商売が流行した時の心構え

流行に乗った商売は危険が多い

流行に乗った商売は危険が多い

 

流行に乗った商売は、上がるのも早いですが、下るのも早いです。

 

従って、流行は、経営者が最も注意すべき事象です。

 

最も避けるべき行動は、流行に乗った商売、或いは、新規事業を安易に始めないということです。

 

商売を始めたころには流行が終わり、オープンしてみたら閑古鳥というパターンがあるからです。

 

このように、流行は博打的要素が強く、マイナスの副作用が大きいですので、避けて通った方が経営は安定します。

 

安定経営を実現したいのであれば、穏やかな成長率を目指した方がリスクを抱えずに済みます。

 

上がっては少し下がり、また上がっては少し下がりという緩やかな上昇曲線で、年率5~20%の範囲内に収まる売上成長率が最も経営が安定する理想ラインです。

 

 

経営者が気を付けるポイントは?

 

もしも、会社が提供している商品やサービスが流行に乗ってしまった場合は、経営者は気を引き締めて経営の采配をしなければなりません。

 

特に、売上成長率が20%を超えた場合は、注意が必要です。

 

これは年率20%を超えるペースで急成長してしまった商売も同様です。

 

それでは一体、

 

流行や急成長に直面した場合に、経営者はどのような対応をとればよいのでしょうか?

 

経営者が気を付けるべき、主なポイントを解説します。

 

 

正社員を雇い過ぎない事

 

流行や急成長の結果、人手不足に陥ったからといって正社員を急に増やすことは避けるべきです。

 

少なくとも、半年から1年間は正社員の残業に加えて、契約社員やアルバイト等の補充で人手不足を解消する工夫が必要です。

 

なぜなら、正社員を雇ってしまった後で、流行や急成長が3ヶ月や半年足らずで収まってしまったら、ヒトが余る事態となり、労働生産性と収益性が著しく低下してしまうからです。

 

 

また、正社員の人員整理には最低半年くらいの期間と退職手当などの諸費用がかさみますので、会社の生産性に貢献しない人件費の出費が大きく膨れ上がるリスクも抱えてしまいます。

 

流行や急成長に惑わされることなく、身の丈に合った採用計画を堅持することが大切です。

 

 

設備投資をしない事

 

投資のタイミングと判断を誤った結果、過剰投資に陥り会社の業績が悪化する会社は数多にあります。

 

投資の中でも、流行や急成長に対応するための設備投資は、もっとも慎重に検討すべき事柄です。

 

例えば、流行や急成長に直面して、慌てて設備投資を行って生産能力を上げたとたんに流行が終わったら?或いは、急成長が収まったら?

 

 

作るものが無いにも関わらず設備だけ残ってしまったら元も子もありません。

 

流行や急成長は外注で対応する、数量限定で生産を受ける等の工夫が必要です。

 

流行や急成長に浮かれて、安易に設備投資に手を出すのは危険な判断なのです。

 

 

サービスと品質水準を下げない事

 

流行や急成長で最も綻びが出やすいのはサービスや品質面です。

 

 

注文の受付が間に合わない、注文がさばけない、欠品など商品管理が杜撰になる、誤配送や凡ミスが多発する、商品の欠陥が増えるなど等、挙げたらキリがありません。

 

一定のサービスと品質水準をキープするための人員体制、並びに、一定のサービスと品質水準をキープするためのチェック体制を疎かにすると、成長が一転して衰退に転じることがあります。

 

また、サービスと品質水準が低下すると、ミスや欠陥のクレーム対応など、内に向いた仕事量が増えてしまい、成長すればするほど労働生産性が低下するという悪循環が常態化してしまいます。

 

程度の問題はありますが、このケースは流行や急成長に限らず、普通の経営状態であっても比較的起こりやすい経営悪化の要因でもあります。

 

企業が提供する商品やサービスは、常に顧客から選択される脅威にさらされていますので、ひとたび、サービスと品質水準が低下すると、企業の寿命は格段に低下します。

 

サービスと品質水準が低下した途端、競合他社に顧客を取られて売上が減少することは容易に想像できるでしょう。

 

サービスと品質水準は流行や急成長の時はもちろんのこと、日頃から注意しておきたい経営の重要ポイントなのです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営者の仕事は持続的成長にあり
経営者の最も大切な仕事は会社の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を紹介しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命
中小企業は三代目で会社を潰す例が多いです。わたしの経験上でも倒産の危機を迎えるのは三代目が6割弱と最も多い傾向にあります。中小企業の事業承継が如何に難易度の高いことか理解できると思います。では、何故?三代目が会社を潰すのでしょうか?
会社の強みがない会社は持続的成長が困難
会社の強み(キーテクノロジー)を持っていない会社は持続的成長が困難です。更に価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば長期的な会社の存続は難しいです。価格以外の会社の強みを持たなければ、会社経営は何れ行き詰ります。
離職率の高い企業は持続的成長が困難
離職率の高い会社は持続的成長が難しいです。なぜなら、ヒト、即ち社員の能力を最大限に活用できれば会社の業績がみるみる良くなるからです。逆にいえば、社員の活用ができなければ、社員は会社の業績の足を引っ張る存在になるだけです。
後継者を育成しない会社は持続的成長が困難
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社経営を引き継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。後継者育成は長期的な会社経営を実現するために避けては通れない経営者の大切な仕事です。
広告塔に頼った会社は持続的成長が困難
代表者自身が著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、会社が成長する過程で商品力やサービス力を磨く努力や広告塔のネームバリューに頼らない経営努力を怠ると、広告塔の寿命と共に会社の寿命も尽きてしまいます。
経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難
経営者自身が他の事業分野に関しては経営の素人であることを忘れて多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。多角化に失敗すると、会社には負債が残ります。本業の利益も多角化失敗の穴埋めに使われることになります。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的安定成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、その影響は決して小さくありません。
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難
カリスマ社長の会社は一代で急成長するケースが多いですが、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いように思います。カリスマ社長がいる会社の次世代の後継者がとるべき行動はひとつです。それは「基本に忠実になること」です。
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長を遂げるのが難しいです。例えば、キャッシュフローを重視せず、現金収支が大きくマイナスに陥ってしまうと、支払いに充当する現金が底をつき、黒字経営であっても倒産することがあります。