逆境に強い会社を作る

中小企業の逆境を乗り越える経営戦略

中小企業の逆境を乗り越える経営戦略

 

会社経営を続けていると、必ず逆境がやってきます。

 

当然ながら、何も考えずに日々を過ごしていては、逆境がやってきたときに委縮してしまい、会社全体がパニックに陥ってしまいます。

 

逆境を乗り越えるために必要な経営戦略は山ほどあります。

 

逆境がやってきてから慌てて動いても手遅れです。

 

逆境を乗り越えるには有事に備えた準備が必要なのです。

 

 

逆境を乗り越える経営戦略とは?

 

中小企業の経営者が心掛けたい「逆境を乗り越える経営戦略」は沢山あります。

 

なかでも、リスク管理の面からも強化しておきたい、「収益体質」、「販売市場」、「現金水準」、「人員体制」、「経営者の意識」の5つの分野について、具体的な経営戦略を紹介します。

 

 

逆境を乗り越えるために「利益水準を高める」

 

利益水準が高い会社は逆境に強いです。

 

例えば、何らかの突発的な外的要因で売上が激減したとしても、利益水準が高ければ、逆境を乗り越える経営改革を果たすための時間稼ぎができます。

 

目標としたい利益水準は、売上総利益高営業利益率20%です。例えば、売上総利益が100円であれば、営業利益20円が、売上総利益高営業利益率20%の水準となります。

 

逆境を乗り越えてしまえば、会社経営を続ける事ができます。元通りになるのは時間の問題です。

 

 

逆境を乗り越えるために「ニッチの独占市場を確立する」

 

ニッチの独占市場を確立している会社は逆境に強いです。

 

例えば、経済不況等で市場が縮小する場合、ニッチ市場だけは縮小の影響が小さく済む傾向が強いです。

 

また、ニッチの独占市場は、高い収益性が得られますので、自ずと利益水準が高まります。

 

先に示した通り、利益水準が高い会社は逆境に強いです。従って、ニッチの独占市場を確立している会社は、市場の強さと共に、利益面でも優位な立場にいるということになります。

 

 

逆境を乗り越えるために「現金残高を増やす」

 

現金残高が多い会社は逆境に強いです。

 

例えば、何らかの突発的な外的要因で売上が激減したとしても、現金残高に余裕があり1年間持ちこたえることができれば、逆境を乗り切るための経営改革を果たすことができます。

 

逆境を乗り越えてしまえば、会社経営を続ける事ができます。元通りになるのは時間の問題です。

 

有事に備えた余剰現金残高は、売上が20%減少しても1年間耐えうる水準が望ましいです。計算式は、「年間売上×売上総利益率×20%」で算定することができます。

 

例えば、年間売上が3億円で売上総利益率が50%であれば、3億×50%×20%=3,000万円となります。まさかの資金として3,000万円を預金しておくと、逆境に備えることができます。

 

逆境に陥ってから現金を用意するのは困難を伴います。日ごろの心がけが大切です。

 

 

逆境を乗り越えるために「余剰人員を少なくする」

 

余剰人員が少ない会社は逆境に強いです。

 

例えば、年間の売上のピークが増減するような会社で、売上が一番多くなるピーク時に合わせた人員体制をとっている会社があります。

 

このような会社は、売上が下がり始めると、人員が溢れ出し、労働効率の低下と共に、会社の収益も低下していきます。

 

また、余剰人員が多い会社は逆境の時に人員整理が追い付かず、収益悪化を食い止めるのに時間がかかります。

 

年間通して売上のピークが増減するような会社は、最も売上が下がるピーク時に合わせた人員体制をとり、売上が上がるピーク時は臨時の人員体制(アルバイト・短期パート)で乗り切る工夫が望ましいです。

 

 

逆境を乗り越えるために「ピンチをチャンスと捉える」

 

ピンチをチャンスと捉える経営者がいる会社は逆境に強いです。

 

ピンチをチャンスと捉える意識は、逆境を乗り越える最大の秘訣といっても過言ではありません。

 

優れた経営革新、技術革新、新商品、新発明、等々、著しく会社を成長させる原動力はピンチから生まれます。

 

産みの苦しみではありませんが、大きなピンチほど会社に大きなプレッシャーを与えます。大きなプレッシャーの反動で生み出される成果は、会社の成長に大きく貢献することが多いです。

 

ピンチに委縮するような経営者の下では、逆境を乗り切ることも、大きな成果を挙げることもできません。

 

ピンチはチャンスと捉える意識が大切です。

 

意識は行動を変えます。

 

行動は未来を変えます。

 

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

品質重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法
高品質=高価,低品質=安価というように、「品質」は商品やサービスの「価格」を決定づける重要な要素です。従って、品質重視の経営戦略は中小企業の収益を向上させる優れた戦略といえます。
売上アップの施策|本業集中の経営戦略
売上アップの施策の代表例は、新商品や新規市場の開拓等が挙げられますが、新しい事業には失敗リスクが付きまといます。失敗リスクを抑えつつ、売上をアップさせるための施策を紹介してます。
ニッチ戦略でニッチ市場を創出し収益力を高める方法
ニッチ戦略とは、ニッチ市場の構築・保有を最優先とする経営戦略のことです。競争の少ないニッチ市場の構築・保有は、会社の安定経営を実現する一番の近道です。ニッチ戦略の方法論を紹介しています。
経営と投資|会社経営を支える投資戦略の考え方
経営と投資は一心同体です。なぜなら、会社の投資活動が、会社の成長の原動力となるからです。会社経営に必須の投資戦略、並びに経営者が持つべき投資基準を紹介しています。
利益重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法
収益力を上げるには売上の多寡よりも利益の多寡を優先すべきです。なぜ、利益の多寡を優先するのかというと、会社の利益が成長投資の原資となるからです。利益重視の経営戦略は中小企業の収益力を向上させる優れた戦略です。
中小企業に適したファブレス経営戦略
ファブレスとは自社で生産設備を持たずに外部の協力工場に100%生産委託しているメーカーのことです。ファブレス経営は、資本力のない中小企業に適した経営戦略といえます。
中小企業の売上拡大を図る経営戦略
売上を拡大するためには4P(product/price/place/promotion)と4C(Customer value/Cost/Convenience/Communication)のニーズが合致していなければなりません。売上拡大のために中小企業がとるべき4P&4C戦略要素の具体例を紹介しています。
中小企業の利益拡大を図る経営戦略
中小企業が利益を拡大するには徹底的に損失(赤字)を排除することが大切です。損失(赤字)を排除するためには、事業収支を細分化し各事業の損益を明確に捉えなければなりません。利益拡大の戦略と共に損失を排除する具体的手法を紹介しています。
中小企業の補助金と助成金の活用戦略
中小企業の資金調達の手段のひとつに国や地方自治体からの補助金と助成金があります。返済義務のない補助金と助成金は、中小企業にとって最も負担の少ない資金調達戦略といえます。
中小企業が独占市場を拡大する経営戦略
中小企業が独占市場を拡大するためには市場に提供している事業価値を減少させないことが大切です。そのうえで、事業価値を高めながら、或いは事業価値をキープしながら、市場の拡大を目指すことが重要なポイントとなります。
中小企業の人材育成を成功させる戦略
最も効果的で費用対効果の高い人材育成の経営戦略は、社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築することです。社員の行動に対して会社全体がサポートする体制が構築されると収益効果が高まると同時に社員の活動の質もみるみる向上します。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1
失敗には法則があります。失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2
失敗には法則があります。失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その3
失敗には法則があります。失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
中小企業に適した営業戦略の立て方
営業戦略の立て方を誤ると貴重な営業力が無駄に終わってしまうことがあります。中小企業に適した営業戦略を立てるには、まず初めに、会社の将来像を決めるゴールを設定することが大切です。会社の将来像を決めるのは会社の経営理念です。
中小企業のブランディング/基本戦略
中小企業のブランディングを成功させるには基本の戦略を理解することが大切です。最も重要な基本戦略は、徹底した大企業との差別化です。差別化の中でも、伝える内容と伝える相手は最も重要なポイントとなります。
ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う
ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う優れた経営戦略です。ブルー・オーシャン戦略とは競争のない市場を創出し、競争自体を無意味化する経営手法のことです。会社の商品やサービスに強みを持つ中小企業であれば、チャレンジの価値は十分にあります。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ