財務諸表のミカタ|キャッシュフロー計算書の見方

キャッシュフロー計算書とは/見方と仕組み

キャッシュフロー計算書とは/見方と仕組み

 

キャッシュフロー計算書とは、会社のお金の流れを表した経営資料です。

 

キャッシュフロー計算表は、中小企業においては商法上作成義務がありませんが、大企業においては、決算書を構成する財務諸表のひとつです。

 

キャッシュフロー計算書は、キャッシュフロー(Cash flow statement)、略してC/Sとも呼ばれています。

 

会社の事業活動を通したお金の増減が明確に把握できますので、自社の経営分析のため、或いは、金融機関等、外部の信頼を得るための経営資料として大変有益なツールです。

 

 

キャッシュうフロー計算書の見方と仕組み

 

キャッシュフロー上の事業活動は3つの分野に分類されます。

 

それぞれの活動分野の詳細は下記の通りです。

 

営業活動によるキャッシュフロー

 

会社の本業である事業活動によって生じたお金の流れです。

 

プラスであれば業績が良好、マイナスなら業績が不調ということになります。中小企業の場合、営業活動によるキャッシュフローの良し悪しが資金繰りに直結します。従って、マイナスに陥った場合は、早急にプラスに向けた経営改善が必要です。

 

 

投資活動によるキャッシュフロー

 

会社の投資活動によって生じたお金の流れです。

 

固定資産や有価証券の売却や取得に応じてキャッシュフローが増減します。事業用設備や機械等の投資を行う会社は多くありますので、投資活動によるキャッシュフローは一般的にはマイナスなります。プラスマイナスの増減を把握していれば、過剰投資になっていないか検証することが出来ますので重要な分野です。

 

 

財務活動によるキャッシュフロー

 

会社の財務活動によって生じたお金の流れです。

 

金融機関からの借入、借入金の返済、配当金お支払等々に応じてキャッシュフローが増減します。借入よりも借入金の返済を行っている会社の方が多いですので、財務活動によるキャッシュフローは一般的にはマイナスなります。プラスマイナスの増減を把握していれば、借入限度額を超過していないか検証することが出来ますので重要な分野です。

 

 

キャッシュフロー計算書の計算の流れ

 

営業活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフロー

期首キャッシュ残高

期末キャッシュ残高

 

 

キャッシュフロー計算書の計算例(間接法)

 

営業活動によるキャッシュフロー

金額

 税引前当期純利益

***

 減価償却費

***

 支払利息

***

 売上債権の増加

***

 棚卸資産の増加

***

 仕入債務の増加

***

 法人税等の支払

***

 その他資産・負債の増減

***

合計

投資活動によるキャッシュフロー

金額

 固定資産取得

***

 貸付による支出

***

 その他投資支出

***

合計

財務活動によるキャッシュフロー

金額

 借入収入

***

 借入返済

***

 その他財務収支

***

合計

期首キャッシュ残高

期末キャッシュ残高

A+B+C+D

 

 

キャッシュフロー計算書には経営者の意思が反映される!!

 

キャッシュフロー計算書は、

 

・会社の経営状態

 

・会社の戦略

 

・経営者の意思

 

が反映された重要な経営資料です。

 

例えば、営業活動によるキャッシュフローがプラスでも、財務活動である借入返済が過大で全体のキャッシュフローがマイナスでは、借入過多で経営のバランスが崩れていることが分ります。

 

又は、営業活動によるキャッシュフローがマイナスで、財務活動である金融機関からの借入で全体のキャッシュフローをプラスにしているようでは健全な経営体質とはいえないことが分ります。

 

キャッシュフロー計算書の作成は、貸借対照表と損益計算書の数字を使って簡便に作成できる間接法で行うのが一般的です。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の会計基準と会計の考え方
大企業と中小企業では決算書を作成するうえでの会計の基準や考え方に大きな違いがあります。中小企業の会計基準の考え方と共に、中小企業庁の指針である「中小企業の会計」に基づいた決算書作成のチェックリストを紹介しています。
中小企業の財務諸表とは/見方と仕組み
財務諸表とは会社の資産状況や業績状況等の経営状態を表す経営資料のことです。財務諸表を読み解くことが出来なければ会社の経営状態は理解できません。財務諸表(B/S、P/L、C/S)の詳細概要と歴史を紹介しています。
貸借対照表とは/見方と仕組み
貸借対照表(B/S)とは会社の資産状況を表す経営資料です。貸借対照表の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。貸借対照表は会社の安全性を示す重要な会計資料です。
損益計算書とは/見方と仕組み
損益計算書(P/L)とは会社の業績状況を表す経営資料です。損益計算書の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。損益計算書は会社の収益性を示す重要な会計資料です。
株主資本等変動計算書とは/見方と仕組み
株主資本等変動計算書とは純資産の一会計期間における変動額のうち、株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成される決算資料です。株主資本等変動計算書の構成図、並びに、変動項目の詳細概要を紹介しています。
会社の決算とは?決算の仕組み
会社の決算とは会社の会計期間末に取引勘定記録をもとに収入と支出を計算し保有資産残高と利益を確定させ、経営成績を明らかにする一連の手続きのことです。中小企業の作成基準の詳細概要を紹介しています。
月次決算書(月次試算表)とは
月次決算書とは会計期間を1ヵ月に区切って作成する月単位の決算書のことです。会社のひと月分の業績が集計されており効率的な経営改善を行う上で必要不可欠な会計資料となります。作成要領と作成効果を紹介しています。
法人の確定申告とは
法人の確定申告とは事業年度の課税標準を確定させて法人税額を決定するために管轄税務署に必要な計算書類を申告する一連の手続きのことです。確定申告の一連の手続きと共に、確定申告書類に含まれる有益なポイントを紹介しています。
損益計算書の重要なチェックポイント
会社経営は業績を理解するところから始まります。従って、損益計算書(P/L)の情報を読み解く能力は経営者にとって必須条件となります。損益計算書の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントを紹介しています。
貸借対照表の重要なチェックポイント
貸借対照表(B/S)は損益計算書に比べて抵抗を感じている経営者の方も多いと思いますが、チェックポイントを抑えておかないと経営判断を誤ることがあります。貸借対照表の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントを紹介しています。
倒産の危機を知らせる資本欠損とは?
資本欠損は会社経営が赤字状態であることを示す危険なサインです。危険なサインを見逃して経営の悪化を放置しておくと、倒産状態に等しい債務超過に陥ってしまいます。資本欠損の仕組みを図解で分かりやすく紹介しています。
倒産状態に等しい債務超過とは?
債務超過は倒産状態に等しいです。不採算部門の閉鎖、返済計画のリスケジュール等々、会社の足を引っ張る部分を早急に取り除かないと、会社全体が蝕まれてしまいます。債務超過の仕組みを図解で分かりやすく紹介しています。
減価償却費とは/見方と仕組み
減価償却とは減価償却資産を耐用年数に応じて費用化していく制度です。合理的且つ整合性のある損益計算を実現すると共に再投資の循環を促進する優れた制度でもあります。分かりやすい例を用いて減価償却の仕組みと経理処理を紹介しています。
リース資産とは/見方と仕組み
リース資産とはリース契約に基づいて会社に導入した資産のことです。リース契約の仕組み、及び取引の種類と概要、並びに、リース料金の算定方法と再リースの手続き方法等々を分かりやすく紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ