財務諸表のミカタ|中小企業の損益計算書

損益計算書の重要なチェックポイント

損益計算書の重要なチェックポイント

 

損益計算書とは、会社の業績状況を表す経営資料です。

 

会社経営は業績を理解するところから始まりますので、損益計算書の情報を読み解く能力は経営者にとって必須条件となります。

 

損益計算書の構成は下図の通りです。

 

 

損益計算書の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントは、赤枠で囲っている5つの利益です。

 

 

経営者がチェックすべき損益計算書の5つの利益

 

売上がなければ会社経営は成り立ちませんが、会社経営を継続するためには利益がなければなりません。

 

従って、経営者は、売上よりも常に利益を重要視しなければなりません。

 

 

売上総利益のチェックポイント

 

売上から売上に連動した商品仕入、商品製造原価、サービス外注費等の売上原価を差し引いた利益を売上総利益といいます。略して、粗利益(あらりえき)ともいいます。

 

売上に占める売上総利益の構成比率を、売上総利益率といいます。略して、粗利率(あらりりつ)ともいいます。

 

売上総利益率は会社の経営改善にも頻繁に活用される経営指標です。事実、粗利と粗利率という単語は、多くの経営者にも馴染のある身近な存在かと思います。

 

夫々の計算式は下記算式の通りです。

売上総利益=売上-売上原価

 

売上総利益率=(売上総利益÷売上高)×100

 

例えば、売上原価1円のものを100円で販売すると、売上総利益は、100円-1円=99円となります。売上総利益率は、(99円÷100円)×100=99%となります。

 

売上原価99円のものを100円で販売すると、売上総利益は、100円-99円=1円となります。売上総利益率は、(1円÷100円)×100=1%となります。

 

売上総利益率1%よりも99%の方が、商品若しくはサービスの付加価値と利益金額が高く、会社の収益力が高いということになります。

 

売上総利益率には業界ごとに平均的な水準がありますが、平均水準が夫々の会社に適した水準とは限りません。なぜなら、平均水準の母集団には良い会社も悪い会社も入っているからです。

 

従って、先ずは自社の売上総利益率の水準を理解することが大切です。

 

決して業界の平均水準で満足せず、1%でも改善する地道な経営努力を続ければ自ずと会社の収益力は高まっていきます。

 

売上総利益は事業活動を行うための販売管理費(経費)を賄う原資となる利益です。

 

売上総利益が拡大していれば経費を賄う余裕も生まれます。逆に、売上総利益が減少すると経費を賄う余裕がなくなってしまいます。

 

 

営業利益のチェックポイント

 

売上総利益から事業活動を行うための販売管理費(経費)を差し引いた利益を営業利益といいます。

 

営業利益は会社の本業の損益を表す重要な利益です。

 

売上に占める営業利益の構成比率のことを売上高営業利益率といいます。

 

夫々の計算式は下記算式の通りです。

営業利益=売上総利益-販売管理費

 

売上高営業利益率=(営業利益÷売上高)×100

 

例えば、売上がそれぞれ200円として、売上総利益が100円で販売管理費が10円であれば、営業利益は100円-10円=90円となります。営業利益率は、(90円÷200円)×100=45%となります。

 

売上総利益が100円で販売管理費が90円であれば、営業利益は100円-90円=10円となります。営業利益率は、(10円÷200円)×100=5%となります。

 

営業利益率5%よりも45%の方が、会社の収益力が高いということになります。

 

営業利益と売上高営業利益率は会社の本業損益の適正可否を判断するための重要な経営指標となります。

 

万が一、営業利益並びに営業利益率がマイナスになってしまったら、会社の大黒柱が傾いてしまいます。

 

 

経常利益のチェックポイント

 

営業利益から営業外収支を加減した利益を経常利益といいます。

 

営業外収支とは、「営業外収益」と「営業外費用」のことです。

 

何れも、会社の本業以外の収入と費用が計上されます。例えば、営業外収益であれば、銀行からの受取利息等、営業外費用であれば銀行に対する支払利息等が該当します。

 

売上に占める経常利益の構成比率のことを売上高経常利益率といいます。

 

夫々の計算式は下記算式の通りです。

経常利益=(営業利益+営業外収益)-営業外費用

 

売上高経常利益率=(経常利益÷売上高)×100

 

例えば、売上がそれぞれ200円として、営業利益が100円で営業外収益が10円、営業外費用が20円であれば、経常利益は(100円+10円)-20円=90円となります。経常利益率は、(90円÷200円)×100=45%となります。

 

営業利益が100円で営業外収益が10円、営業外費用が100円であれば、経常利益は(100円+10円)-100円=10円となります。経常利益率は、(10円÷200円)×100=5%となります。

 

経常利益率5%よりも45%の方が、会社の収益力が高いということになります。

 

経常利益と売上高経常利益率は会社全体の損益の適正可否を判断するための重要な経営指標となります。

 

万が一、経常利益並びに経常利益率がマイナスになってしまったら、会社が倒産に傾いてしまいます。

 

第三者が会社の状況を判断する際は「経常利益」を重要視します。

 

 

税引前当期純利益のチェックポイント

 

経常利益から特別収支を加減した利益を税引前当期純利益といいます。

 

特別収支とは、「特別利益」と「特別損失」のことです。

 

何れも、会社の本業以外の活動、且つ経常性のない臨時収入・費用が計上されます。

 

例えば、特別利益であれば固定資産売却益、有価証券売却益等が該当します。特別損失であれば、固定資産売却損、固定資産除却損、貸倒損失、有価証券売却損、商品廃棄損等が該当します。

 

税引前当期純利益の計算式は下記算式の通りです。

税引前当期純利益=(経常利益+特別利益)-特別損失

 

例えば、経常利益が100円で特別利益が10円、特別損失が60円であれば、税引前当期純利益は(100円+10円)-60円=50円となります。

 

特別収支が生じた事業年度は、必ずチェックしなければならない利益です。

 

 

当期純利益のチェックポイント

 

税引前当期純利益から法人税等の支払金額を差し引いた利益を当期純利益といいます。

 

会社が最終的に生み出した利益ですので、最も重要な利益になります。

 

当期純利益の計算式は下記算式の通りです。

当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

 

 

損益計算書の重要なチェックポイントは、上記で解説した5つの利益です。

 

常に利益を意識した会社経営を心掛けると、自ずと収益性の高い骨太な経営体質に生まれ変わっていきます。

 

また、経営判断を誤るリスクもグッと抑えられます。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の会計基準と会計の考え方
大企業と中小企業では決算書を作成するうえでの会計の基準や考え方に大きな違いがあります。中小企業の会計基準の考え方と共に、中小企業庁の指針である「中小企業の会計」に基づいた決算書作成のチェックリストを紹介しています。
中小企業の財務諸表とは/見方と仕組み
財務諸表とは会社の資産状況や業績状況等の経営状態を表す経営資料のことです。財務諸表を読み解くことが出来なければ会社の経営状態は理解できません。財務諸表(B/S、P/L、C/S)の詳細概要と歴史を紹介しています。
貸借対照表とは/見方と仕組み
貸借対照表(B/S)とは会社の資産状況を表す経営資料です。貸借対照表の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。貸借対照表は会社の安全性を示す重要な会計資料です。
損益計算書とは/見方と仕組み
損益計算書(P/L)とは会社の業績状況を表す経営資料です。損益計算書の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。損益計算書は会社の収益性を示す重要な会計資料です。
株主資本等変動計算書とは/見方と仕組み
株主資本等変動計算書とは純資産の一会計期間における変動額のうち、株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成される決算資料です。株主資本等変動計算書の構成図、並びに、変動項目の詳細概要を紹介しています。
キャッシュフロー計算書とは/見方と仕組み
キャッシュフロー計算書(C/S)とは会社のお金の流れを表した経営資料です。キャッシュフロー計算書の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。キャッシュフロー計算書は会社の経営方針と経営者の意思が反映された重要な会計資料です。
会社の決算とは?決算の仕組み
会社の決算とは会社の会計期間末に取引勘定記録をもとに収入と支出を計算し保有資産残高と利益を確定させ、経営成績を明らかにする一連の手続きのことです。中小企業の作成基準の詳細概要を紹介しています。
月次決算書(月次試算表)とは
月次決算書とは会計期間を1ヵ月に区切って作成する月単位の決算書のことです。会社のひと月分の業績が集計されており効率的な経営改善を行う上で必要不可欠な会計資料となります。作成要領と作成効果を紹介しています。
法人の確定申告とは
法人の確定申告とは事業年度の課税標準を確定させて法人税額を決定するために管轄税務署に必要な計算書類を申告する一連の手続きのことです。確定申告の一連の手続きと共に、確定申告書類に含まれる有益なポイントを紹介しています。
貸借対照表の重要なチェックポイント
貸借対照表(B/S)は損益計算書に比べて抵抗を感じている経営者の方も多いと思いますが、チェックポイントを抑えておかないと経営判断を誤ることがあります。貸借対照表の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントを紹介しています。
倒産の危機を知らせる資本欠損とは?
資本欠損は会社経営が赤字状態であることを示す危険なサインです。危険なサインを見逃して経営の悪化を放置しておくと、倒産状態に等しい債務超過に陥ってしまいます。資本欠損の仕組みを図解で分かりやすく紹介しています。
倒産状態に等しい債務超過とは?
債務超過は倒産状態に等しいです。不採算部門の閉鎖、返済計画のリスケジュール等々、会社の足を引っ張る部分を早急に取り除かないと、会社全体が蝕まれてしまいます。債務超過の仕組みを図解で分かりやすく紹介しています。
減価償却費とは/見方と仕組み
減価償却とは減価償却資産を耐用年数に応じて費用化していく制度です。合理的且つ整合性のある損益計算を実現すると共に再投資の循環を促進する優れた制度でもあります。分かりやすい例を用いて減価償却の仕組みと経理処理を紹介しています。
リース資産とは/見方と仕組み
リース資産とはリース契約に基づいて会社に導入した資産のことです。リース契約の仕組み、及び取引の種類と概要、並びに、リース料金の算定方法と再リースの手続き方法等々を分かりやすく紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ