見逃せない貸借対照表のポイントとは?

貸借対照表の重要なチェックポイント

貸借対照表の重要なチェックポイント

 

貸借対照表は、会社の資産状況を表す経営資料です。

 

損益計算書が「経営の収益性」を表すのに対して、貸借対照表は「経営の質」を表します。

 

例えば、100m走のタイムは「損益計算書(結果測定〔今この瞬間〕)」に記録され、100m走を走るための練習過程や体力は「貸借対照表(状態把握〔過去からの蓄積〕)」に記録されているイメージです。

 

貸借対照表は損益計算書に比べて、抵抗を感じている中小企業経営者も多いと思いますが、チェックポイントを抑えておかないと経営判断を誤ることがあります。

 

貸借対照表の構成は下図の通りです。

 

 

貸借対照表の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントは、赤枠で囲っている2つのエリアです。

 

 

経営者がチェックすべき貸借対照表の2つのエリア

 

会社はお金がなければ経営できません。従って、お金の流れと水準は貸借対照表の各項目の中で最も重要なチェックポイントになります。

 

また、資金調達の手段が限られており、尚且つ、資本力に乏しい中小企業の経営者は、常に会社のお金の流れと水準を把握することが大切です。

 

 

流動資産のチェックポイント

 

流動資産とは、1年以内に現金化される資産のことです。

 

現金、預金、売掛金、受取手形、有価証券等、流動性の高い資産が該当します。

 

流動資産の中でも、現金・預金は最も換金性の高い資産です。

 

従って、現金・預金の増減を把握しなければ、会社の資金力が向上しているのか、低下しているのか、判断することができません。

 

現金・預金の増減の計算式は下記算式の通りです。

現金・預金の増減=当月残高-前月残高

 

例えば、現金・預金の当月残高が110万円で、前月残高が100万円であれば、110万円-100万円=10万円の増加ということになります。

 

前月よりも当月残高が増加した場合は、「資金繰りが楽」、逆に、前月よりも当月残高が減少した場合は、「資金繰りが苦しい」と判断できます。

 

⇒⇒おススメ記事「必要運転資金の計算式と適正水準」はこちら

 

ちなみに、貸借対照表の現金残高と損益計算書の利益金額は一致しません。なぜなら、現金商売以外の会社は、売上代金が遅れて入金されるからです。

 

例えば、損益計算書上で売上100万円、最終利益が50万円の収益が上がっていたとしても、現金の入金がない限り、貸借対照表の現金残高は0円のままです。

 

50万円の利益=50万円の現金残高と勘違いして、50万円を使い込んだらどうなるでしょう?

 

当然のことながら、借金をしない限り、資金繰りに窮してしまいます。

 

黒字倒産(※1)の多くは、現金残高の見誤りが原因です。

 

 

純資産(資本の部)のチェックポイント

 

純資産は、自己資本で調達した資本金と利益剰余金の累計金額で構成されております。資本の部ともいいます。

 

資本金は増資や減資を行わない限り不変ですが、利益剰余金の金額は損益計算書の当期純利益に応じて増減します。

 

純資産は会社の資本力を示す重要な経営指標ですので、現金残高同様、重要なチェックポイントとなります。

 

純資産の増減の計算式は下記算式の通りです。

純資産の増減=当月残高-前月残高

 

例えば、純資産の当月残高が110万円で、前月残高が100万円であれば、110万円-100万円=10万円の増加ということになります。

 

前月よりも当月残高が増加した場合は、黒字経営が継続できている、逆に、前月よりも当月残高が減少した場合は、赤字経営となっていると判断できます。

 

⇒⇒おすすめ記事「自己資本比率の計算方法と適正水準」はこちら

 

なお、純資産が資本金を下回ると資本欠損、純資産がマイナスになると債務超過となり、会社は倒産状態に陥ってしまします。

 

 

貸借対照表の重要なチェックポイントは、上記で解説した2つのエリアです。

 

損益計算書に加えて、貸借対照表の情報も読み解くことができれば、経営判断を誤るリスクを一段と低く抑えることができます。

 

※1 黒字倒産とは、一時的に入金よりも出金額が上回り現金残高が底をつき支払不履行で倒産することです。

 

➡NEXT「損益計算書とは/見方と仕組み」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ