会社は現金に始まり現金に終わる

キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい

キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい

 

会社は現金で始まり、現金で終わります。

 

つまり、会社の現金が底をつくと、会社が倒産するということです。

 

会社の現金の流れのことを、キャッシュフローといいます。経営用語で「現金の流入と流出」を意味します。

 

現金の流入より流出が少ないと、キャッシュフローがプラスで黒字、現金の流入より流出が多いと、キャッシュフローがマイナスで赤字となります。

 

キャッシュフローを重視するとは、キャッシュフローのプラス、つまり現金を常に意識するということです。

 

黒字経営であっても、キャッシュフローを重視していないと、会社の現金が底をつき、会社が倒産してしまうこともあります。

 

いわゆる黒字倒産という現象です。

 

 

キャッシュフローを重視しないと現金の流れが分からなくなる!?

 

キャッシュフローを重視しないと現金の流れが分からなくなり、持続的成長の妨げになる場合があります。

 

なぜなら、会社の現金の流れは、個人の財布と比べると若干複雑化しているからです。

 

例えば、会社の代金決済の殆どは、信用取引によるものです。

 

信用取引とは、商品やサービスを提供したのちに、代金を後払いで授受する取引のことです。信用のうえに成り立つ取引ですので、信用取引と云います。

 

信用取引の場合、売上等の収入と、仕入れや経費等の支出の現金収支のタイミングが一致しません。

 

例えば、現金取引であれば、商品を50円で仕入、その商品を100円で売り、手元に利益が50円残る、というように、取引内容と現金収支が一致します。

 

一方、信用取引では、商品50円の仕入代金が1ヵ月の先払い、商品100円の売上代金が2ヵ月先の入金というように、1ヵ月先までは▲50円、2カ月先に漸く+50円と、取引内容と現金収支のタイミングが一致しないことがあります。

 

このように、信用取引において、現金支出よりも現金収入が遅れると、一時的に現金残高がマイナスになってしまいます。

 

キャッシュフローを重視せず、現金収支が大きくマイナスに陥ってしまうと、支払いに充当する現金が底をつき、黒字経営であっても倒産することがあります。

 

また、現金残高がプラスを維持できない状態が続くと、会社成長に欠かせない投資原資を賄うことも出来ません。

 

満足な投資ができなければ、会社の持続的成長も困難ということになります。

 

では、キャッシュフローを重視した経営を行うには、どのような点を注意する必要があるのでしょうか?

 

 

信用取引

 

信用取引を行う場合は、入金優先、支出後回しの法則が鉄則です。

 

例えば、商品を50円で仕入れ、その商品を100円で販売する場合は、売上代金100円の入金を確認した後に、仕入代金50円を支払います。

 

また、会社の現金残高が一定の安全水準になるまでは、現金化するまで時間のかかる受取手形等の信用取引は控えた方がいいです。なるべく短期間に現金化できる売掛金、もしくは、前金取引を主流に取引を行った方が良いでしょう。

 

 

利益優先

 

会社の現金は利益が出なければ増加しません。

 

例えば、売上拡大を狙って、売上を超える経費を投入して利益がマイナスになってしまっては、現金が増加することはありません。

 

常に利益を意識した経営を行わないと、キャッシュフローがマイナスになってしまい、何れ自転車操業に陥り、会社が倒産状況に傾いてしまいます。

 

新規事業等の特殊事情を除いて、利益の出ない赤字取引を容認することは避けなければなりません。

 

 

投資戦略

 

キャッシュフローを重視した投資戦略とは、言い換えれば、「短期的に利益の出る投資活動を重視する」ということです。

 

例えば、将来値上がりが期待できる資源への投資、資金回収まで2年超かかる投資、用途未定の土地建物等々、短期的に利益の出ない投資活動はすべきではありません。

 

何れも、短期的にキャッシュフローが出ない投資活動ですので、キャッシュフローを重視するのであれば、会社としては見送った方が良い投資活動となります。

 

また、キャッシュフローが多いか少ないかによって、次の投資活動までの時間に大きな差が生じてしまいます。従って、資金力の乏しい中小企業の場合、キャッシュフローを重視した投資活動を展開した方が、会社の成長スピードが加速しやすいです。

 

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営者の仕事は持続的成長にあり
経営者の最も大切な仕事は会社の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を紹介しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命
中小企業は三代目で会社を潰す例が多いです。わたしの経験上でも倒産の危機を迎えるのは三代目が6割弱と最も多い傾向にあります。中小企業の事業承継が如何に難易度の高いことか理解できると思います。では、何故?三代目が会社を潰すのでしょうか?
保身に走る組織は持続的成長が困難
保身に走る組織に明るい未来はありません。事実、組織の自己保身が原因で経営に失敗した会社は沢山あります。保身に走る組織を是正する有効な手段を紹介しています。
会社の強みがない会社は持続的成長が困難
会社の強み(キーテクノロジー)を持っていない会社は持続的成長が困難です。更に価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば長期的な会社の存続は難しいです。価格以外の会社の強みを持たなければ、会社経営は何れ行き詰ります。
離職率の高い企業は持続的成長が困難
離職率の高い会社は持続的成長が難しいです。なぜなら、ヒト、即ち社員の能力を最大限に活用できれば会社の業績がみるみる良くなるからです。逆にいえば、社員の活用ができなければ、社員は会社の業績の足を引っ張る存在になるだけです。
後継者を育成しない会社は持続的成長が困難
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社経営を引き継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。後継者育成は長期的な会社経営を実現するために避けては通れない経営者の大切な仕事です。
広告塔に頼った会社は持続的成長が困難
代表者自身が著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、会社が成長する過程で商品力やサービス力を磨く努力や広告塔のネームバリューに頼らない経営努力を怠ると、広告塔の寿命と共に会社の寿命も尽きてしまいます。
経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難
経営者自身が他の事業分野に関しては経営の素人であることを忘れて多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。多角化に失敗すると、会社には負債が残ります。本業の利益も多角化失敗の穴埋めに使われることになります。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的安定成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、その影響は決して小さくありません。
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
流行に乗った商売は危険が多い
流行は博打的要素が強くマイナスの副作用が大きいです。もしも、会社が流行に乗った場合は気を引き締めて経営采配しなければなりません。流行に上手に対応する経営の秘訣を紹介しています。
カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難
カリスマ社長の会社は一代で急成長するケースが多いですが、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いように思います。カリスマ社長がいる会社の次世代の後継者がとるべき行動はひとつです。それは「基本に忠実になること」です。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ