中小企業が重要視すべき離職率

離職率の高い企業は持続的成長が困難

離職率の高い企業は持続的成長が困難

 

経営者の役割は経営資源を最大限に有効活用して黒字経営を継続することです。

 

会社の経営資源は、ヒト、モノ、カネ、情報、経営ノウハウ、会社の強み、会社の理念、経営方針、、、等々、沢山ありますが、この中で、一番、管理が困難でありながら、一番重要な経営資源があります。

 

それは、何でしょうか?

 

答えは「ヒト」です。

 

 

ヒトは、「性格、感情、性別、欲望、利害」等々、様々な要因が絡み合って十人十色の構造となっています。従って、経営者の対応一つで最大限に活用できることもあれば、全く活用できないこともあります。

 

つまり、ヒト、即ち社員の能力を最大限に活用することができれば会社の業績は良くなりますが、活用できなければ会社の業績の足を引っ張る存在になってしまうのです。

 

下の図は、社員の成長と会社の成長を図解したものです。

 

 

経営資源のなかで、「ヒト=社員」ほど経営者の使い方ひとつで、会社への貢献度が変わる資源はありません。

 

社員を使うことができるか否かで経営者の能力が問われるといっても過言ではありません。

 

 

離職率の高い業種と低い業種の一例

 

社員の力を有効に会社に活かしているか否かを測定する目安として「離職率(※1)」があります。

 

一般的に離職率の高い会社は、持続的成長が難しいです。

 

下表は厚生労働省が集計している2010年の新卒者の3年以内の離職率です。

業種

 高校卒

 短大等卒

 大学卒

電気・ガス・熱供給・水道業

6.5%

5.8%

8.8%

鉱業、採石業、砂利採取業

27.6%

13.6%

金融・保険業

20.9%

25.6%

19.6%

運輸業、郵便業

31.9%

30.8%

23.1%

複合サービス事業

21.5%

24.6%

18.5%

製造業

27.1%

31.5%

17.6%

生活関連サービス業、娯楽業

62.1%

53.7%

45.4%

教育、学習支援業

60.1%

39.3%

48.9%

情報通信業

39.7%

34.7%

22.6%

建設業

46.8%

42.5%

27.6%

小売業

50.0%

43.6%

37.7%

宿泊業、飲食サービス業

66.6%

56.4%

51.0%

学術研究、専門・技術サービス業 

40.2%

44.4%

32.5%

卸売業

41.2%

38.9%

27.9%

医療、福祉 

45.3%

35.2%

37.7%

不動産業、物品賃貸業

47.1%

46.4%

39.6%

サービス業(他に分類されないもの)

42.9%

44.4%

36.5%

その他

71.0%

64.6%

68.4%

 

各業種に含まれる事業所は、ハローワークに対して雇用保険適用事業所設置届を提出している事業所を指しますので、大企業も中小企業も社員を雇用する会社は殆ど含まれております。

 

離職率は業種によって開きがありますが、下は10%弱から上は70%強まで夫々です。

 

エネルギー等のインフラ産業は離職率が低いですが、サービス業は総じて離職率が高い傾向にあります。

 

 

※1 離職率とは、ある時点で仕事に就いていた労働者のうち、一定の期間(例えば1年なり3年)の内に、どれくらいがその仕事を離れたかを比率として表わす指標のこと。

 

 

離職率は、経営者の能力次第で改善できる!!

 

離職の理由には、会社に嫌気がさして離職するネガティブなものと、新しい世界に転職するポジティブなものがありますが、

 

何れにしても、会社が育てた人材が社外に流出するのは会社にとってマイナス要素であることに違いはありません。

 

 

中小企業の場合、毎年正社員を採用できる会社は非常に少ないです。

 

従って、如何に社員を会社に定着させて能力向上を図り、少数精鋭体制を構築していくかが、長期的な会社経営を行う上で重要なポイントとなります。

 

なお、「経営者の能力=中小企業の業績」という法則は離職面でも当てはまります。

 

なぜなら、中小企業の場合、社員が離職する理由として最も多いのは経営者もしくは経営幹部との関係悪化だからです。

 

日頃から経営者が社員を気遣って信頼関係を構築しているような会社では離職率は低い傾向にあります。

 

また、限られた人材を育成する場合は、社員夫々の能力判定と能力評価が重要です。

 

例えば、やる気のある社員であれば成果報酬の方が業績への貢献度が上がるかも知れませんが、真面目にコツコツ仕事をするタイプであれば成果報酬は窮屈でかえってストレスを感じてしまうかも知れません。

 

このように、社員の能力判定と能力評価がマッチしないと双方の思いに隙間ができて、隙間が広がれば広がるほど離職に繋がってしまいます。

 

中小企業の場合は、業種平均よりも離職率が悪化しているようであれば長期的に会社経営を続けるのは難しいです。

 

少なくとも業種平均を下回るような経営努力が必要です。

 

 

無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」

無料オンライン講座は中小企業専門の経営コンサルタントの伊藤(当サイト運営者)が儲かる経営の極意を説いた経営講座です。確実に受講されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料経営講座「強い社長が実践している儲かる経営術」はこちら

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営者の仕事は持続的成長にあり
経営者の最も大切な仕事は会社の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を紹介しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目経営者の宿命
中小企業は三代目で会社を潰す例が多いです。わたしの経験上でも倒産の危機を迎えるのは三代目が6割弱と最も多い傾向にあります。中小企業の事業承継が如何に難易度の高いことか理解できると思います。では、何故?三代目が会社を潰すのでしょうか?
会社の強みがない会社は持続的成長が困難
会社の強み(キーテクノロジー)を持っていない会社は持続的成長が困難です。更に価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば長期的な会社の存続は難しいです。価格以外の会社の強みを持たなければ、会社経営は何れ行き詰ります。
後継者を育成しない会社は持続的成長が困難
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社経営を引き継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。後継者育成は長期的な会社経営を実現するために避けては通れない経営者の大切な仕事です。
広告塔に頼った会社は持続的成長が困難
代表者自身が著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、会社が成長する過程で商品力やサービス力を磨く努力や広告塔のネームバリューに頼らない経営努力を怠ると、広告塔の寿命と共に会社の寿命も尽きてしまいます。
経営の多角化に失敗する会社は持続的成長が困難
経営者自身が他の事業分野に関しては経営の素人であることを忘れて多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。多角化に失敗すると、会社には負債が残ります。本業の利益も多角化失敗の穴埋めに使われることになります。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的安定成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、その影響は決して小さくありません。
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
流行に乗った商売は危険が多い
流行は博打的要素が強くマイナスの副作用が大きいです。もしも、会社が流行に乗った場合は気を引き締めて経営采配しなければなりません。流行に上手に対応する経営の秘訣を紹介しています。
カリスマ社長がいる会社は持続的成長が困難
カリスマ社長の会社は一代で急成長するケースが多いですが、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いように思います。カリスマ社長がいる会社の次世代の後継者がとるべき行動はひとつです。それは「基本に忠実になること」です。
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長が難しい
キャッシュフローを重視しない会社は持続的成長を遂げるのが難しいです。例えば、キャッシュフローを重視せず、現金収支が大きくマイナスに陥ってしまうと、支払いに充当する現金が底をつき、黒字経営であっても倒産することがあります。