中小企業の安定経営を支える投資サイクル

会社の安定経営を実現する秘訣

会社の安定経営を実現する秘訣

 

中小企業の安定経営を実現するためには、次のふたつのポイントを抑える必要があります。

 

ひとつは、「安定的に利益を出すこと」、もう一つは「継続的に成長投資を行うこと」です。

 

成長投資なくして、中小企業の安定経営はあり得ません。

 

そして、投資を行うには原資となる利益を出さなければなりません。

 

資本力に乏しい中小企業が十分な利益がない中で無理に投資を行うと、過剰投資となり会社倒産のきっかけになる場合があります。

 

従って、

 

「安定的に利益を出すこと」

 

「継続的に投資を行うこと」

 

は、常に対の関係にあります。

 

中小企業の成長投資には様々な分野がありますが、なるべく計画性をもって行うのが望ましいです。

 

例えば、

 

・設備増設や改修、補修等の設備への投資

 

・新商品の開発、研究開発等の開発への投資

 

・人材育成や人材スカウト、報酬増額等の人材への投資

 

・新規顧客獲得や販売の宣伝のための広告宣伝への投資

 

など等、

 

何れの分野にも計画性を持って、尚且つ、バランスよく投資をすることが安定経営の秘訣です。

 

 

会社の安定経営を実現する成長投資の秘訣とは?

 

先に説明した通り、成長投資の原資は会社の利益です。

 

当然ながら会社の利益がなければ成長投資をすることができず、いつまで経っても会社の安定経営を実現することはできません。

 

それでは、「利益」と「投資」のバランスは、どのように考えればいいのでしょうか?

 

 

会社の安定経営を実現する利益と投資の考え方!

 

成長投資を始める前に、まず必要なことは、一定水準の営業利益を確保することです。

 

中小企業が安定経営を実現するうえで必要な営業利益の最低水準は、売上総利益高営業利益率10%(※1)です。

 

売上総利益高営業利益率=(営業利益÷売上総利益)×100

 

もしも、売上総利益高営業利益率が10%を下回っているようであれば追加投資に必要な原資がありませんので、まずは10%超を目指す経営努力が必要です。

 

売上総利益高営業利益の水準が10%に達すると安定経営の基盤が整いますので、業績が傾くリスクは低くなります。

 

この段階に達したら、一定のルールに則り、成長投資を始めていきます。

 

※1:売上総利益高営業利益率10%を確保できていても営業利益金額が小さいと安定経営の確保が困難な場合があります。

 

 

安定経営を実現する投資サイクルとは?

 

中小企業の安定経営を実現する成長投資の方法は、適正な利益水準を超過した金額を投資に還元するという方法です。

 

成長投資のスタート段階である適正な利益水準は、売上総利益高営業利益率10%です。

 

利益水準の超優良ラインは売上総利益高営業利益率20%ですので、超優良ラインを目指しながら投資額をコントロールする方法が最も安全な投資サイクルです。

 

成長投資のサイクルがうまく機能すれば、成長投資 → 利益増加 → 成長投資 → 利益増加という好循環が生まれて、安定経営を維持しながら徐々に会社の規模が大きく成長していきます。

 

万が一、成長投資の効果が業績に反映されなくても利益水準が極端に落ちることはありませんので、一定の利益を確保しながら、余剰利益を成長投資に還元する方法はリスク面からみても優れた方法です。

 

 

成長投資サイクルの例

 

下表は、一定の利益超過分を成長投資に還元するイメージグラフです。

 

 

1年目は売上総利益の営業利益構成比率12%のうち2%を成長投資に回し、2年目、3年目と経過し、4年目を迎えるころには売上総利益の営業利益構成比率30%のうち10%を成長投資に回しています。

 

売上総利益高営業利益率20%を維持しながら成長投資を継続することができれば会社の安定成長はますます盤石なものになります。

 

但し、注意も必要です。

 

それは、成長投資を行っても売上総利益高営業利益率が20%を超えている場合です。

 

⇒⇒おススメ記事「利益目標と営業利益率の計算方法と適正水準」はこちら

 

行き過ぎた利益水準は業界特性上のものでなければ、社内体制に歪みが生じている可能性が高いですので注意が必要です。

 

 

安定経営に欠かせない要素は他にもある!?

 

中小企業の安定経営を実現する要素は、先に説明した通り、次の2つとなります。

 

一定の利益水準をキープすること

 

一定の成長投資をキープすること

 

この2つを外さない限り、会社の安定経営が大きく崩れることはありません。

 

しかしながら、資本力の小さい中小企業の場合、一定の利益水準を確保する手前の段階で経営に躓いてしまうケースも少なくありません。

 

 

経営に躓かないために経営者が意識すべきポイントは沢山ありますが、次の3つのポイントは必ず抑える必要があります。

 

☑社員を大切にすること

 

☑経営者が数字に強くなること

 

☑自社にマッチした経営ノウハウを蓄積すること

 

この3つのポイントを意識して会社を経営していれば、利益拡大の道筋が現れ、自ずと安定経営の基盤が整ってきます。

 

逆にいえば、この3つのポイントを意識しない限り、利益拡大はおろか、安定経営の道筋は見えてこないともいえます。

 

トップダウン構造にある中小企業の業績は経営者の能力に比例すると云われています。

 

つまり、経営の「安定」と「不安定」の分かれ道は、経営者の意識次第で決まるのです。

 

➡NEXT「経営者が業績に責任を持つ理由」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ