中小企業を支える管理会計の基本

管理会計は中小企業の経営力を上げる

管理会計は中小企業の経営力を上げる

 

管理会計の基本は、会社の数字を理解するところから始まります。

 

会社の数字は、事業活動が始動された瞬間から生み出されていきます。

 

例えば、人を雇えば人件費が発生しますし、モノが売れれば売上が発生します。

 

そして、全ての事業活動は会社の数字に集計されます。

 

集計された数字の羅列を漠然と眺めるだけでは何も得るものはなく、会社の経営力も上がりません。

 

会社の数字を経営に活かすには、数字の傾向や性質を分析することが必要なのです。

 

 

企業の経営力を上げる管理会計の機能と効果とは?

 

会社の数字を分析する会計手法のことを「管理会計」といいます。

 

管理会計とは、会社の数字を有益な情報に変換し、会社の経営力を上げる会計手法のことです。

 

学問的には統計学のひとつです。

 

中小企業の経営力を上げるうえで、管理会計ほど優れた効果を発揮するツールはありません。

 

なぜなら、管理会計は会社の数字を良質な情報に変換させるフィルターのようなものだからです。

 

管理会計は決して難しいものではありません。例えば、売上原価率のモニタリングも立派な管理会計です。

 

管理会計は大きく分けて5つのステップで成り立っています。

 

中小企業が経営力を上げるには、管理会計の基本を理解することが大切です。

 

それぞれのステップを理解することで管理会計の基本をおさえることができます。

 

 

管理会計の基本ステップ1「収集・把握」

 

管理会計第一のステップは「収集・把握」です。

 

収集・把握とは、会社の数字を認識する工程のことです。

 

もとになる会社の数字は財務諸表、売上台帳、顧客台帳等々、経営に関わっている全ての数字が対象となります。

 

これらのデータは、会社の数字を有益な情報に変換する出発点となりますので、普段から整合性を高めておく必要があります。

 

なぜなら、元データの整合性がいい加減では、そもそも、有益な情報として活用できないからです。

 

従って、財務諸表等、会社の経営実態の根幹を表すデータは、常日頃から整合性の高い内容に仕上げる意識が大切です。

 

会社の数字は至るところに転がっております。

 

業績が集計された財務諸表だけが会社の数字ではありません。

 

商品別の売上情報、顧客情報、社員の労務情報等々、あらゆる事業活動に、数字はついて回ります。転がっている数字を如何に見つけるかが重要なポイントでもあります。

 

そして、経営判断の根拠を高めるには、収集と把握が何よりも大事な作業となります。

 

 

管理会計の基本ステップ2「整理・分析」

 

管理会計第二のステップは「整理・分析」です。

 

整理・分析とは、収取・把握した経営データを整理分析する工程のことです。

 

データの整理は年単位、月単位、週単位等々、一定期間に区切ると分析データとして採用しやすくなります。

 

データの分析は、様々な経営指標を用いて分析するだけでなく、平均や傾向を分析し、様々な角度から数字を分解していきます。

 

また、分析した数字をあらゆる角度から対比することも大事な作業となります。例えば、前年対比、前年同月対比、前年同週対比等々、対比の手法は様々あります。

 

データをどう整理し、どう分析し対比させていくかが、数字の生死を分かつといっても過言ではありません。

 

 

管理会計の基本ステップ3「取捨・選択」

 

管理会計第三のステップは「取捨・選択」です。

 

取捨・選択とは、整理・分析された経営データを取捨選択する工程のことです。

 

会社の数字を収集し分析した結果の中には、経営判断の根拠材料として重要性が高いものがある一方で、重要性の低いものもあります。

 

重要性の低い経営データの収集や分析を行っていては時間のムダとなります。

 

時間のムダは、即、コストロスに繋がりますので、重要性の高低に応じて、会社の数字の収集・分析を取捨選択しなければなりません。

 

また、経営判断に関連性の低いものも、同様に取捨選択しなければなりません。

 

経営データの分析結果を取捨選択することで、数字の勘が磨かれます。

 

勘が磨かれると、会社の数字を見渡しただけで、使える数字に反応できるようになります。

 

また、取捨選択を通じて活用される数字は、経営判断に欠かせない良質な情報となり、経営者を助けます。

 

そして、良質な情報の精度が高まれば、経営判断を誤るリスクは著しく低下します。

 

 

管理会計の基本ステップ4「予測・推定」

 

管理会計第四のステップは「予測・推定」です。

 

予測・推定とは、取捨・選択された経営データを業績予測や推定に活かす工程のことです。

 

分析された数字を将来予測、或いは行動成果の推定に活用できます。

 

せっかく分析した数字を過去の行動根拠や検証だけに活用するのはもったいないことです。

 

将来予測や、行動成果の推定に活用してこそ、管理会計が会社経営に活かされます。

 

管理会計を長期的に運用し、数字の予測と推定の精度が高まると、経営判断の精度も自ずと高まっていきます。

 

経営判断の精度が高まり経営者に確かな将来を見通す力が身につくと、経営が傾くリスクは極めて低くなります。

 

安定した会社経営を実現するうえで、これほど心強い効果はありません。

 

 

管理会計の基本ステップ5「表現・伝達」

 

管理会計最後のステップは、先の4つのステップを得た経営データを「表現・伝達」する工程です。

 

管理会計ではじき出された数字は、会社経営において重要な意思決定の根拠として活用できます。

 

せっかくの有効な数字を、経営者ひとりの胸の内に収めていてはもったいありません。

 

数字を会社全体に活用するためには、会社の社員に対して伝えなければなりません。

 

社員に数字を伝えることで、経営者と社員の間に「数字」という共通言語が生まれます。

 

行動も、目標も、修正も、数字という共通言語があれば、組織の力がひとつにまとまりやすい環境が整います。

 

➡NEXT「売上と利益、2倍にするのはどちらが簡単か?」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ