株式は税金ゼロで家族に譲渡できる

非課税贈与を活用した税金ゼロの株式譲渡の方法

非課税贈与を活用した税金ゼロの株式譲渡の方法

 

中小企業の株式譲渡の解説に入る前に、そもそも株式とは何か?ということから解説していきます。

 

株式会社を設立するには、会社の始業資金となる資本金の出資が必要です。

 

資本金の出資者のことを株主といいます。

 

会社は出資額に応じて株主に「株式(株券)」を交付し、出資割合を明確にします。

 

つまり、株式とは、出資の対価として交付される株主の証(あかし)のようなのです。

 

 

中小企業に多い家族間株式譲渡のお悩みポイント

 

中小企業の場合、創業者自身が資本金を100%出資し、100%株主&代表取締役であることが殆どです。

 

従って、会社の事業承継者も、親から子へという、親子間の事業承継が一般的です。

 

会社を親子間で事業承継する場合、いつかは、親子間で株式の譲渡をしなければなりませんが、中小企業の場合、株式譲渡に悩む経営者も多いのではないかと思います。

 

なぜなら、親子共に潤沢な資金を保有していれば別ですが、子供に満足な資金がない場合は、正当な株式価値の支払いに応じることが難しく、株式譲渡を円滑に進めることが困難になるケースがあるからです。

 

また、親の側も、出資当時よりも株式価値が上がっていれば、差益に対して所得税が課税されます。

 

親子間の株式譲渡であっても、親子間で金銭取引が発生したり、納税義務が生じたりと、株式譲渡は、資金力のない中小企業にとっては負担の重いイベントになります。

 

しかしながら、株式譲渡を先送りにして、万が一、代表者が亡くなってしまったら、株式は相続の対象になり、家族(配偶者と子供)に分散されてしまいます。

 

実質的な会社経営者が親から子供へ引き継がれていたとしても、株式が家族(配偶者と子供)に分散されてしまい、正当な会社の後継者が2/3以上の株式を保有出来なかった場合、様々な問題が生じる可能性があります。

 

例えば、株主同士が対立し、会社の経営方針を巡って争いが起きれば、会社経営はたちまち危うくなります。

 

「船頭多くして船山に登る」のことわざ通り、会社経営の舵取りも複数になると、うまくいきません。

 

実質的な会社の経営者であっても、持株比率(※1)の勢力次第では、代表取締役を解任されることもあり得ます。

 

経営能力がない代表取締役の解任であれば問題ありませんが、 株主同士の欲が絡んだ、代表取締役の解任であれば、社員が犠牲になってしまいます。

 

恐らく、会社の生存率も著しく低下してしまうでしょう。

 

従って、相続で株式が分散される前に、然るべき時期に株式譲渡を行い、正当な会社の後継者の株式保有数を会社経営の重要事項が決定できる2/3以上にしておくことが理想です。

 

 

非課税贈与を活用した株式譲渡の方法例

 

子供に株式譲渡の資金が満足になく、親の方も税金を支払う余裕がないということであれば、贈与税の非課税枠を活用して、株式譲渡を進める方法があります。

 

贈与税は、ひとりの人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。

 

従って、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。(この場合、贈与税の申告も不要です)

 

この110万円以下の非課税枠を使って、毎年、親から子供へ株式譲渡を行えば、株式譲渡の売買代金も、納税義務も不要となります。

 

株式譲渡に伴う家族間の金銭取引、或いは納税義務を回避したい場合には、お薦めの方法です。

 

主な必要書類は、下記の通りです。

 

・株式価値証明書

 

・株式贈与契約書

 

・株主承諾書(必要に応じて)

 

何れも、税理士の先生に書類作成をお願いすれば簡単に用意してくれます。

 

将来に向かって明確な目標があり、社員と共に長期経営を目指している経営者であれば、2/3以上の株式保有は必要不可欠な条件になります。

 

先に説明した通り、株式が相続対象になってしまうと、事業承継を巡って揉める確率が格段に高まります。

 

親子間の事業承継は、ただでさえ難しい事柄です。揉め事は少ないに越したことはありません。

 

なお、稀に粉飾決算で株式価値を意図的に下げてから株式譲渡を画策する中小企業経営者がいますが、粉飾決算は犯罪行為ですので絶対に手を出してはいけません。

 

※1 持株比率とは、株式の出資割合のことです。持株比率に応じて会社の支配権の範囲が変わってきます。株主がひとりであれば支配権はひとりに帰属しますが、株主が複数人いれば持株比率に応じて支配権の範囲が変わってきます。

 

➡NEXT「銀行融資で投資資金を賄うメリット」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ