ファブレス戦略は成長スピードを速める

中小企業に適したファブレス経営戦略

中小企業に適したファブレス経営戦略

 

ファブレスとは、自社で生産設備を持たずに、外部の協力工場に100%生産委託しているメーカーのことです。

 

ファブレス経営は、自らは商品の設計やマーケティング、販売などに特化し、生産を外部の工場に委託することにより、小規模なメーカーでも製造設備の資産や人員を保有することなく、自由に製品を生産できる経営形態を可能にします。

 

なかには、販売なども外部に委託し、設計のみを行う企業など、さらに事業特化したファブレス企業もあります。

 

ファブレス経営は、生産設備や製造人員を抱える必要がありませんので、生産に関わる経費や投資費用を負担することなく新商品を投入することができます。

 

従って、資本力のない中小企業に適した経営戦略といえます。

 

また、事業サイクルのスピードと共に、会社の成長を加速させる利点がありますので、マーケティングに成功して独自市場を築くことができれば、高収益のビジネスモデルが実現できます。

 

ファブレス経営で成功した世界的企業もあります。

 

代表例は、アップルとナイキです。

 

アップル

1974年創業。アップル(Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する世界的企業です。

 

ナイキ

1968年設立。ナイキ(Nike Inc.)は、アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業です。

 

 

 

ファブレス経営戦略を展開するうえで注意すべき点とは?

 

ファブレス経営を展開するうえで気を付けたいポイントが2つあります。

 

それは、「生産工場の選定」と「独自市場の創出」です。

 

 

ファブレス経営の注意点/生産工場の選定

 

現在、ファブレス企業に対応している生産企業は数多くあります。どの分野、どの地域であってもニーズに耐えうる環境にあります。

 

しかしながら、生産工場ならどこでも良いというわけではありません。やはり、生産工場を選定するうえで注意すべき点がいくつかあります。

 

一番気を付けたい点は、工場側が独自の販売網(市場)を保有していないことです。

 

アップルやナイキのようにブランド力が備わっている企業であれば別ですが、多くのファブレス企業はブランド力が弱い段階で、生産を委託するケースが多いです。

 

生産委託するということは、当方の商品設計やコンセプト等のノウハウが全て生産工場に流出するということです。生産工場自身に販売網があり、ノウハウを模倣された商品を生産・販売されてしまっては元も子もありません。

 

委託先と秘密保持契約を締結していたとしても契約の抜け穴は必ずあるものです。実際に、契約書が抑止力にならないケースが多く見受けられます。

 

有名ブランドの模倣品流通の多くはノウハウの流出が原因です。

 

生産工場を選定する際は、生産に特化している企業が望ましいです。

 

 

ファブレス経営の注意点/独自市場の創出

 

生産を委託するということは、誰でも同じ商品が作れるということです。従って、独自市場を創出しない限り、販売拡大の可能性が著しく低下してしまいます。

 

例えば、生産委託でAという商品を発売した直後に、他社が類似品Bという商品を発売し、顧客がAからBに流れてしまったら、Aの商品は売れなくなり終売せざる得なくなります。

 

また、生産委託する場合、ある程度の数量を生産しなければなりません。生産した商品を一定期間で販売することができなければ、廃棄ロスが生じてしまい会社の収益を圧迫する要因になってしまいます。

 

従って、「類似品が投入されても顧客が流出しない市場」、且つ、「ある程度の数量が消化できる市場」を独自に保有していないと成功しません。

 

独自市場の大きさとブランド力は比例します。

 

つまり、如何に強いブランド力を形成できるかが独自市場形成のポイントとなります。

 

市場に受け入れられる商品を生み出し、新しい顧客を創出する限り、市場規模は無限に広がります。

 

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「中小企業がとるべき経営戦略」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

品質重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法
高品質=高価,低品質=安価というように、「品質」は商品やサービスの「価格」を決定づける重要な要素です。従って、品質重視の経営戦略は中小企業の収益を向上させる優れた戦略といえます。
売上アップの施策|本業集中の経営戦略
売上アップの施策の代表例は、新商品や新規市場の開拓等が挙げられますが、新しい事業には失敗リスクが付きまといます。失敗リスクを抑えつつ、売上をアップさせるための施策を紹介してます。
ニッチ戦略でニッチ市場を創出し収益力を高める方法
ニッチ戦略とは、ニッチ市場の構築・保有を最優先とする経営戦略のことです。競争の少ないニッチ市場の構築・保有は、会社の安定経営を実現する一番の近道です。ニッチ戦略の方法論を紹介しています。
会社経営を支える投資戦略の考え方
経営と投資は一心同体です。なぜなら、会社の投資活動が、会社の成長の原動力となるからです。会社経営に必須の投資戦略、並びに経営者が持つべき投資基準を紹介しています。
利益重視の経営戦略で会社の収益を上げる方法
収益力を上げるには売上の多寡よりも利益の多寡を優先すべきです。なぜ、利益の多寡を優先するのかというと、会社の利益が成長投資の原資となるからです。利益重視の経営戦略は中小企業の収益力を向上させる優れた戦略です。
中小企業の売上拡大を図る経営戦略
売上を拡大するためには4P(製品・価格・流通・販促)と4C(価値・コスト・利便性・コミュケーション)のニーズが合致していなければなりません。中小企業がとるべき4P&4C戦略要素の具体例を紹介しています。
中小企業の利益拡大を図る経営戦略
中小企業が利益を拡大するには徹底的に損失(赤字)を排除することが大切です。損失を排除するためには、事業収支を細分化し各事業の損益を明確に捉えなければなりません。利益拡大の戦略の具体的手法を紹介しています。
中小企業の補助金と助成金の活用戦略
中小企業の資金調達の手段のひとつに国や地方自治体からの補助金と助成金があります。返済義務のない補助金と助成金は、中小企業にとって最も負担の少ない資金調達戦略といえます。
中小企業が独占市場を拡大する経営戦略
中小企業が独占市場を拡大するためには市場に提供している事業価値を減少させないことが大切です。独占市場の拡大戦略を具体例を交えながら解説しています。
人材育成を成功させる中小企業の戦略
最も費用対効果が高い人材育成の戦略は経営者が社員の活動を徹底的にサポートする体制を構築することです。人材育成成功のカギは経営者が握っているのです。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1
失敗には法則があります。そして、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家・宮本武蔵は、勝負に勝つ剣ではなく勝負に負けない剣を追求しました。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2
失敗には法則があります。そして、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家・宮本武蔵は、勝負に勝つ剣ではなく勝負に負けない剣を追求しました。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
失敗に学ぶ会社経営の戦略 その3
失敗には法則があります。そして、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。天下の剣術家・宮本武蔵は、勝負に勝つ剣ではなく勝負に負けない剣を追求しました。会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。
逆境を乗り越える中小企業の経営戦略
会社経営を続けていると必ず逆境がやってきます。逆境を乗り越えるためには日頃から逆境に備えた経営を心掛けなければなりません。逆境を乗り越える中小企業の経営戦略を紹介しています。
中小企業に適した営業戦略の立て方
営業戦略の立て方を誤ると貴重な営業力が無駄に終わってしまうことがあります。中小企業に適した営業戦略を立てるには、まず初めに、会社の将来像を決めるゴールを設定することが大切です。会社の将来像を決めるのは会社の経営理念です。
中小企業のブランディング戦略
中小企業のブランディングを成功させるには基本を理解することが大切です。最も重要な基本は、徹底した大企業との差別化です。中小企業が抑えるべき基本のブランディング戦略を解説しています。
ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う
ブルー・オーシャン戦略は中小企業を救う優れた経営戦略です。会社の商品やサービスに強みを持つ中小企業であれば、競争のないブルー・オーシャン市場の創出にチャレンジする価値は十分あります。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ