経営者の能力次第で組織の問題は解決できる

組織の問題は経営者ひとりで解決できる

組織の問題は経営者ひとりで解決できる

 

中小企業の経営者に悩みを聞くと、組織面(人事面)の悩みが最も多いような気がします。

 

例えば、会社に問題社員が現れ、その問題社員が会社組織の秩序を乱し始めると、1が10に、10が100にという風に、ガン細胞のごとく様々な弊害が増殖し始め、やがて会社全体が蝕まれ、倒産の危機に瀕することがあります。

 

事実、過去に再建に関わった中小企業では、100%の確立で組織に何らかの問題を抱えていました。

 

じつは、中小企業において、問題社員が現れる最大の原因が経営者自身にあることが少なくありません。

 

例えば、社長が社員から尊敬され、或いは畏怖の念を抱かれていれば、問題社員はそうそう現れません。

 

万が一、問題社員が現れたとしても、会社の方針に従わないという理由で解雇すれば、すぐに問題は解決します。また、そのことで社員の反発を受けることはありません。

 

 

組織の問題を解決するために経営者が身につけるべき能力とは?

 

それでは、組織の問題を解決するために中小企業経営者が身につけるべき能力とは何でしょうか?

 

それは、経営者自身が、「会社の強み」と「会社の数字」を深く理解するということです。

 

会社の強みと数字を理解することが、どのように組織の問題の解決に役立つのかを事例を交えて解説していきます。

 

 

会社の強み

 

会社の強みは中小企業が生存するうえで必要不可欠な要素です。

 

なぜなら、中小企業が競合他社や大企業と戦うための有効な武器は、会社の強みしかないからです。

 

当然ながら、会社の弱みで戦いを勝ち抜くことは不可能です。

 

会社の強みは、過去、現在、未来を見通すことで本質が見えてきます。

 

従って、目の前の仕事(作業)に集中している社員には本質が見通せないことが多いです。たとえ感覚的に分かっていても、言葉にして明確に伝えるレベルに達していない社員が殆どです。

 

経営者が、会社の強みを判断基準に掲げて経営采配を揮っている限りは、社員の反発を受けることも、組織に問題が生じることも殆どありません。

 

また、社員から会社経営に関して問題提起がなされたとしても、経営者が、会社の強みを判断基準に対処している限りは、社員の反発を招くことは殆どありません。

 

逆に、経営者が会社の強みを理解せずに、曖昧な判断基準で物事を対処していると、社員の反発を招き、組織の問題が表面化する場合があります。

 

業績が悪化するような中小企業の経営者の中には、現場の仕事(作業)は熟知していても、会社の強みを深く理解していない方が稀にいます。

 

経営者自身が会社の強みという判断基準をしっかり持たないと、社員の立場から、社長に対する尊敬や畏怖の念はなかなか生まれてくるものではありません。

 

経営者が会社の強みを判断基準に掲げて、ブレない信念を示すことが、組織の問題を解決する有効な手段に繋がるのです。

 

 

会社の数字

 

中小企業において、会社の数字を深く理解している社員は殆どいません。まして、会社の数字を活用して経営目標を定めたり、経営改善を提案したりする社員は皆無です。

 

また、良い大学の経済学部や商学部出身の人間であっても、財務諸表はそう簡単に読み解ける代物ではありません。

 

従って、会社の数字を深く理解して、会社の数字を根拠に経営を采配している経営者に対して、社員が反発することも、組織の問題が生じることも殆どありません。

 

たとえ、数字に弱い社長であっても、数字の重要性を認識している社長さんは経営ブレーンつけて数字の判断基準を頭に叩き込んでいます。

 

数字は合理的ですので、数字を根拠とした経営判断は、社員の反発を殆ど招きません。

 

また、業績理解が深まれば深まるほど、経営判断の質がどんどん上がっていきます。

 

 

経営者の経営能力が向上すれば組織の問題も解消する!!

 

社員から尊敬され、畏怖の念を抱かれる社長になり、組織の問題を解決するには、経営者自身が会社の“強み”と“数字”を深く理解することが一番です。

 

会社の強みと数字を基準に経営を采配していれば、自然と、「社長は我々社員とは違う尺度や目線で経営判断を下している。社長に従おう。」と、社員が社長の判断を素直に尊重する土壌が育まれます。

 

社長が社員から慕われている限り、組織の問題はそうそう起こりません。

 

また、会社の強みと数字を基準に経営判断を繰り返していると、確かな経験と体験と共に、確かな経営の勘が一層磨かれていきます。

 

経営判断のバランスは、数字と経験をバランスよく織り交ぜた采配が安定経営のコツですが、経験がデタラメでは、采配自体がデタラメとなってしまいます。

 

「会社の強みと会社の数字を深く理解する」ことは、経営者が身につけるべき基本中の基本なのです。

 

➡NEXT「社員に利益を意識して働いてもらう方法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ