中小企業の安定経営はニッチ市場の構築にある

ニッチ戦略で企業の収益力を高める方法

ニッチ戦略で企業の収益力を高める方法

 

ニッチ戦略は中小企業の収益力をグッと高める優れた経営戦略である。

 

ニッチ戦略とは、ニッチ市場の構築と保有を最優先とする経営戦略のことである。

 

競争の少ないニッチ市場の構築は、中小企業の安定経営を実現する一番の近道といっても過言ではない。

 

なぜなら、競争の少ないニッチ市場を保有することができれば、他社よりも優位な価格戦略で勝負することができるからだ。

 

他社よりも優位な価格戦略で販売展開できれば、収益面においても優位に立つことができる。

 

当然ながら、高い収益が確保できれば、会社の成長投資はますます加速する。

 

投資→成長→利益拡大のサイクルが回り始めると、会社経営は益々安定していく。

 

従って、ニッチ市場の構築と保有を目指すニッチ戦略は、中小企業の競争力と収益力を高める優れた経営戦略といえる。

 

それでは、競争の少ないニッチ市場を構築し、保有するには、どのようなニッチ戦略を展開すればよいだろうか?

 

ニッチ戦略の展開法と戦略メリットを更に詳しく解説していきたい。

 

 

ニッチ戦略の成功アプローチとは?

 

先の述べた通り、ニッチ戦略は、十分な資本力がない中小企業にとって最も適した戦略といえる。なぜなら、ニッチ市場は安定した売上と多くの利益を会社にもたらすからだ。

 

中小企業が強固な収益力を確保し、厳しい市場競争を生き残るにはニッチ市場が不可欠といっても過言ではない。

 

とはいっても、ニッチ戦略の展開は簡単ではない。

 

例えば、ニッチ市場の構築アプローチを誤ると、ニッチ市場が構築できないばかりか、せっかく投じた経営資源(資金や労力)がすべて無駄になることもあり得る。

 

ニッチ戦略を誤らないためには、ニッチ市場を構築するための戦略ロジックと共に、失敗リスクがどこにあるのかをしっかり理解しなければならない。

 

下の図は、ニッチ市場の構築を検討する際に活用する戦略マトリックスである。

 

 

ニッチ戦略を展開するエリアは下記の通りである。

参入障壁が高い×市場規模が小さい

 

「参入障壁が高く、市場規模が小さい」エリアは、専門性の高い技術やノウハウがなければ市場に参加できない分野である。

 

この分野をニッチ市場という。

 

市場規模は小さいが、参入障壁が高いので、ニッチ市場の参入に成功すれば独占市場を形成することができる。独占市場が形成できれば、価格面、情報面等々、あらゆる面で競合他社に比べて優位に立てるので、高い収益が得られやすい環境が整う。

 

事業の高収益化は、ニッチ市場の最大のメリットともいえる。

 

中小企業の場合、ニッチ市場を如何に多く保有するかが安定経営の要点になる。従って、ニッチ市場は、中小企業が積極的に参加したい分野でもある。

 

なお、ニッチ市場を保有している中小企業が、下手に市場規模の拡大を目指すと、圧倒的資本力で大企業に吸収されるリスクが高まる。

 

市場の拡大意欲は程々にして、身の丈に合った強固なニッチ市場を保有し続けることが、安定経営の秘訣である。

 

また、下記注釈のようなニッチ以外の市場分野で、ニッチ戦略を展開しないことも成功の秘訣である。

 

※1「参入障壁が低い×市場が小さい」は、参入障壁が低く、市場規模が小さい、比較的に簡単に市場に参加できる分野である。誰でも市場参入できるが、市場規模が小さくリターンが少ない。専門性が低く、市場規模も小さいので、中小企業が最も手を出してはいけない分野である。

 

※2「参入障壁が低い×市場が大きい」は、参入障壁が低いが、市場規模が大きい、市場分野である。市場は大きいが、参入障壁が低いので市場競争が激化しやすい。中小企業は、なるべく手を出さない方が良い分野である。

 

※3「参入障壁が高い×市場が大きい」は、参入障壁が高く、市場規模が大きい、市場分野である。大企業の市場分野なので一朝一夕には参入できない。中小企業が目指しても、成功の確率が低い分野でもある。

 

 

ニッチ戦略の成功に欠かせない要素とは?

 

ニッチ戦略の成功に欠かせない要素がある。

 

それは、高い参入障壁を乗り越えるための独自の経営ノウハウや技術ノウハウである。

 

独自ノウハウを蓄積するには、継続した経営改善が欠かせない。

 

業績改善、商品改善、サービス改善、など等、継続した経営改善は、いつしか優れたアイデア(会社の強み)を生み出すものだ。

 

なお、経営改善のアプローチには、次のような方法がある。

 

☑業績からアプローチする方法

 

☑顧客の要望からアプローチする方法

 

☑競合他社商品からアプローチする方法

 

ひたむきに経営改善に取り組み、ニッチ市場の高い参入障壁を乗り越えるための独自ノウハウを蓄積していくことがニッチ戦略成功の秘訣である。

 

なお、ひたむきな経営改善によって蓄積された独自ノウハウは、時間の経過と共に強固なものに変わっていく。

 

例えば、1日で築き上げた独自ノウハウと、100日で築き上げた独自ノウハウでは、参入障壁に圧倒的な差を生み出す。

 

ニッチ戦略の成功は、経営改善次第といっても過言ではない。

 

➡NEXT「会社経営を支える投資戦略の考え方」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談