ニッチ市場は中小企業の主戦場

なぜ大企業はニッチ市場に参入して来ないのか?

なぜ大企業はニッチ市場に参入して来ないのか?

 

大企業は、中小企業が得意とするニッチ市場に参入してくることはありません。

 

なぜなら、大企業と中小企業とでは、得意とする市場ニーズが夫々相反しているからです。

 

例えば、食事を食べようと思ったら、手作りと機械作り、どちらが美味しいでしょうか?

 

答えは、手作りですね。

 

高品質を追い求め、少量生産少量消費のニッチ市場で勝負している中小企業であれば、手作りの食事を提供することができるでしょう。

 

一方、品質は二の次の大量生産大量消費で市場規模を拡大している大企業は、製造ラインの無人化が進んでいますので、現実的には、手作りの食事を提供することは不可能に近いです。

 

一見すると、手作り派の中小企業の市場規模の方が大きくなりそうなものですが、大量生産ができないため全てのニーズ(地域)に応えることができず、結果、市場規模の拡大が望めません。

 

一方、機械作り派の大企業は、大量生産大量消費の仕組みを構築する資本力がありますので、品質が劣っていたとしても、幅広いニーズ(地域)に応えることができますので、市場規模が拡大していきます。

 

このように、大企業と中小企業は、追い求める品質や生産環境の違いから、夫々相反する事業方針と市場ニーズを形成していくことになるのです。

 

 

大企業と中小企業の市場ニーズの違いとは?

 

大企業と中小企業の市場ニーズ等の違いをまとめると下記の通りとなります。

 

事業方針

大企業

 

大量生産、半加工品の集合体で生産、材料と商品が均一的、一定水準の品質維持、品質維持は化学力と文明力でカバー、効率的な機械生産、など

 

中小企業

 

少量生産、一から生産、材料が非均一的、常に高い品質を追求、品質維持は工夫力(非化学・非文明)でカバー、非効率的な人員生産、など

 

 

市場ニーズ

大企業

 

市場規模が大きい、いつでもどこでも、便利で簡便(すぐ完成)、安価。社会的影響力が大きい、多数派(マジョリティ)、文明的、など

 

中小企業

 

市場規模が小さい、こだわりを限られた場所で、比較的不便(ひと手間加えて完成)、比較的高価、社会的影響力が小さい、少数派(マイノリティ)、文化的、物事の本質に誠実、など

 

 

このように、大企業と中小企業を比較すると、事業方針や市場ニーズに大きな違いが表れます。

 

従って、中小企業が安定経営を実現するには、常に大企業と相反する市場を意識して形成していくことが大切なポイントとなります。

 

 

大企業の脅威から逃れるにはニッチ市場の形成が重要!!

 

中小企業同士の競争を勝ち抜くためには、大企業と相反する市場を意識しつつ、常に優れた品質を追求し、独自のニッチ市場を形成することも大切なポイントです。

 

大企業や競合他社の脅威から逃れるには、中小企業に適したニッチ市場を形成することが一番の防御策になります。

 

ニッチ市場は、市場規模は小さいですが、参入障壁が高い特徴があります。従って、高い参入障壁を乗り越えるための高い専門性と技術ノウハウが必要です。

 

中小企業が独自のニッチ市場を形成するには、高い専門性や技術ノウハウが必要なのです。

 

一度、ニッチ市場の参入に成功すれば独占市場(オンリーワン且つナンバーワン)を形成することができます。

 

独占市場が形成できれば、価格面、情報面等々、あらゆる面で競合他社に比べて優位に立てますので、高い収益が得られやすい環境が整います。

 

事業の高収益化は、ニッチ市場の最大のメリットともいえます。

 

中小企業の場合、ニッチ市場を如何に多く保有するかが持続的成長を左右するポイントになります。従って、ニッチ市場は、中小企業が積極的に参加したい分野です。

 

 

ニッチ市場の拡大志向は危険!?

 

ニッチ市場を保有している中小企業が、下手に市場規模の拡大を目指すと、圧倒的資本力で大企業に吸収されるリスクが高まります。

 

なぜなら、市場規模を拡大するということは、提供する商品やサービスに大企業的要素が入ってくるということだからです。

 

市場の拡大意欲は程々にして、身の丈に合ったニッチ市場を維持し続けることが、中小企業の長期的安定経営のコツです。

 

繰り返しますが、ニッチ市場は、安定した売上と高い収益を会社にもたらします。

 

十分な資本力がない中小企業には、最も適した市場分野なのです。

 

➡NEXT「会社経営を支える文化的要素と文明的要素」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ