正しい会社の強みの見つけ方

会社の強みの見つけ方を誤ると衰退する

会社の強みの見つけ方を誤ると衰退する

 

会社の強みの見つけ方を誤ると会社は衰退の一途を辿ってしまいます。

 

なぜなら、「会社の強み」は企業の存続を保障する重要な要素だからです。

 

会社の強みの見つけ方は、徹底した差別化分析にあります。

 

大企業や競合他社の商品やサービスと比べて如何に差別化できているか、或いは、会社独自の商品やサービスを持っているか否かを徹底的に分析していくと、自ずと、自社の会社の強みが見つかります。

 

但し、会社の強みを見つける場合、注意しなければならないことがあります。

 

それは、会社がおかれている事業環境を正しく理解するということです。

 

例えば、中小企業が大企業と同じような安価で画一的に大量生産される商品やサービスと同じ土俵で勝負しようとしても、勝てる見込みはありません。

 

すでに競合他社が先行してる商品やサービスと同じレベルのもので勝負しようとしても、同様の結果です。

 

会社がおかれている事業環境を正しく理解しなければ、これという会社の強みを正確に見つけることは出来ないのです。

 

万が一、会社の強みを誤ってしまうと、冒頭で述べた通り、会社は衰退の一途を辿ってしまいます。

 

中小企業が市場に生き残るには、大企業や競合他社の商品やサービスと比べて明確な差別化ポイントがあり、その会社独自の強みを持っていなければなりません。

 

いい換えれば、会社の強みを持っていない中小企業は、市場で生き残ることが難しいということです。

 

 

中小企業が避けるべき会社の強みの見つけ方

 

会社の強みの対象は様々あります。

 

商品、サービス、人材、品質、技術、特許、小ロット体制、独自商圏、ネットワーク、、、など等。

 

このように、会社の強みには様々な対象がありますが、中小企業が会社の強みにしてはならないものが一つあります。

 

それは、「価格」です。

 

価格以外の分野で会社の強みを見つけなければ、何れ会社の経営が行き詰ります。

 

例えば、あなたの会社の強みはなんですか?

 

という問いかけに対して、

 

「安さだけならどこにも負けません」と、仰る中小企業の経営者が稀にいますが、価格しか競合他社に勝てる要素がないのであれば、長期的な会社経営は難しいです。

 

なぜなら、価格面では大手には絶対に勝てない上に、競合他社に安値をしかけられたら体力勝負(資金勝負)となり、不毛な消耗戦に突入してしまうからです。

 

体力勝負(資金勝負)に突入すると、如何に安い商品(もしくはサービス)を提供するかに集中しますので、材料やコスト、人件費は安価な方向に誘導されます。

 

自ずと提供する商品(もしくはサービス)の品質と共に、付加価値が低下します。

 

安価品に飛びつく需要があるうちはいいですが、品質事故や風評等で客離れを起こすリスクも抱えます。

 

一度客離れを起こし、需要が減少すると、収益が極端に減少し、会社存続が危ぶまれる事態にも繋がりかねません。

 

仮に会社が存続したとしても、会社の利益を度返しにした価格重視の経営を無理に進めると、経営者家族の生活費を切り詰める状況にまで行きつきます。

 

これでは、なんのために会社を経営しているのか分りません。

 

また、薄利多売となりますので、十分な利益水準を確保するのが困難です。

 

従って、成長投資や設備投資、修繕投資に使える資金が一向に増加せず、至るところが老朽化していきます。

 

何かの拍子に設備が故障して経営効率が落ちると、すぐに会社経営が行き詰ります。

 

中小企業にとって価格の強み(低価格路線)は、会社の強みになるどころか、会社の弱味にしかならないのです。

 

 

中小企業が目指すべき会社の強みの見つけ方

 

会社経営が一度悪循環に陥ると、負のスパイラルから抜け出すことは容易なことではありません。

 

下の図は、中小企業が避けるべき会社の強みの見つけ方を図解したものです。

 

 

ご覧の通り、これでは何れ会社の経営が行き詰ってしまいます。

 

当然ながら、長期的な会社経営も見込めません。

 

下の図は、中小企業が目指すべき会社の強みの見つけ方の一例です。

 

 

大企業や競合他社に負けない「品質」を作り上げる過程を図解したものです。

 

より良い工夫で品質が上がれば付加価値が増加します。

 

付加価値を認める需要が生まれれば、売上も収益も増加します。

 

利益に余裕ができますので、更に品質を上げるための投資を行うこともできます。

 

まさに経営の好循環、プラスのスパイラルです。

 

なお、より良い工夫とは、コストをかけることばかりではありません。

 

製法等を工夫して品質を維持しながらコストを下げられるのであれば、それも立派な工夫です。

 

この循環を守っている限り、会社は安定成長し、長期的に会社経営することが可能となります。

 

中小企業が目指すべき会社の強みは、価格以外の分野で見つけなければなりません。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「持続的成長が困難な会社の特徴」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

企業の持続的成長こそ経営者の仕事
経営者の最も大切な仕事は企業の持続的成長を成し遂げて会社経営を破たんさせないことです。持続的成長を実現するために欠かせない経営者の仕事を分かりやすく解説しています。
中小企業の事業承継の課題と三代目社長の宿命
中小企業の事業承継最大の課題は親子間の事業承継です。事業承継の課題と事業承継失敗率が高い三代目社長の特徴などを分かりやすく解説しています。
保身に走る組織の弊害と末路
保身に走る組織に明るい未来はありません。事実、組織の自己保身が原因で経営に失敗した会社は沢山あります。保身に走る組織を是正する有効な手段を紹介しています。
離職率の高い企業は将来性がない
離職率の高い企業に将来性はありません。なぜなら社員の能力を最大限に活用できなければ会社が衰退していくからです。業界別離職率と共に経営者が気を付けるべきポイントを解説しています。
後継者を育成しない中小企業の末路
会社経営は社長である経営者がいなければ成り立ちません。更に会社を引継ぐ後継者がいなければ会社はいとも簡単に終わってしまいます。中小企業を育成しない中小企業の末路を解説しています。
芸能人的な広告塔は企業成長を阻害する
会社の社長が芸能人的な著名人で、なお且つ、会社の広告塔である場合、企業成長が阻害される場合があります。広告塔で失敗しない経営の秘訣を分かりやすく解説しています。
経営の多角化に失敗する会社の末路
経営者が多角化に乗り出した結果、新規事業が失敗に終わるケースは少なくありません。経営の多角化の弊害と失敗の末路を分かりやすく解説しています。
経営努力なくして会社の成長なし
経営努力を継続しなければ会社が持続的成長を遂げることはありません。会社の成長は経営者が立ち止まった途端に止まってしまうのです。経営努力の重要性を分かりやすく解説しています。
ワンマン経営の弊害と末路
ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。傲慢で私欲にまみれたワンマン社長の行きつく先は「裸の王様」です。
流行に乗った商売は危険が多い
流行は博打的要素が強くマイナスの副作用が大きいです。もしも、会社が流行に乗った場合は気を引き締めて経営采配しなければなりません。流行に上手に対応する経営の秘訣を紹介しています。
カリスマ社長が会社の成長を阻害する
カリスマ社長の会社は一代で急成長し、二代目で業績が悪化し、三代目で倒産に傾くケースが多いです。企業の成長を阻害するカリスマ社長の弊害を分かりやすく解説しています。
キャッシュフローを重視しない会社に成長なし
キャッシュフローを重視しない会社は成長しません。例えば、キャッシュフローを重視しないと黒字倒産することもあります。キャッシュフロー重視の経営を分かりやすく解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ