中小企業は3代目が潰す!事業承継の難しさ

中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命

中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命

 

「長者三代続かず」とは、お金持ちは三代目で破産するということわざです。

 

会社経営も同様、創業者から数えて三代目で会社を潰す例が非常に多いです。

 

特に中小企業の場合は、その傾向が顕著です。

 

下のグラフは、私自身が過去に会社再建に関わった会社の代表者の代数を表したものです。

 

 

ご覧の通り、会社が倒産の危機を迎えるのは、三代目が6割弱と、最も多い傾向にあります。

 

そして、二代目と三代目を足すと9割を超えています。

 

会社の事業承継が如何に難易度の高いことか、このことからも理解できると思います。

 

では、何故?

 

このようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

実は上のグラフの会社は、全て一つの決まった法則で事業承継が行われていました。

 

それは、「血縁関係のある親子間の事業承継」です。

 

 

親子間の事業承継ほど難しいものはない!!

 

中小企業の事業承継するうえで最も難しいのは、「血縁関係のある親子間の事業承継」です。

 

なぜなら、会社経営は親子で承継できるほど簡単なものではないからです。

 

プロフェッショナルな経営能力は、経験と体験を繰り返さないと体得できないことが無限にあります。

 

さらに事業承継の成功を阻む要因として挙げられるのは、経営者に必須の能力や経営技術は、実際に社長の立場にならないと身につかないものが山ほどあるということです。

 

例えば、経営者の自覚や覚悟、失敗体験や成功体験、経営感覚や経営技術などは、実際に経営者の立場で経験しないと、なかなか体得できるものではありません。

 

当然ながら、会社をいちから創業して二代目に承継させるほどに会社を成長させた創業者には、プロフェッショナルな経営能力が身についています。

 

一方、二代目や三代目はどうでしょうか?

 

創業者ほど経営者としての経験(実体験)を積んでいない二代目や三代目は経営のプロフェッショナルではありません。

 

言ってみれば、会社を継いだばかりの二代目、或いは三代目は「経営の素人」なのです。

 

 

プロの世界は厳しさに満ちている!!!

 

会社経営とは別の分野の「プロの世界」に目を移してみましょう。

 

平成の大横綱といわれている第65代横綱の元貴乃花(1972-)は中学卒業と同時に藤島部屋に入門しました。

 

藤島部屋の親方は、元貴乃花の実の父親である、元大関の貴ノ花(1950-2005)でした。

 

このふたりは血縁関係のある親子にも拘わらず、入門と同時に親子の縁を切り、親方(師匠)-弟子の関係に改めてお互いにプロの土俵に上がりました。

 

元貴乃花は厳しい稽古と精進を積んで、入門から7年後に横綱に昇進し、その後9年間横綱の地位を守り続けました。

 

父親自ら、わが子との親子の縁を切ってプロの世界を教え込むことは、とても辛い決断と経験だと思いますが、親子の縁を切って師匠と弟子の関係になることは、プロの世界では珍しいことではありません。

 

むしろ、それくらいの覚悟が双方になければ、プロの世界で成功することは難しいでしょう。

 

 

プロ意識がなければ中小企業の事業承継は成功しない!!

 

会社経営も立派なプロの世界です。

 

しかしながら、会社を血縁関係のある親子間で承継する場合、他の分野のプロの世界に比べて、覚悟も厳しさも甘さが目立ちます。

 

ここに事業承継の落とし穴があるのです。

 

創業者は、全てが初体験で手探りのなかで会社を興し、失敗と成功を繰り返しながら事業を成長させており、その苦労は計り知れません。

 

(事実、創業者の血のにじむような苦労と経験は想像を絶する場合があります)

 

一方、二代目や三代目はどうでしょうか?

 

素人が会社経営できるほど甘い世界ではありません。

 

親子双方にプロ意識がなければ十分な経営者教育は不可能なのです。

 

当然ながら、経営者教育に失敗すれば、事業承継もうまくいきません。

 

二代目や三代目経営者が稀に事業承継に成功することがありますが、その殆どは、次のパターンに該当しています。

 

・血縁関係になく、しがらみがなかった

 

・後継者を取り巻く番頭さんが有能だった

 

・中小企業の会社経営の経験を積んでいた

 

・芳しくない経営状態から会社を再建させた

 

・後継者が独自の努力で経営能力を高めていた

 

など等の背景が後継者にあれば、事業承継が成功する確率は高まります。

 

因みに、この中で最も短期間でプロフェッショナルな経営能力が身につく背景は、「芳しくない経営状況を再建させること」です。

 

なぜなら、会社を再建させるということは、後継者自身が一切の甘えが許されない状況で、血のにじむような苦労と経験を乗り越える、ということだからです。

 

この手の事業承継を成功させた二代目、三代目経営者は、尊敬に値する努力をしています。

 

 

後継者育成を成功させるには?

 

会社経営の経験がない後継者であっても事前に経営の勉強をすることは可能です。

 

創業者の能力に追いつくことは困難ですが、コツとポイントを抑えれば失敗しない経営技術を習得することも可能です。

 

ひとつ、おススメなのは「管理会計」です。

 

会社の数字を有益な情報に変換する管理会計のノウハウを習得すると失敗のリスクが軽減されます。

 

管理会計は難しいものではありません。支払能力を示す当座比率や会社の安全性を示す自己資本比率のモニタリングも立派な管理会計です。

 

四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界ですので、簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

 

管理会計は会社経営を志す全ての方にお薦めの経営技術です。

 

⇒⇒管理会計の基礎習得に役立つ「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」はこちら

 

 

中小企業の事業承継に失敗する経営者の特長

 

最後に、事業承継の失敗率が最も高い「三代目経営者」の特長を紹介します。

 

二代目経営者の特長(参考)

 

二代目は創業者の背中を見て育っていますので、経営者としての勘が多少は身についています。

 

親の苦労も理解していますので、自分自身も必死で会社経営を行おうと人並以上の努力をする方が多いのも二代目の特徴です。

 

また、親を超えてやろうという野心旺盛なタイプも多いですので、よほど経営判断を誤らない限り、会社を倒産させることはありません。

 

 

事業承継に失敗する三代目経営者の特長

 

三代目は、創業者と二代目から極端に甘やかされる傾向が強いです。

 

例えば二代目は、「親も自分も苦労してきた、せめて子供には苦労させたくない」という想いで、三代目が生まれた時から過度に苦労を掛けさせまいと育ててしまいます。

 

創業者からみたら三代目は孫ですので、二代目以上に三代目を可愛がり、一切の苦労をかけさせません。

 

また創業者や二代目が自分の学歴や経歴に引け目を感じている場合は、三代目の教育に力を入れて良い大学に入れようと必死になります。

 

創業者が貧乏から出発している場合は、お金の苦労を掛けさせまいと多額のお小遣いを平気で与えたりもします。

 

三代目は一切の苦労を知らずに晴れて良い大学を出て、大企業に入社し、10年ほどで家業を継ぎに戻ってくることが多いです。

 

問題はここからです。

 

会社経営の経験は、大学でも大企業でも教えてくれません。

 

引き継いだ会社は創業者から二代目へ順調にバトンが引き継がれて良好な経営を維持していることが殆どです。

 

従って、三代目自身が会社経営の失敗を経験する機会、或いは、重要な経営判断を迫られる機会は殆どありません。

 

経営者としての能力を磨く機会が、創業者や二代目に比べて極端に少ないのです。

 

こうして三代目は経営者としての能力を十分に磨かないまま会社を承継し、社長の座に就くことになるのです。

 

事実、わたしが過去に接した倒産の危機に瀕した会社の三代目社長の経営能力は散々たるものでした。

 

手元に豊富な現金が残っている場合は、さして深く考えずに新規事業に投資したり、放蕩経営(※1)を行いやすい環境になっていますので、三代目社長が自分の能力を過信して調子づくと、いとも簡単に、会社は倒産に向かっていきます。

 

※1 放蕩経営とは、自分の思うままに振る舞うこと。やるべきことをやらず、飲酒や遊びにうつつをぬかすこと。

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

無料オンライン講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が儲かる経営の極意を説いた経営講座です。確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営者の仕事は持続的成長にあり
経営者の最も大切な仕事は会社の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を紹介しています。
保身に走る組織は持続的成長が困難
保身に走る組織に明るい未来はありません。事実、組織の自己保身が原因で経営に失敗した会社は沢山あります。保身に走る組織を是正する有効な手段を紹介しています。
会社の強みがない会社は持続的成長が困難
会社の強み(キーテクノロジー)を持っていない会社は持続的成長が困難です。更に価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば長期的な会社の存続は難しいです。価格以外の会社の強みを持たなければ、会社経営は何れ行き詰ります。
離職率の高い企業は持続的成長が困難
離職率の高い会社は持続的成長が難しいです。なぜなら、ヒト、即ち社員の能力を最大限に活用できれば会社の業績がみるみる良くなるからです。逆にいえば、社員の活用ができなければ、社員は会社の業績の足を引っ張る存在になるだけです。
後継者を育成しない会社は持続的成長が困難
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社経営を引き継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。後継者育成は長期的な会社経営を実現するために避けては通れない経営者の大切な仕事です。
広告塔に頼った会社は持続的成長が困難
代表者自身が著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、会社が成長する過程で商品力やサービス力を磨く努力や広告塔のネームバリューに頼らない経営努力を怠ると、広告塔の寿命と共に会社の寿命も尽きてしまいます。
経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難
経営者自身が他の事業分野に関しては経営の素人であることを忘れて多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。多角化に失敗すると、会社には負債が残ります。本業の利益も多角化失敗の穴埋めに使われることになります。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的安定成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、その影響は決して小さくありません。
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
流行に乗った商売は危険が多い
流行は博打的要素が強くマイナスの副作用が大きいです。もしも、会社が流行に乗った場合は気を引き締めて経営采配しなければなりません。流行に上手に対応する経営の秘訣を紹介しています。
カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難
カリスマ社長の会社は一代で急成長するケースが多いですが、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いように思います。カリスマ社長がいる会社の次世代の後継者がとるべき行動はひとつです。それは「基本に忠実になること」です。
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長を遂げるのが難しいです。例えば、キャッシュフローを重視せず、現金収支が大きくマイナスに陥ってしまうと、支払いに充当する現金が底をつき、黒字経営であっても倒産することがあります。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ