経営努力を放棄した会社の末路

経営努力なくして会社の成長なし

経営努力なくして会社の成長なし

 

経営努力の継続なくして、中小企業の持続的成長はあり得ない。

 

原則的に、経営者が経営努力を放棄した途端に、会社の成長はストップする。

 

しかしながら、ごく、ごく稀に、さほどの経営努力がなくても、会社経営がうまく運ぶことがある。

 

例えば、ふとしたきっかけでヒット商品が生まれて一気に会社の経営が安定してしまい、それまで継続してきた経営努力の手を緩めてしまうことがある。

 

こういう時こそ初心にかえって気を引き締め直し、経営努力のギアを一段上げる積極性が大切なのだが、ヒットまでの苦労が長かったり、ヒットの恩恵が大きすぎたりすると、ぷつんと緊張感が切れて、そこで立ち止まってしまう中小企業経営者がいるのも事実である。

 

会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまう。

 

どんな経営状態であっても経営努力を継続しなければ、会社が成長することはない。

 

例えば、A社という会社があったとする。

 

そして、創業から数年後、B社という競合会社が創業したとしよう。

 

 

B社の創業から間もなく、A社の商品がヒットし、A社は急成長、その後、A社は競合会社であったB社を大きく引き離した。

 

A社の経営者はすっかり安心してしまい、経営努力のペースを落としてしまった。

 

それから数年後、ヒット商品の恩恵がなくなり会社の成長が止まってしまったA社は、ひたむきな経営努力を続けていたB社に追い抜かれてしまった。

 

下の図は、上記の例えを図解したものである。

 

 

ウサギと亀の童話と同じことが会社経営の世界でも起こり得る。

 

他力本願ではなく、自力本願が会社経営の本質だ。

 

中小企業経営者は、いつなんどきも緊張感をもって経営努力を継続しなければならない。

 

また、会社が衰退の兆候を感じ取ってから慌てて経営努力を再開しても、後の祭りである。

 

繰り返すが、経営努力なくして、中小企業の持続的成長はあり得ないのだ。

 

ちなみに、ヒット商品の寿命は年々短くなっている。

 

下表は、ヒット商品の寿命の参考データを集計したものである。

 

2000年代からヒット商品の寿命が一気に短くなっている。

 

昨今は情報量が豊富になるにつれて商品サイクルの回転も速くなっているため、ヒット商品の寿命は加速度的に短くなっている。

 

ヒット商品に浮かれて経営努力の手を緩めることが如何に危険なことか分かるだろう。

 

 

経営努力には然るべき基準と指標が必要

 

経営努力は中小企業経営者の大切な仕事のひとつだが、経営努力は闇雲に行っても効果はでない。

 

例えば、一生懸命働いているが会社がなかなか良くならないという現象は、闇雲な経営努力の最たる例である。

 

経営努力には、何かしら確固たる基準と指標が必要だ。

 

例えば、

 

▶売上原価を下げたい

 

▶売上原価を50%から45%に下げたい

 

という二つの目標があった場合、明確な数値基準がある後者の「数字のある目標」の方が、効率よく目標を達成することができる。

 

また、経営努力の結果を数字で検証することができるので、効率的であり公平性も高い。

 

当然ながら、数字のある目標を掲げるには、経営者自身が会社の数字に精通していなければならない。

 

経営努力と会社の数字を結びつけることも、中小企業経営者の大事な仕事なのだ。

 

➡NEXT「離職率の高い企業は将来性がない」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ