財務諸表のミカタ|中小企業の確定申告

法人の確定申告とは

法人の確定申告とは

 

法人の確定申告とは、事業年度の課税標準(※1)を確定させて法人税額を決定するために、管轄税務署に必要な計算書類を申告する一連の手続きのことです。

 

全ての法人は、事業年度終了日の翌日から2カ月以内に確定申告の手続きを取らなければなりません。

 

確定申告は税務署から連絡が来るわけではありませんので、期限内に忘れずに申告する必要があります。

 

万が一、期限を超過した場合は、延滞税が課せられます。

 

 

法人の確定申告の計算書類とは?

 

法人の確定申告計算書類は、確定申告書(一式)、決算書(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書)で構成されます。

 

申告義務者が一切の計算書類を作成し、管轄税務署に申告した時点で、申告内容が受理されます。

 

そして、申告した課税標準に応じて法人税額等が確定します。

 

 

法人の確定申告書類は税務署に詮索されない!?

 

確定申告内容については、急激な業績の変化、又は目に余る書類の不備や明らかな脱税行為がない限り、詮索されることがありません。

 

従って、計算過程を誤って利益が過大計上されたとしても、修正申告をしない限り、一度確定した納税額が修正されることはありません。

 

これを申告主義といいます。

 

会社の脱税行為や粉飾決算が後を絶たないのは、申告主義の弊害といえます。

 

しかしながら、約500万社の法人数に対して、税務職員が1社1社監督することは不可能です。

 

最大規模の東京国税局(1都3県を管轄)でさえ、約1.5万人の職員しかいません。

 

やはり、経営者自身が良識を持って、正しい確定申告書類を作成することが求められます。

 

 

法人の確定申告は税理士の仕事??

 

法人の確定申告は税理士の仕事と思っている経営者の方もいらっしゃるかも知れません。

 

税理士は法定で代理申告が認められておりますが、経営者自身で確定申告を行うこともできます。

 

但し、確定申告書類の作成には多少の専門知識が必要なことから、一般的には、税理士に代理申告を依頼するケースが多いです。

 

税理士に代理申告を依頼している経営者のなかには、確定申告書類の内容を確認したことがない、若しくは、内容が理解できない、といった経営者もいるかも知れません。

 

しかしながら、確定申告書類のなかには、経営するうえで役に立つ有益な情報が含まれています。

 

 

経営に役立つ確定申告書類とは?

 

経営するうえで役に立つ有益な情報が含まれている確定申告書類は、別表一(一)、別表二、別表七(一)です。

 

何れの書類にも、貸借対照表にも損益計算書にも記載されていない重要な経営情報が含まれております。従って、最低限、上記3点の別表だけは内容を確認した方が良いでしょう。

 

それぞれの確定申告書類の内容を紹介します。

 

別表一(一) 「普通法人の法人税確定申告書」

 

納税額の基準となる所得金額(課税標準)、並びに、法人税額、地方法人税額の確定金額が確認できます。

 

納税に必要な資金を準備するためにも確認した方が良いでしょう。また、会社の所得金額に対して、どの程度の法人税額が課せられているのかも把握することができます。

 

 

別表二 「同族会社の判定に関する明細書」

 

会社の株式を「特殊な関係にある個人や法人」が50%以上保有している場合は、同族会社となります。

 

同族企業の判定のほか、株主の順位も明記されておりますので、それぞれの株主の持株比率も確認することができます。

 

同族会社にも拘わらず、経営者自身の持株比率が2/3を下回っている場合は、経営課題として解決方法を検討する必要があります。

 

 

別表七(一) 「欠損金又は災害損失金の損金算入に関する明細書」

 

過去の青色欠損金等の残高が確認できます。

 

税法では、会社が赤字経営で損失が出た場合は、青色申告に限り、損失の繰り越しが認められております。例えば、当期以前に赤字▲100万円分の繰越損失があり、当期が100万円の黒字だった場合、当期の所得金額は0円となり、法人税も0円となります。

 

繰越損失には有効期限がありますので、過去に損失を計上している会社は確認した方が良いでしょう。

 

 

※1 課税標準は税額を算出するうえで基礎となる課税対象の所得のことです。

 

※ 法人の確定申告は管轄税務署にほか、都道府県税事務所に対しても確定申告が必要です。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の会計基準と会計の考え方
大企業と中小企業では決算書を作成するうえでの会計の基準や考え方に大きな違いがあります。中小企業の会計基準の考え方と共に、中小企業庁の指針である「中小企業の会計」に基づいた決算書作成のチェックリストを紹介しています。
中小企業の財務諸表とは/見方と仕組み
財務諸表とは会社の資産状況や業績状況等の経営状態を表す経営資料のことです。財務諸表を読み解くことが出来なければ会社の経営状態は理解できません。財務諸表(B/S、P/L、C/S)の詳細概要と歴史を紹介しています。
貸借対照表とは/見方と仕組み
貸借対照表(B/S)とは会社の資産状況を表す経営資料です。貸借対照表の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。貸借対照表は会社の安全性を示す重要な会計資料です。
損益計算書とは/見方と仕組み
損益計算書(P/L)とは会社の業績状況を表す経営資料です。損益計算書の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。損益計算書は会社の収益性を示す重要な会計資料です。
株主資本等変動計算書とは/見方と仕組み
株主資本等変動計算書とは純資産の一会計期間における変動額のうち、株主資本の各項目の変動事由を報告するために作成される決算資料です。株主資本等変動計算書の構成図、並びに、変動項目の詳細概要を紹介しています。
キャッシュフロー計算書とは/見方と仕組み
キャッシュフロー計算書(C/S)とは会社のお金の流れを表した経営資料です。キャッシュフロー計算書の構成図、並びに、各勘定項目の詳細概要を紹介しています。キャッシュフロー計算書は会社の経営方針と経営者の意思が反映された重要な会計資料です。
会社の決算とは?決算の仕組み
会社の決算とは会社の会計期間末に取引勘定記録をもとに収入と支出を計算し保有資産残高と利益を確定させ、経営成績を明らかにする一連の手続きのことです。中小企業の作成基準の詳細概要を紹介しています。
月次決算書(月次試算表)とは
月次決算書とは会計期間を1ヵ月に区切って作成する月単位の決算書のことです。会社のひと月分の業績が集計されており効率的な経営改善を行う上で必要不可欠な会計資料となります。作成要領と作成効果を紹介しています。
損益計算書の重要なチェックポイント
会社経営は業績を理解するところから始まります。従って、損益計算書(P/L)の情報を読み解く能力は経営者にとって必須条件となります。損益計算書の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントを紹介しています。
貸借対照表の重要なチェックポイント
貸借対照表(B/S)は損益計算書に比べて抵抗を感じている経営者の方も多いと思いますが、チェックポイントを抑えておかないと経営判断を誤ることがあります。貸借対照表の情報を読み解くうえで重要なチェックポイントを紹介しています。
倒産の危機を知らせる資本欠損とは?
資本欠損は会社経営が赤字状態であることを示す危険なサインです。危険なサインを見逃して経営の悪化を放置しておくと、倒産状態に等しい債務超過に陥ってしまいます。資本欠損の仕組みを図解で分かりやすく紹介しています。
倒産状態に等しい債務超過とは?
債務超過は倒産状態に等しいです。不採算部門の閉鎖、返済計画のリスケジュール等々、会社の足を引っ張る部分を早急に取り除かないと、会社全体が蝕まれてしまいます。債務超過の仕組みを図解で分かりやすく紹介しています。
減価償却費とは/見方と仕組み
減価償却とは減価償却資産を耐用年数に応じて費用化していく制度です。合理的且つ整合性のある損益計算を実現すると共に再投資の循環を促進する優れた制度でもあります。分かりやすい例を用いて減価償却の仕組みと経理処理を紹介しています。
リース資産とは/見方と仕組み
リース資産とはリース契約に基づいて会社に導入した資産のことです。リース契約の仕組み、及び取引の種類と概要、並びに、リース料金の算定方法と再リースの手続き方法等々を分かりやすく紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ