経営努力を放棄した会社の末路

経営努力なくして会社の成長なし

経営努力なくして会社の成長なし

 

経営努力を継続しなければ、会社が持続的安定成長を遂げることはありません。

 

当然ながら、経営努力を放棄してしまえば、その時点で会社の成長もストップしてしまいます。

 

しかしながら、ごく稀に、経営努力をしなくても会社経営がうまく運ぶことがあります。

 

例えば、ふとしたきっかけでヒット商品が生まれて、一気に会社の経営が安定するということがあります。

 

ヒットするまでは日々汗をかいて会社経営に没頭していた経営者も、ヒットを境に会社経営に余裕が生まれると、それまで継続してきた経営努力の手を緩めてしまうことがあります。

 

こういう時こそ初心にかえって気を引き締め直し、一層の経営努力に励めば会社は更なる成長を遂げるものですが、ヒットまでの苦労が長かったり、ヒットの恩恵が大きすぎたりすると、ぷつんと緊張感が切れて、そこで立ち止まってしまう経営者がいるのも事実です。

 

会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまいます。

 

つまり、いつ何時も立ち止まることなく経営改善を継続しなければ、会社が成長することはないのです。

 

 

経営者の経営努力が会社の成長を形作る!!

 

中小企業は経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されますので、経営者の経営努力如何で会社の業績が決まってしまいます。

 

例えば、A社という会社があったとします。

 

創業から数年後、B社という競合会社が創業しました。

 

そして、B社の創業から間もなく、A社の商品がヒットし、A社は急成長しました。

 

A社は、ヒットのおかげで競合会社であったB社を大きく引き離しました。

 

A社の経営者はすっかり安心してしまい、経営努力のペースを落としてしまいました。

 

それから数年後、ヒット商品の恩恵がなくなり会社の成長が止まってしまったA社は、ひたむきな経営努力を続けていたB社に追い抜かれてしまいました。

 

A社の経営者は慌てて経営努力を再開しましたが、後の祭りです。

 

下の図は、上記の例えを図解したものです。

 

 

ウサギと亀の童話と同じく、会社経営の世界でも同じことが起こり得ます。

 

他力本願ではなく、自力本願が会社経営の本質です。

 

上記の例えのように、一瞬の気のゆるみで会社経営が下火になることもあります。

 

従って、経営者は、いつなんどきも緊張感をもって経営努力を継続しなければなりません。

 

経営努力なくして、会社の持続的安定成長を実現することは困難なのです。

 

 

ヒット商品の寿命は短い!!

 

ちなみに、ヒット商品の寿命は年々短くなっています。

 

下表は、ヒット商品の寿命の参考データを集計したものです。

 

2000年代からヒット商品の寿命が一気に短くなっています。

 

昨今は情報量が豊富になっていく一方で、商品サイクルと共に、ヒット商品の寿命も短くなっています。恐らく、2010年代は、1年以内の寿命の構成比が50%近くまできているのではないかと思います。

 

そう考えると、ヒットに浮かれてあぐらをかくことが如何に危険なことか分ります。

 

経営努力なくして、会社の成長はありません。

 

いつなんどきも、ひたむきな経営努力を続けることは、持続可能な会社経営を実現するために必要な経営者の大切な仕事です。

 

 

経営努力には然るべき基準と指標が必要

 

経営努力の継続は経営者の大切な仕事のひとつですが、経営努力は闇雲に行っても効果が出てきません。

 

やはり、何かしら確固たる基準と指標が必要です。

 

例えば、

 

・売上原価を下げたい

 

・売上原価を50%から45%に下げたい

 

という二つの目標があった場合、明確な数値基準がある後者の「数字のある目標」の方が、効率よく目標を達成することができます。

 

当然ながら、数値基準や指標を設けるには、経営者自身が会社の数字に精通していなければなりません。

 

なぜなら、経験と勘だけでは経営努力の効果も精度も低下してしまうからです。

 

仮に数字に弱い社長であれば、数字に強い参謀役を傍につければ、数値基準と指標を効果的に運用することができます。

 

数値基準と指標は、「会社全体」、「事業部」、「役職者」、「一般社員」、どの分野、どの階層にも合理的に導入することが可能です。

 

また、経営努力(行動)の結果を数値で検証できますので、非常に効率的であり、公平性も高いです。

 

経営努力と会社の数字を結びつけることも経営者の大事な仕事なのです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「持続的成長が困難な会社の特徴」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

企業の持続的成長こそ経営者の仕事
経営者の最も大切な仕事は企業の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を分かりやすく解説しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目社長の宿命
中小企業の事業承継最大の課題は親子間の事業承継です。事業承継の課題と事業承継失敗率が高い三代目社長の特徴などを分かりやすく解説しています。
保身に走る組織の弊害と末路
保身に走る組織に明るい未来はありません。事実、組織の自己保身が原因で経営に失敗した会社は沢山あります。保身に走る組織を是正する有効な手段を紹介しています。
会社の強みの見つけ方を誤ると衰退する
会社の強みの見つけ方を誤ると会社は衰退の一途を辿ってしまいます。誤った会社の強みの弊害と共に、中小企業に適した正しい会社の強みの見つけ方を分かりやすく解説しています。
離職率の高い企業は将来性がない
離職率の高い企業に将来性はありません。なぜなら社員の能力を最大限に活用できなければ会社が衰退していくからです。業界別離職率と共に経営者が気を付けるべきポイントを解説しています。
後継者を育成しない中小企業の末路
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社を引継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。中小企業を育成しない中小企業の末路を解説しています。
芸能人的な広告塔は企業成長を阻害する
会社の社長が芸能人的な著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、企業成長が阻害される場合があります。広告塔で失敗しない経営の秘訣を分かりやすく解説しています。
経営の多角化に失敗する会社の末路
経営者が多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。経営の多角化の弊害と失敗の末路を分かりやすく解説しています。
ワンマン経営の弊害と末路
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
流行に乗った商売は危険が多い
流行は博打的要素が強くマイナスの副作用が大きいです。もしも、会社が流行に乗った場合は気を引き締めて経営采配しなければなりません。流行に上手に対応する経営の秘訣を紹介しています。
カリスマ社長が会社の成長を阻害する
カリスマ社長の会社は一代で急成長し、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いです。企業の成長を阻害するカリスマ社長の弊害を分かりやすく解説しています。
キャッシュフローを重視しない会社に成長なし
キャッシュフローを重視しない会社は成長しません。例えば、キャッシュフローを重視しないと黒字倒産することもあります。キャッシュフロー重視の経営を分かりやすく解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ