中小企業の品質重視戦略

品質重視の経営戦略で企業の収益力を上げる

品質重視の経営戦略で企業の収益力を上げる

 

品質重視の経営戦略は中小企業の収益力をグッと上げます。

 

なぜなら、「品質」は、企業が提供する商品やサービスの価値を計る重要な基準になるからです。

 

例えば、高品質=高価、低品質=安価というように、「品質」は、商品やサービスの「価格」を決定づける重要な要素を持っています。

 

商品やサービスの価格の高低は、そのモノの価値の高低を決定しますので、商品やサービスの「品質」は、中小企業の収益力を決定づける重要な要素といっても過言ではありません。

 

品質重視の経営戦略を展開し、競合他社よりも優位な価格帯で安定した需要を確保することができれば、会社の収益力は自ずと高まっていきます。

 

当然ながら、会社の収益力が高まれば、自ずと、市場競争力も高まります。

 

つまり、中小企業にとって、商品やサービスの価値(価格)を高める品質重視の経営戦略は、大変に効果的な戦略のひとつなのです。

 

 

品質重視の経営戦略とは?

 

中小企業が品質重視の経営戦略を効果的に推し進めるには、優先すべき判断基準を「品質」に置かなければなりません。

 

中小企業がとるべき品質重視の経営戦略サイクルは下図の通りです。

 

 

高品質を目指して付加価値の増加を追求し、巡り巡って企業の収益力が上がっていくというサイクルが、品質重視の戦略サイクルの仕組みです。

 

品質重視の経営戦略最大のメリットは、会社の強み(付加価値)がどんどん増強されていき、会社のオンリーワン要素が色濃くなることです。

 

品質重視の経営戦略は、限られた経営資源、乏しい資本力で市場競争を勝ち抜いていかなければならない中小企業にとって、最適の経営戦略といっても過言ではありません。

 

品質重視の戦略サイクルの重要ポイントを補足解説していきます。

 

より良い工夫

より良い工夫は付加価値増加のお源泉になります。顧客満足度の高いサービス追求、高品質の材料調達・製法改善、パッケージやデザインの高級化、革新的な用途開発、等々、品質向上のための工夫は沢山あります。常により良い品質を目指すという意識を持ち続ければ、自ずと様々な工夫やアイデアが浮かんできます。

 

付加価値増加

付加価値が増加すれば高品質を求める顧客層が増加します。また、商品やサービスの値上げの選択肢も生まれます。品質向上のための工夫やアイデアを、どの程度価格に転嫁できるかを見極めた上で適正な値上げを実行することができれば、会社の収益は更に拡大します。

 

需要増加・需要安定

高品質化、高価格化が進めば進むほど、競争力が磨かれて、競合他社に対して圧倒的な差をつけることができます。競争力が高まれば市場占有率や市場の拡大効果が生まれますので、自然と需要が増加し、益々需要が安定していきます。

 

 

値上げも品質重視の経営戦略になる!!

 

中小企業の場合、高品質にも関わらず価格設定に失敗している企業が少なくありません。

 

自社商品の品質レベルをチェックするためには、商品やサービスの付加価値ポイントを書き出してみるのが一番です。そのうえで、自社と競合他社の商品やサービスの付加価値を比較すると、価格設定が適正か否か判断できるようになります。

 

もしも、競合他社よりも付加価値が高いのであれば、値上げを検討するのも一つの選択です。

 

 

品質軽視の経営戦略は経営の足かせになる!?

 

品質重視とは対極にある品質軽視、いわゆる低品質・低価格化を進めると、どのような弊害があるのでしょうか?

 

品質軽視の経営戦略サイクルは下図の通りです。

 

 

ご覧の通り、より安い方向に価格を追求していくと、品質は低下する一方となります。品質が低下すれば付加価値も減少していきます。

 

薄利多売(※1)の水準まで価格が低下してしまうと、少しの需要減少で経営が不安定になってしまいます。また、薄利多売の市場は、大手がひしめいていますので長期的に競争を勝ち抜くのが困難となり、倒産のリスクが付きまといます。

 

更に、一度、品質軽視の経営戦略に傾いてしまうと、品質重視の経営戦略に戻すことが困難となります。

 

成長発展の望みのない品質軽視の経営戦略は、中小企業が目指してはならない戦略なのです。

 

 

品質重視の経営戦略は組織にも好影響を及ぼす!!

 

品質重視の経営戦略は、会社の組織にも好影響を及ぼします。

 

例えば、5S(※2)が徹底される、お客様対応が向上する、報連相等の体制が向上するなど等、様々な面において会社の組織力が向上し、結果として、会社の業績を押し上げる二次的な効果が生まれます。

 

一方、低価格・低品質の品質軽視の経営戦略を推進する会社では、全ての面において反対のマイナス効果が表れ易く、会社の組織力が低下し、業績を押し下げるリスクが高まります。

 

※1 薄利多売とは、利益の少ない商品を大量に販売して会社の適正利益を確保する販売手法です。

 

※2 5Sとは「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の5つの頭文字(S)をとったものです。組織をあげて活動することを5S活動といいます。

 

➡NEXT「売上アップを実現する深堀り戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ