損益計算書が分かれば経営に失敗しない

損益計算書の重要なチェックポイント

損益計算書の重要なチェックポイント

 

損益計算書とは、会社の業績状況を表す財務諸表である。

 

会社経営の成功は業績理解度で決まるといっても過言ではない。

 

つまり、経営者の損益計算書を読み解く能力が、会社の成功と衰退を分かつ重要な要素になるのだ。

 

中小企業の経営者にとって、損益計算書は貸借対照表に比べて馴染みのある財務諸表だと思うが、重要なチェックポイントを理解した上で、細部まで読み解いている経営者は決して多くない。

 

損益計算書には会社の業績に関わる良い兆候も悪い兆候も、すべてが正直に表れる。

 

当然ながら、それらの兆候を早い段階でキャッチすることができれば、失敗の少ない経営采配が可能になる。

 

会社経営に失敗しないためには、損益計算書を深く理解しなければならないのだ。

 

損益計算書の構成は下図の通りである。

 

 

損益計算書の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントは、赤枠で囲っている5つの利益である。

 

なかでも、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」の3つの利益は、最重要チェックポイントといっても過言ではない。

 

なぜなら、会社は、利益がなくなると現金が減少に転じ、現金が底をつくと、会社が倒産するからだ。

 

会社経営の存続を保障するのは利益であり、現金である。

 

売上拡大も重要だが、常に、売上よりも利益に重きをおいた経営采配の方が、会社の衰退リスクはグッと低くなる。

 

損益計算書の最重要チェックポイントである、売上総益利益、営業利益、経常利益のチェック要領は下記の通りである。

 

 

売上総利益のチェックポイント

 

売上から売上に連動した商品仕入、商品製造原価、サービス外注費等の売上原価を差し引いた利益を売上総利益という。略して、粗利益(あらりえき)ともいう。

 

そして、売上に占める売上総利益の構成比率を、売上総利益率という。略して、粗利率(あらりりつ)ともいう。

 

売上総利益は会社の経営改善に頻繁に活用される経営指標である。

 

事実、損益計算書はよく分からなくても、粗利と粗利率という単語は、多くの経営者にも馴染のある身近な存在ではないかと思う。

 

損益計算書上の売上総利益と売上総利益率の計算式は下記の通りである。

売上総利益=売上-売上原価

 

売上総利益率=(売上総利益÷売上高)×100

 

例えば、売上原価1円のものを100円で販売すると、売上総利益は、100円-1円=99円になる。そして、売上総利益率は、(99円÷100円)×100=99%になる。

 

売上原価99円のものを100円で販売すると、売上総利益は、100円-99円=1円になる。そして、売上総利益率は、(1円÷100円)×100=1%になる。

 

両者を比べると、売上総利益率1%よりも99%の方が、商品の付加価値と利益金額が高く、会社の収益力が高いということになる。

 

なお、売上総利益率は業界ごとに平均的な水準があるが、平均水準が夫々の会社に適した水準とは限らない。なぜなら、平均水準の母集団には良い会社も悪い会社も入っているからだ。

 

決して業界の平均水準で満足せず、1%でも改善する地道な経営努力を続けることが、会社の収益力を高める秘訣である。

 

また、売上総利益は事業活動を行うための販売管理費(経費)を賄う原資になる利益でもある。

 

当然ながら、売上総利益が増加すれば経費を賄う余裕が生まれる。逆に、売上総利益が減少すると経費を賄う余裕がなくなり、経営が行き詰るリスクが高まってしまう。

 

損益計算書の売上総利益は、決してなおざりにできない、重要なチェックポイントである。

 

⇒⇒おすすめ記事「売上総利益率の計算方法と適正水準」はこちら

 

 

営業利益のチェックポイント

 

売上総利益から事業活動を行うための販売管理費(経費)を差し引いた利益を営業利益という。

 

そして、売上に占める営業利益の構成比率のことを、売上高営業利益率という。

 

営業利益は会社の本業の損益を表す重要な利益である。

 

経営改善の目標、或いは、金融機関などの第三者が重要視する利益でもあるので、損益計算書のなかでも、最も重要なチェックポイントといっても過言ではない。

 

損益計算書上の営業利益と売上高営業利益率の計算式は下記の通りである。

営業利益=売上総利益-販売管理費

 

売上高営業利益率=(営業利益÷売上高)×100

 

例えば、売上がそれぞれ200円として、売上総利益が100円で販売管理費が10円であれば、営業利益は100円-10円=90円になる。そして、営業利益率は、(90円÷200円)×100=45%になる。

 

売上総利益が100円で販売管理費が90円であれば、営業利益は100円-90円=10円になる。そして、営業利益率は、(10円÷200円)×100=5%になる。

 

両者を比べると、営業利益率5%よりも45%の方が、会社の収益力が高いということになる。

 

営業利益は経営者の能力を如実に表す重要な経営指標である。

 

経営者としての高い評価を得るには、日頃から営業利益をチェックして、利益拡大のために何をすべきかを真剣に考えなければならない。

 

⇒⇒おすすめ記事「利益目標と営業利益率の計算方法と適正水準」はこちら

 

 

経常利益のチェックポイント

 

営業利益から営業外収支を加減した利益を経常利益という。

 

そして、売上に占める経常利益の構成比率のことを売上高経常利益率という。

 

経常利益の計算に関わる営業外収支とは、「営業外収益」と「営業外費用」のことである。

 

何れも、会社の本業以外の収入と費用が計上される。例えば、営業外収益であれば、銀行からの受取利息等、営業外費用であれば銀行に対する支払利息等が該当する。

 

損益計算書上の経常利益と売上高経常利益率の計算式は下記の通りである。

経常利益=(営業利益+営業外収益)-営業外費用

 

売上高経常利益率=(経常利益÷売上高)×100

 

例えば、売上がそれぞれ200円として、営業利益が100円で営業外収益が10円、営業外費用が20円であれば、経常利益は(100円+10円)-20円=90円になる。そして、経常利益率は、(90円÷200円)×100=45%になる。

 

営業利益が100円で営業外収益が10円、営業外費用が100円であれば、経常利益は(100円+10円)-100円=10円になる。そして、経常利益率は、(10円÷200円)×100=5%になる。

 

両者を比べると、経常利益率5%よりも45%の方が、会社の収益力が高いということになる。

 

経常利益は、借金過多等、財務状況に問題を抱えていると、営業利益よりも悪化しやすくなる。

 

また、営業利益同様に、経常利益も経営者の能力を如実に表す経営指標である。

 

先の2つの利益同様、損益計算書の経常利益は、決してなおざりにできない、重要なチェックポイントである。

 

 

損益計算書の重要なチェックポイントは、上記で解説した3つの利益である。

 

3つの利益を意識した会社経営を心掛けると、自ずと収益性の高い骨太な経営体質に生まれ変わっていく。また、経営判断を誤るリスクもグッと低くなる。

 

会社経営に失敗しないためにも、是非とも利益に重きをおいたチェックを心掛けてほしいと思う。

 

最後に、損益計算書に表示されている残り2つの利益についてもチェックポイントを解説したい。

 

 

税引前当期純利益のチェックポイント

 

経常利益から特別収支を加減した利益を税引前当期純利益という。

 

税引前当期純利益の計算に関わる特別収支とは、「特別利益」と「特別損失」のことである。

 

何れも、会社の本業以外の活動、且つ経常性のない臨時収入・費用が計上される。

 

例えば、特別利益であれば固定資産売却益、有価証券売却益等が該当する。特別損失であれば、固定資産売却損、固定資産除却損、貸倒損失、有価証券売却損、商品廃棄損等が該当する。

 

税引前当期純利益の計算式は下記の通りである。

税引前当期純利益=(経常利益+特別利益)-特別損失

 

例えば、経常利益が100円で特別利益が10円、特別損失が60円であれば、税引前当期純利益は(100円+10円)-60円=50円になる。

 

特別収支が生じた事業年度は、必ずチェックしなければならない利益である。

 

 

当期純利益のチェックポイント

 

税引前当期純利益から法人税等の支払金額を差し引いた利益を当期純利益という。

 

会社が最終的に生み出した利益なので、重要な利益といえる。

 

当期純利益の計算式は下記の通りである。

当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

 

➡NEXT「キャッシュフロー計算書とは/見方と仕組み」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ