げる難しさも、ここに集約されている。

 

 

じつは、社員のモチベーションを上げる方法は、さほど難しくない。

 

意外とシンプルだ。

 

まず理解すべきは、社員のモチベーションを上げる動機付けの要因である。

 

社員のモチベーションを上げるには動機付けが必要だが、ここが、多くの経営者の悩みどころではないかと思う。

 

それでは一体、社員のモチベーションを上げるための動機づけの要素にはどんなものがあるのだろうか?

 

社員のモチベーションを上げる動機付けはさまざまあるが、例えば、次の10項目の動機づけ要素があったら、どのように優先順位をつけるだろうか?

社員のモチベーションを上げる動機付け要素

 

①経営者の行動管理

 

②雇用の安定

 

③会社との一体感

 

④意思の疎通

 

⑤同僚との関係

 

⑥昇進機会の提供

 

⑦地位への満足

 

⑧経営者との関係

 

⑨報酬額への満足

 

⑩職場環境・福利厚生への満足

 

社員のモチベーションを上げるには、報酬額が一番と考える経営者もいるだろうし、同僚との関係と考える経営者もいるだろうし、職場環境や福利厚生の満足度を挙げる経営者もいるだろう。

 

このなかで最も社員のモチベーションを上げる動機付け1位は、⑧経営者との関係である。

 

2位は、①の経営者の行動管理、②の雇用の安定だ。

 

3位以下は、③の会社との一体感、④の意思の疎通、⑤の同僚とのお関係、⑥の昇進機会の提供、⑦の地位への満足である。

 

一般的に重要視されている、⑨の報酬額への満足と⑩の職場環境・福利厚生への満足は、実は番外である。

 

経営者と社員の関係が良好であれば、社員のモチベーションが上がり、社員の力が業績に大きく貢献する。

 

経営者が社員と良好な関係を築くためにすべきことは難しくない。

 

毎日の挨拶や声掛け、時折の差し入れや気遣いができていれば自ずと良好な関係になっていく。

 

また社員の報酬を満足な水準にあげられなくても、経営者がしっかり行動管理(目標、評価、育成)を行えば、社員は不満を抱かずに高いモチベーションを維持することができる。

 

中小企業は大企業と違い、優秀な社員を簡単に集めることができない。

 

社員のモチベーションを上げて限られた人材で最大限の効果を生み出すには、経営者自身が積極的に社員とコミュケーションを図る必要があるのだ。

 

こと人材育成に関しては、大企業よりも、中小企業の方が難しい。

 

それこそ、社員のモチベーションを上手に上げて業績を伸ばしている経営者の経営能力は相当高いといえるだろう。

 

 

社員の報酬はモチベーションアップにさほど貢献しない!?

 

社員のモチベーションを上げる動機付けの例で挙げた10項目の中で番外だった⑨の報酬額への満足と⑩の職場環境・福利厚生への満足は、意外と多くの経営者が気にしているポイントだが、報酬も福利厚生も、地場(地域と年代)の相場と同等か、相場よりもほんの少し水準が上であれば大概の社員は満足する。

 

多少水準より劣っていても、経営者との関係が良好であれば、モチベーションが下がる社員は殆どいない。

 

事実、過去に数千名の中小企業の社員に接してきたが、報酬や福利厚生等の待遇面に不満を持っている社員は全体の0%~5%に満たない。

 

社員の待遇面よりも、経営者が率先して社員とコミュニケーションを交わすことの方が、社員のモチベーションを上げるうえで効果的だ。

 

逆に地場の相場水準よりも過度に高い報酬や福利厚生を提供すると、変な歪みが生じて会社経営に支障をきたす場合がある。

 

経営者の右腕や後継者など、特殊な立場にいる社員であれば例外だが、報酬や福利厚生は地場並みに考えて、何よりも、経営者と社員の良好な関係性を築くことが、社員のモチベーションを上げる秘訣である。

 

➡NEXT「社員のモチベーションアップに繋がる5つの将来性」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談