逆境を乗り越える強い会社の作り方

逆境を乗り越える中小企業の経営戦略

中小企業の逆境を乗り越える経営戦略

 

会社経営を続けていると、必ず逆境がやってきます。

 

経営資源や資本力に乏しい中小企業であればなおさらです。

 

当然ながら、経営者が何も考えずに日々を過ごしていては、逆境がやってきたときに委縮してしまい、会社全体がパニックに陥ってしまいます。

 

逆境を乗り越えるために必要な経営戦略は山ほどあります。

 

逆境がやってきてから慌てて動いても手遅れです。逆境を乗り越えるには有事に備えた準備が必要なのです。

 

それでは一体、中小企業が逆境を乗り越えるために経営戦略とはどのようなものなのでしょうか?

 

中小企業経営者が理解すべき逆境を乗り越える経営戦略の一例を解説していきます。

 

 

逆境を乗り越える経営戦略とは?

 

中小企業の経営者が心掛けたい「逆境を乗り越える経営戦略」は沢山あります。

 

なかでも、リスク管理の面からも強化しておきたい、「収益体質」、「販売市場」、「現金水準」、「人員体制」、「経営者の意識」の5つの分野について、具体的な経営戦略を紹介します。

 

 

逆境を乗り越えるために「利益水準を高める」

 

利益水準が高い中小企業は逆境に強いです。

 

例えば、何らかの突発的な外的要因で売上が激減したとしても、利益水準が高ければ、逆境を乗り越える経営改革を果たすための時間稼ぎができます。

 

目標としたい利益水準は、売上総利益高営業利益率20%です。例えば、売上総利益が100円であれば、営業利益20円が、売上総利益高営業利益率20%の水準となります。

 

逆境を乗り越えてしまえば、会社経営を続ける事ができます。元通りになるのは時間の問題です。

 

 

逆境を乗り越えるために「ニッチの独占市場を確立する」

 

ニッチの独占市場を確立している中小企業は逆境に強いです。

 

例えば、経済不況等で市場が縮小する場合、ニッチ市場だけは縮小の影響が小さく済む傾向が強いです。

 

また、ニッチの独占市場は、高い収益性が得られますので、自ずと利益水準が高まります。

 

先に示した通り、利益水準が高い会社は逆境に強いです。従って、ニッチの独占市場を確立している会社は、市場の強さと共に、利益面でも優位な立場にいるということになります。

 

 

逆境を乗り越えるために「現金残高を増やす」

 

現金残高が多い中小企業は逆境に強いです。

 

例えば、何らかの突発的な外的要因で売上が激減したとしても、現金残高に余裕があり1年間持ちこたえることができれば、逆境を乗り切るための経営改革を果たすことができます。

 

逆境を乗り越えてしまえば、会社経営を続ける事ができます。元通りになるのは時間の問題です。

 

有事に備えた余剰現金残高は、売上が20%減少しても1年間耐えうる水準が望ましいです。計算式は、「年間売上×売上総利益率×20%」で算定することができます。

 

例えば、年間売上が3億円で売上総利益率が50%であれば、3億×50%×20%=3,000万円となります。まさかの資金として3,000万円を預金しておくと、逆境に備えることができます。

 

逆境に陥ってから現金を用意するのは困難を伴います。日ごろの心がけが大切です。

 

 

逆境を乗り越えるために「余剰人員を少なくする」

 

余剰人員が少ない中小企業は逆境に強いです。

 

例えば、年間の売上のピークが増減するような会社で、売上が一番多くなるピーク時に合わせた人員体制をとっている会社があります。

 

このような会社は、売上が下がり始めると、人員が溢れ出し、労働効率の低下と共に、会社の収益も低下していきます。

 

また、余剰人員が多い会社は逆境の時に人員整理が追い付かず、収益悪化を食い止めるのに時間がかかります。

 

年間通して売上のピークが増減するような会社は、最も売上が下がるピーク時に合わせた人員体制をとり、売上が上がるピーク時は臨時の人員体制(アルバイト・短期パート)で乗り切る工夫が望ましいです。

 

 

逆境を乗り越えるために「ピンチをチャンスと捉える」

 

ピンチをチャンスと捉える経営者がいる中小企業は逆境に強いです。

 

ピンチをチャンスと捉える意識は、逆境を乗り越える最大の秘訣といっても過言ではありません。

 

優れた経営革新、技術革新、新商品、新発明、等々、著しく会社を成長させる原動力はピンチから生まれます。

 

産みの苦しみではありませんが、大きなピンチほど会社に大きなプレッシャーを与えます。大きなプレッシャーの反動で生み出される成果は、会社の成長に大きく貢献することが多いです。

 

ピンチに委縮するような経営者の下では、逆境を乗り切ることも、大きな成果を挙げることもできません。

 

ピンチはチャンスと捉える意識が大切です。

 

意識は行動を変えます。

 

行動は未来を変えます。

 

 

➡NEXT「中小企業に適した営業戦略の立て方」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ