中小企業は三代目が潰す!

中小企業の事業承継の課題と三代目社長の宿命

中小企業の事業承継の課題と三代目社長の宿命

 

「長者三代続かず」とは、お金持ちは三代目で破産するということわざである。

 

会社経営も同様、創業者から数えて三代目で会社を潰す例が多い。

 

特に中小企業の場合は、その傾向が顕著だ。

 

下のグラフは、わたしが過去に会社再建に関わった中小企業の代表者の代数を表したものである。

 

 

ご覧の通り、中小企業が倒産の危機を迎えるのは、三代目が6割弱と、最も多い傾向にある。

 

二代目と三代目を足すと9割を超えている。

 

中小企業の事業承継が如何に難易度の高いものか、このことからも理解できるのではないかと思う。

 

それでは一体なぜ、二代目や三代目で倒産の危機に瀕するようなことが起こってしまうのだろうか?

 

じつは上のグラフの会社は、全て一つの決まった法則で事業承継が行われていた。

 

それは、「血縁関係のある親子間の事業承継」だ。

 

ここに、中小企業の事業承継の課題がすべて集約されているといっても過言ではない。

 

 

事業承継最大の課題とは?

 

中小企業の事業承継最大の課題は「血縁関係のある親子間の事業承継」だ。

 

なぜなら、会社経営は親子間で承継できるほど簡単なものではないからだ。

 

プロフェッショナルな経営能力は、経験と体験を繰り返さないと体得できないことが無限にある。

 

さらに中小企業の事業承継の成功を阻む要因として挙げられるのは、経営者に必須の能力や経営技術は、実際に社長の立場にならないと身につかないものが山ほどあるということだ。

 

例えば、経営者の自覚や覚悟、失敗体験や成功体験、経営感覚や経営技術などは、実際に経営者の立場で経験しないと、なかなか体得できるものではない。

 

当然ながら、会社をいちから創業して二代目に承継させるほどに会社を成長させた創業者には、プロフェッショナルな経営能力が身についている。

 

一方、二代目や三代目はどうだろうか?

 

創業者ほど経営者としての経験(実体験)を積んでいない二代目や三代目は経営のプロフェッショナルではない。

 

言ってみれば、会社を継いだばかりの二代目、或いは三代目は「経営の素人」なのだ。

 

血縁関係のある親子間の事業承継が、事業承継最大の課題と云われる所以は、ここにある。

 

 

プロの世界は厳しさに満ちている!!!

 

会社経営とは別の分野の「プロの世界」に目を移してみよう。

 

平成の大横綱といわれた第65代横綱の元貴乃花(1972-)は中学卒業と同時に藤島部屋に入門した。

 

藤島部屋の親方は、元貴乃花の実の父親である、元大関の貴ノ花(1950-2005)だった。

 

このふたりは血縁関係のある親子にも拘わらず、入門と同時に親子の縁を切り、親方(師匠)-弟子の関係に改めてお互いにプロの土俵に上がった。

 

元貴乃花は厳しい稽古と精進を積んで、入門から7年後に横綱に昇進し、その後9年間にわたり横綱の地位を守り続けた。

 

父親自ら、わが子との親子の縁を切ってプロの世界を教え込むことは、とても辛い決断と経験だと思うが、親子の縁を切って師匠と弟子の関係になることは、プロの世界では珍しいことではない。

 

むしろ、それくらいの覚悟が双方になければ、プロの世界で成功することは難しいだろう。

 

 

プロ意識のない事業承継は成功しない!!

 

中小企業の会社経営も立派なプロの世界である。

 

しかしながら、会社を親子間で事業承継する場合、他の分野のプロの世界に比べて、覚悟も厳しさも甘さが目立つ。

 

ここに中小企業の事業承継の落とし穴がある。

 

創業者は、全てが初体験で手探りのなかで会社を興し、失敗と成功を繰り返しながら事業を成長させている。

 

その苦労は計り知れず、実際に、創業者の血のにじむような苦労と経験は想像を絶する場合が往々にしてある。

 

一方、二代目や三代目はどうだろうか?

 

中小企業といえども、素人が会社経営できるほど甘い世界ではない。

 

親子双方にプロ意識がなければ十分な経営者教育を施すことは不可能だ。

 

当然ながら、甘さが原因で経営者教育に失敗すれば、事業承継もうまくいかない。

 

二代目や三代目経営者が稀に中小企業の事業承継に成功することがあるが、その殆どは、次のパターンに該当している。

 

☑血縁関係になく、しがらみがなかった

 

☑後継者を取り巻く番頭さんが有能だった

 

☑中小企業の会社経営の経験を積んでいた

 

☑芳しくない経営状態から会社を再建させた

 

☑後継者が独自の努力で経営能力を高めていた

 

など等の背景が後継者にあれば、事業承継が成功する確率は高まる。

 

ちなみに、この中で最も短期間でプロフェッショナルな経営能力が身につく背景は「芳しくない経営状況を再建させること」だ。

 

なぜなら、会社を再建させるということは、後継者自身が一切の甘えが許されない状況で、血のにじむような苦労と経験を乗り越える、ということだからだ。

 

この手の事業承継を成功させた二代目、三代目経営者は、間違いなく尊敬に値する努力をしている。

 

 

中小企業の事業承継に失敗する経営者の特徴

 

最後に、中小企業の事業承継失敗率が最も高い「三代目経営者」の特徴を紹介しよう。

 

二代目経営者の特徴(参考)

 

二代目は創業者の背中を見て育っているので、経営者としての勘が多少は身についている。

 

親の苦労も理解しているので、自分自身も必死で会社経営を行おうと人並以上の努力をいとわないのも二代目の特徴だ。

 

また、親を超えてやろうという野心旺盛なタイプも多いので、よほど経営判断を誤らない限り、会社を倒産させることはない。

 

 

事業承継に失敗する三代目経営者の特徴

 

三代目は、創業者と二代目から極端に甘やかされる傾向が強い。

 

例えば二代目は、「親も自分も苦労してきた、せめて子供には苦労させたくない」という想いで、三代目が生まれた時から過度に苦労を掛けさせまいと育ててしまう。

 

創業者からみたら三代目は孫なので、二代目以上に三代目を可愛がり、一切の苦労をかけさせない。

 

また創業者や二代目が自分の学歴や経歴に引け目を感じている場合は、三代目の教育に力を入れて良い大学に入れようと必死になる。

 

創業者が貧乏から出発している場合は、お金の苦労を掛けさせまいと多額のお小遣いを平気で与えたりもする。

 

三代目は一切の苦労を知らずに晴れて良い大学を出て、大企業に入社し、10年ほどで家業を継ぎに戻ってくることが多い。

 

問題はここからだ。

 

会社経営の経験は、大学でも大企業でも教えてくれない。

 

引き継いだ会社は創業者から二代目へ順調にバトンが引き継がれて良好な経営を維持していることが殆どだ。

 

従って、三代目が会社経営の失敗を経験する機会、或いは、重要な経営判断を迫られる機会は殆どない。

 

経営者としての能力を磨く機会が、創業者や二代目に比べて極端に少ないのだ。

 

こうして三代目は経営者としての能力を十分に磨かないまま会社を承継し、社長の座に就くことになるのだ。

 

事実、わたしが過去に接した倒産の危機に瀕した中小企業の三代目社長の経営能力は散々たるものだった。

 

手元に豊富な現金が残っている場合は、さして深く考えずに新規事業に投資したり、放蕩経営(※1)を行いやすい環境になっているので、三代目社長が自分の能力を過信して調子づくと、いとも簡単に、会社は倒産に向かっていく。

 

※1 放蕩経営とは、自分の思うままに振る舞うこと。やるべきことをやらず、飲酒や遊びにうつつをぬかすこと。

 

➡NEXT「ワンマン経営の弊害と末路」へ

 

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

 

無料オンライン経営講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が実践している儲かる会社経営の極意を説いた経営講座です。プロの経営術を習得したい中小企業経営者は確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ