ニッチ市場は中小企業の主戦場

なぜ大企業はニッチ市場に参入して来ないのか?

なぜ大企業はニッチ市場に参入して来ないのか?

 

大企業は、中小企業が得意とするニッチ市場に参入してくることはない。

 

なぜなら、大企業と中小企業、双方の事業方針と得意とする市場ニーズには大きな違いがあるからだ。

 

例えば、手作りと機械作りの食事をテーブルに並べて、どちらを食べたいかと問われれば、大多数の人は手作りを選択するだろう。

 

限られた顧客で形成されているニッチ市場で勝負している中小企業であれば、相応の製造体制を整えて、手作りの食事を提供することができるだろう。

 

一方、不特定多数で形成されているメジャー市場で勝負している大企業は、製造体制の無人化(機械化)が進んでいるために、手作りの食事を提供することはできないだろう。

 

顧客ニーズが「手作り」にあるので、中小企業のニッチ市場が拡大しそうなものだが、実際に、ニッチ市場が拡大することはない。

 

なぜなら、市場への供給能力に限界があるからだ。

 

当然ながら、市場への供給範囲が限定されると、それ以上の市場拡大は望めない。

 

一方の大企業は、大量生産の仕組みが構築されているために、市場への供給能力が極めて高い。

 

手作りよりは品質が劣っていても、幅広い市場に商品を供給することができるので、市場拡大の余地があり、軌道に乗ればメジャー市場にまで成長することもあり得る。

 

このように、大企業と中小企業は、事業基盤の違いから、それぞれが相反する事業方針と市場ニーズを形成していくことになるのだ。

 

 

大企業と中小企業の市場ニーズの違いとは?

 

大企業と中小企業の事業方針と市場ニーズ等の主な違いを比較すると下表の通りである。

 

事業方針

大企業

 

大量生産、半加工品の集合体で生産、材料と商品が均一的、一定水準の品質維持、品質維持は化学力と文明力でカバー、効率的な機械生産、など

 

中小企業

 

少量生産、一から生産、材料が非均一的、常に高い品質を追求、品質維持は工夫力(非化学・非文明)でカバー、機械生産の品質を超える手作業生産(職人体制・独自ノウハウ)、など

 

 

市場ニーズ

大企業

 

市場規模が大きい、メジャー市場、いつでもどこでも、便利で簡便(すぐ完成)、安価、社会的影響力が大きい、多数派(マジョリティ)、文明的、など

 

中小企業

 

市場規模が小さい、ニッチ市場、こだわりを限られた場所で、比較的不便(ひと手間加えて完成)、比較的高価、社会的影響力が小さい、少数派(マイノリティ)、文化的、物事の本質に誠実、など

 

 

このように、大企業と中小企業を比較すると、事業方針と市場ニーズに大きな違いが表れる。

 

例えば、街角の片隅で小さく営業している本場イタリアンレストランの一流ピザ店と、日本全国のコンビニなどで購入できる冷凍ピザを展開している大企業を比べてみてほしい。

 

双方の事業方針と市場ニーズが違うことは、容易に想像できるだろう。

 

 

大企業の脅威から逃れるにはニッチ市場の形成が重要!!

 

中小企業は、大企業と同じ土俵のうえで競争しても勝てない。

 

中小企業が生き残るには、常に大企業と相反する市場形成を意識した経営を実践することが大切である。

 

また、大企業の脅威から逃れ、尚且つ、中小企業同士の競争に勝つには、大企業と相反する市場形成を意識しつつ、常に優れた品質を追求し、独自のニッチ市場を形成しなければならない。

 

ニッチ市場は、中小企業が積極的に参加したい分野だが、独自のニッチ市場を形成するには、高い専門性が必要である。

 

なぜなら、高い専門性がなければ、ニッチ市場の参入障壁を乗り越えることができないからだ。

 

ニッチ市場の参入障壁は極めて高いので、その参入障壁を乗り越えるための高い専門性がなければ、ニッチ市場の形成は途中でとん挫する。

 

高い専門性や技術ノウハウはひたむきな経営改善努力(経営課題の解消)を継続することで得られる。

 

一度、ニッチ市場の参入障壁を乗り越えると、価格や情報面など等、あらゆる面の優位性が高まるので、会社の収益力がグッと高まる。

 

また、会社の競争力も高まり、大企業や競合他社の攻勢から身を守る有効な防御策にもなる。

 

会社の競争力と収益力の向上は、ニッチ市場最大のメリットといっても過言ではない。

 

 

ニッチ市場の拡大志向は危険!?

 

ニッチ市場を保有している中小企業が、下手に市場規模の拡大を目指すと、圧倒的資本力で大企業に吸収されるリスクが高まる。

 

なぜなら、市場規模を拡大するということは、事業方針に大企業的要素が入ってくるということだからだ。

 

市場の拡大意欲は程々にして、身の丈に合ったニッチ市場を維持し続けることが、中小企業の安定経営のコツである。

 

ニッチ市場は、安定した売上と高い収益を会社にもたらす。

 

十分な資本力がない中小企業には、最も適した市場なのだ。

 

➡NEXT「中小企業がニッチ市場を作る方法」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談