人材育成のカギは経営者が握っている

人材育成を成功させる中小企業の戦略

中小企業の人材育成を成功させる戦略

 

人材育成を成功させる中小企業の戦略とは、経営者が社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築する人事戦略のことです。

 

企業の業績を上げるために、会社の経営理念や方針に則り、営業、製造、開発等々、会社のあらゆる現場で手足を動かし会社の事業活動を推進しているのは社員です。

 

社員の活動がなければ、業績が上がることはなく、事業は成立しません。

 

また、経営計画、実績検証、計画改善計画の策定等々、あらゆる立派な経営政策や采配があったとしても、活動が伴わなければ絵に描いた餅で、何も生み出すことはありません。

 

経営者の政策や采配が如何に立派でも、社員の活動が伴なわないと、事業の実績はついてこないのです。

 

当然ながら、社員の活動の質が優れていれば、実績(業績)は自ずと上向きますが、社員の活動の質が劣っていると、実績(業績)は自ずと悪化してしまいます。

 

日頃から社員の活動の質を上げるために人材育成に頭を悩ます中小企業経営者は少なくありませんが、経営者が社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築する人材育成を成功させる人事戦略を展開すると、社員の活動の質はみるみる上がっていきます。

 

 

社員の活動の質を上げる有効な人材育成はあるのか?

 

中小企業にとって社員の人材育成は、会社の成長を支える重要な取組みです。

 

冒頭で述べた通り、人材育成の結果、社員の活動の質が高まれば、会社の業績がグングン伸びるからです。

 

一般的な会社の人材育成は、勉強会やセミナーの機会、或いは教育教材などを社員に与え、社員の能力開発を行いますが、多くの教育は、効果に即効性がありません。

 

教える立場の人間に必要なのは「あきらめのわるさ」というように、そもそも教育とは、結果が出なくても、根気強く教育し続けるところに本質があります。

 

そう考えると、営利目的で事業活動している会社にとって、人材育成ほど非効率な投資はありません。

 

過去に再建に関わった中小企業での話です。

 

その会社は、売上の10%を人材育成費用として循環投資していました。

 

教育内容は経営者が良いと思った教材、セミナー、勉強会等々、様々でしたが、全て、経営者の主観で教育方針と内容を決定し、一方的に社員に押し付けているものばかりでした。

 

 

経営者は、人材育成に力を注いでいるという強い自負心を持っていましたが、多くの社員は一方的な社員教育に疲弊しており、教育効果は業績にも表れていませんでした。

 

売上は下がる一方でしたし、問題社員の言動も是正されていませんでした。

 

再建開始時に、一番初めに手を付けたのは、人材育成費用の削減だったのは言うまでもありません。

 

それでは一体、中小企業の社員の活動の質を高める人材育成の戦略とは、どのようなものなのでしょうか?

 

 

費用対効果の高い人材育成戦略とは?

 

中小企業の社員の活動の質を高めるうえで、最も効果的で費用対効果の高い人材育成の戦略は、経営者が社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築することです。

 

事業活動は、経営計画(Plan)、行動(Do)、実績検証(Check)、計画改善立案(Action)のPDCAサイクルで回っています。

 

そして、PDCAサイクルは、会社の階層に応じて、役割分担が決まっています。会社の階層は、戦略を担う経営者、戦術を担う経営幹部、戦闘を担う社員と、3つの階層に分かれています。

 

社員が担うのは、PDCAサイクルの「活動部分(Do)」です。

 

階層毎の役割を整理すると下表の通りとなります。

階層

経営計画

(Plan)

行動

(Do)

実績検証

(Check)

計画改善立案

(Action)

経営者・経営幹部

 

社員

 

 

 

 

このように、P・C・Aの役割は経営者と経営幹部が担っており、Dの役割は社員が担っています。

 

社員の行動(D)の中には、社員なりのPDCAサイクルが存在していますが、社員の行動(D)に対して、経営者の関与(PCA)が薄ければ、PDCAサイクルの収益効果は弱くなります。

 

一方、社員の行動(D)に対して、経営者がPCAの役割で積極的にサポートし、PDCAサイクルを経営者と社員の協業で推進することができれば、収益効果は高まります。

 

 

社員の行動(D)に対して、会社全体がサポートする体制が構築されると、収益効果が高まるだけではありません。

 

社員の活動の質もみるみる向上します。

 

つまり、会社の収益が向上すると共に、社員の人材育成効果も得られるのです。

 

下の図は、人材の成長と会社の成長を図解したものです。

 

 

多くの中小企業は、社員の行動に対して十分なサポート体制が構築されておらず、社員の力が十分に活用されていません。

 

また、教育の本質を理解せずに、費用対効果の低い人材育成戦略を推進している中小企業も多く見受けられます。

 

資本力ない中小企業は、工夫と創造で人材を育成する意識が大切です。そして、基本に忠実に、経営者が徹底して社員をサポートすることが費用対効果の高い人材育成を成功させる秘訣です。

 

➡NEXT「失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ