中小企業の寿命を延ばす秘訣とは?

中小企業の寿命は永遠か?

中小企業の寿命は永遠か?

 

日本国内で株式会社は毎年どのくらい誕生しているのでしょうか?

 

日本国内における株式会社は、毎年8万社強の株式会社が誕生しています。

 

その一方で、実に、2万5千社もの株式会社がその寿命を終えています。

 

株式会社の99%以上が中小企業ですので、この数字は中小企業の実態を表しています。

 

この数字からも分かる通り、中小企業の寿命は決して長くありません。

 

下表は、法務省統計の登記数の推移です。経営実態のない会社や休眠会社は含まれていませんので、寿命を終える中小企業の実態数はもっと多いと思われます。

 

株式会社設立

会社清算

会社破産

平成27年

88,803

14,558

9,898

平成26年

86,639

14,121

10,805

平成25年

81,889

13,500

11,736

平成24年

80,862

13,794

12,968

平成23年

80,244

13,670

12,843

平成22年

80,535

14,683

13,931

平成21年

79,902

14,409

14,871

平成20年

86,222

18,234

13,247

平成19年

95,363

17141

11,301

平成18年

76,570

16,549

11,068

 

下表は10年間の会社の生存率を表したものです。

 

 

一説では、起業から10年後の生存率は5%といわれています。

 

そもそも、会社は人間の寿命と違って、黒字経営が続く限り寿命が尽きることはありません。

 

では、どうして毎年2万5千社超の企業の寿命が尽き、10年後の生存率が5%といわれているのでしょうか?

 

 

中小企業の寿命が尽きる本当の理由とは?

 

これほど多くの中小企業の寿命が尽きる理由は、「赤字経営を容認している中小企業が多いから」のひとことに尽きます。

 

赤字経営とは、収入よりも支出が上回り、お金の収支がマイナスの経営状態のことです。

 

例えば、100円の売上を得て、110円の経費を支払い、収支が▲10円となっている状態です。

 

会社にとってのお金は、人間の血液のようなものです。お金があるからこそ会社の命が維持できているのであって、お金が無くなると会社の命は死(倒産)を迎えます。

 

赤字経営とはお金が垂れ流しになっている状態ですので、人間に例えると怪我をして血液が垂れ流しになっている状態と同じです。

 

人間の場合、出血が止まらないと何れ出血多量で死を迎えますが、会社も一緒で、お金の垂れ流しが止まらないと運転資金が底をつき、何れ倒産(死)を迎えます。

 

赤字経営を容認するとは、そういうことなのです。

 

中小企業の赤字経営は全体の70%(※1)程度といわれています。

 

なかには節税のために意図的に赤字経営にしている会社もありますが、出血を止血(お金を垂れ流しにしている)せずに経営をしている中小企業が多くあるということは間違いのない事実です。

 

では何故、赤字経営でも会社が維持できるのでしょうか?

 

大きな理由を挙げると、

 

・運転資金を銀行借入で充当している

 

・減価償却費分(※2)の現金が残っている

 

・経営者が身銭を切って赤字補てんしている

 

等々が挙げられます。

 

しかし、銀行借入が停止し、赤字額が減価償却費以上に拡大し、経営者自身の身銭も底をつくと、とどのつまり、会社は倒産してしまいます。

 

 

中小企業の寿命が尽きた場合の経営者の責任は如何に?

 

会社が倒産すると、経営者のみならず、従業員の生活基盤も一瞬で失われます。

 

会社が倒産したとしても、上場していない中小企業は上場企業ほど経営責任を問われることはありませんが、会社倒産は社員や取引先へ不幸を運ぶ由々しき事態です。

 

経営者自身にとっても、倒産の淵から這い上がるための努力たるや生半可なものではありません。

 

中小企業経営者は、そのことを胸に刻み、責任を持って会社の黒字経営を維持する努力が必要なのです。

 

たとえ今現在が赤字経営であっても悲観することはありません。

 

これから黒字化すれば良いのです。

 

黒字化の方法は企業の状況によって様々ですが、どんな業種業態にも通用する黒字化の方法がないわけではありません。

 

例えば、「会社の数字を深く理解する」ことは黒字経営に欠かせないポイントです。

 

これひとつで、黒字化の見通しが見えてきますし、黒字経営から赤字経営に転落するリスクもグッと下げることができます。

 

会社の数字には良くも悪くも事業活動の結果が全て表れています。

 

経営改善、或いは、黒字化のヒントは全て会社の数字の中にあるのです。

 

会社の数字を深く理解すればするほど、黒字経営の道筋が見えてきます。

 

たとえ1円の利益でも大丈夫です。

 

黒字経営さえ継続できれば企業の寿命は永遠に続くのです。

 

※例外として、黒字倒産という、一時的に入金よりも出金額が上回り現金残高が底をつき支払不履行で倒産するケースもあります。

 

※1:国税庁が2014年3月に発表した「平成24年度分法人企業の実態」で、赤字法人は調査法人全体(約254万社)の70.3%となっています。 

 

※2:減価償却費とは資産購入後、その資産の耐用年数に応じて費用計上していく科目のことです。資産購入時に現金支出が完了しておりますので、費用計上時には現金支出が伴いません。

 

➡NEXT「事業を永遠に継続させる方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ