中小企業の利益重視戦略

利益重視の経営戦略で企業の収益力を上げる

利益重視の経営戦略で企業の収益力を上げる

 

利益重視の経営戦略は中小企業の収益力を上げる有効な戦略です。

 

中小企業が収益力を上げるためには、迷わず利益重視の経営戦略を展開しなければなりません。

 

例えば、売上100円で利益が10円の商品と、売上50円で利益が20円の商品があれば、迷うことなく後者の商品を選択すべきです。

 

売上は半減しますが、利益は2倍となります。

 

収益力を高めたいのであれば、売上の多寡よりも、利益の多寡を優先することが大切です。

 

なぜなら、会社の利益が会社の成長投資の原資となるからです。

 

利益重視の経営戦略は、中小企業の成長投資を加速させると同時に収益力を向上させる優れた戦略なのです。

 

 

利益重視の経営戦略は成長発展を後押しする

 

会社の投資活動は、会社の規模と収益力を伸ばす重要な活動です。

 

従って、経営者は常に売上ではなく、投資の原資となる「利益」を経営判断の基準にすべきです。

 

会社に十分な利益がなければ成長投資が停滞します。投資が停滞し、会社の成長も停滞すると、収支がマイナスとなり赤字経営に陥るリスクが高まります。

 

赤字経営を未然に防ぐためには、日頃から十分な利益体質を構築することが大切なのです。

 

中小企業の利益重視の経営戦略を支える経営指標をひとつ紹介します。

 

それは、会社の利益体質を表わす「企業の果実」です。

 

 

利益重視の戦略を支える「企業の果実」とは?

 

「企業の果実」は会社の利益体質を表わす経営指標です。

 

企業の事業活動の成果である「企業の果実」は、「売上」と「利益率」の両面から測定することができます。

 

例えば、下図のように、縦軸に売上、横軸に利益率を当てはめることで、現状の利益体質を視覚的且つ明確に把握することができます。

 

 

縦軸の「売上」は市場規模の大きさ、横軸の「営業利益率」は、収益性の高さを表します。

 

そして、売上と営業利益率を掛け合わせた「企業の果実」は、競争力を示します。

 

つまり、企業の果実の縮小は競争力の低下を示し、企業の果実の拡大は競争力の向上を示すのです。

 

「企業の果実」は、売上一辺倒に歯止めをかける効果がありますので、利益重視の経営戦略を展開するうえで大変有効に活用できる経営指標です。

 

じつは、中小企業においては、売上重視よりも、利益重視の経営戦略を展開した方が、短期間で安定経営を実現できます。

 

なぜなら、売上増加は一朝一夕では達成できませんが、利益率の改善は、様々な工夫と創意で比較的短期間で実現することができるからです。

 

また、売上増加は一時的な増収に終わり効果が長続きしませんが、利益率の改善は会社全体に亘って増収効果が長期間持続することが多いです。

 

なお、営業利益率を改善するためには、商品やサービスの付加価値を高めることが重要です。独自の技術や経営ノウハウを蓄積し、付加価値を高めることができれば自ずと営業利益率は高まります。

 

 

利益を重視しない経営戦略を展開するとどうなるのか?

 

中小企業の会社経営で「利益」を重要視せずに、「売上」の多寡のみで経営判断を行っていくと倒産のリスクが高まります。

 

例えば、売上至上主義の中小企業経営者によくみられる代表的な思考ですが、「今月は先月よりも売上が多かった」 → 「ゆえに会社の経営状況が良好である」、、、このような思考では、売上の増減に一喜一憂するばかりで、肝心の利益の増減まで意識が届きません。

 

売上が増加している一方で、利益が減少し、赤字額が拡大していることはよくあることです。

 

また、「利益」に注目する場合は、金額だけでなく、利益率にも注目する必要があります。

 

なぜなら、利益率の低下には、様々な負の要因を知らせてくれるシグナルが含まれているからです。

 

例えば、利益率が低下傾向にある場合、価格競争に巻き込まれている、既存顧客が競合他社に流出している、経費や原価が増加している、等々、会社の収益力が低下する重大な経営問題を抱えている可能性が高いということが分かります。

 

➡NEXT「中小企業に適したファブレス経営戦略」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ