失敗しない税理士の選び方

中小企業に適した税理士の選び方

中小企業に適した税理士の選び方

 

殆どの中小企業は、顧問税理士を抱えています。

 

そして、顧問税理士が行う、経理方針の指導や確定申告に伴う決算書作りには、会社経営を左右する重要な要素が含まれています。

 

従って、税理士選びは、経営者の重要な仕事のひとつといっても過言ではありません。

 

しかしながら、税務の専門知識のない経営者にとって、最適な税理士選びはハードルの高い仕事ともいえます。

 

 

税理士資格とは?

 

中小企業に適した税理士選びを行うには、税理士の資格制度並びに仕事内容を理解することが大切です。

 

税理士とは、税務全般を扱う国家資格で、国税局の管轄下にあります。

 

税理士は、法人、個人を問わず、様々な税金を確定するための書類を作成・申告する一連の税務業務を担っています。

 

税金の種類は、会社の利益に課税される「法人税」のほか、「所得税」、「消費税」、「相続税」、「贈与税」等々、多岐にわたっております。

 

税理士資格を得るには、税理士試験に合格する必要があります。

 

税理士試験は、会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目と、税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)のうち受験者の選択する3科目、合計5科目について行われます。

 

特定の学位授与者、会計士補、税務署での実務経験者、教授職者等には、一部試験の免除制度もありますが、原則、前記5科目を一定の水準で合格した者のみが税理士の資格を得ることができます。

 

税理士試験に合格すると税理士登録が認められ、晴れて「税理士」として活動することが出来ます。

 

活動範囲は、税理士事務所の開業のほか、国税局や大企業への就職等々、様々ですが、中小企業と顧問契約を結ぶ税理士は開業税理士が一般的です。

 

税理士と混同しがちな公認会計士は、税理士とは業務内容が全く違い、主に上場企業の会計監査業務を行う国家資格で、金融庁の管轄下にあります。

 

それぞれ、法の番人であることに違いはありませんが、中小企業の場合は、公認会計士との付き合いは殆どなく、税理士の方が身近な存在です。

 

なお、公認会計士と弁護士は、無試験で税理士登録が行えます。

 

公認会計士は、財務諸表を読めますが、多くの弁護士は財務諸表が読めませんので注意が必要です。

 

また、米国公認会計士(USCPA)は、英語版の会計に関する資格ですが、内容は日商簿記2級程度のレベルですので、弁護士同様、注意が必要です。

 

 

中小企業向けの税理士とは?

 

中小企業が顧問に迎える税理士は、会計学(簿記論・財務諸表論)、並びに法人税と所得税の2科目をしっかり習得している開業税理士が望ましいです。

 

開業税理士のなかには、元税務署長や元税務署職員の方が沢山いますが、税務署経由の場合は、専門分野が偏っている場合がありますので注意が必要です。

 

実際、過去にお会いした元税務署長あがりの開業税理士のなかには、法人税を理解していない税理士がいました。

 

その税理士は税務署時代に所得税を専門にしていたため、法人税の知識が浅かったようです。

 

従って、税務署経由の開業税理士の場合は、「先生の税務署時代の専門分野は?」と何気なく質問して、「法人税」と答えられるか否か確認することをお薦めします。

 

また、専門分野外の会社経営に対して指図をせず、自分の専門分野である税務に集中している税理士であることも重要な要素です。

 

税理士の選び方のポイントを要約すると、

 

☑中小企業の法人税法に精通している

 

☑税務業に徹しており、料金が分かり易い

 

☑顧客目線でサービス精神が旺盛である

 

☑節税対策のアドバイスが豊富である

 

☑適宜、還付税の申請アドバイスができている

 

☑担税力のない中小企業目線で経理指導を行う

 

など等です。

 

税理士の能力は夫々です。

 

地方の税理士は、安定感のある方が多いですが、都市圏の税理士は競争が激しく、税務能力の高低差も大きい傾向にあります。

 

また、一般的に会社経営の経験のない税理士には経営コンサル能力がありません。

 

税理士の経営能力を買いかぶり過ぎず、確かな税務能力を持つ税理士を選ぶことが大切です。

 

 

中小企業向けの税理士の主な仕事内容

 

中小企業向けの税理士の主な仕事内容は下記の通りです。

 

税務の代理人

税法に基づいて顧客の代理人として税務官公署に確定申告等を行います。税務調査の立会いも含まれます。

 

 

税務書類の作成

顧客に代わって法人税確定申告書等の書類を作成します。月次決算書(試算表)の作成、決算書の作成業務も含まれます。

 

 

税金全般の相談

法人税額の計算、給与の所得税額の計算等のほか、税法上の相談、また税金全般の相談を受けます。

 

 

会計アドバイス

会計書類、会計帳簿、会計仕訳指導等々、会計全般の代行や指導を行います。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「経営に活かせるレアな知識」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

会社の数字を経営に活かす方法
会社の数字は正直です。経営者が会社の数字と向き合うところから真っ当な会社経営が始まります。会社の数字を経営に活かす秘訣を分かり易く紹介しています。
支払遅延は危険な債務不履行リスク
取引先の債務不履行を見逃すと会社経営に大きな被害を受けるリスクが高まります。なかでも会社の倒産サインである支払遅延は要注意です。支払遅延が起きた場合の経営者のとるべき判断と行動を紹介しています。
社員に利益を意識して働いてもらう方法
社員に利益を意識して働いてもらう方法は簡単です。それは「会社の数字を社員に開示すること」です。数字の開示なくして効率的且つ効果的な会社経営は困難です。会社の数字の開示の手順と効果を分かりやすく紹介しています。
中小企業の困ったときの資金調達方法
中小企業の困ったときの資金調達方法として「支払いの延期」による資金調達があります。奥の手ですが急場しのぎの一手としては立派な資金調達方法です。取引先への支払延期の要請手順と要請書面の内容を分かりやすく紹介しています。
業績予想で将来を見通す方法
将来の業績を予測することができれば漠然とした経営の不安を払しょくすることができます。業績予想の方法は予算管理の導入です。予算管理の様々なアプローチと具体例を分かりやすく紹介しています。
新規事業を成功に導く秘訣
新規事業を立ち上げて成功に導くことは容易なことではありません。実務で役立つ新規事業のリスク分析手法を紹介しています。新規事業を成功に導くには入念な準備と緻密なリスク分析が重要です。
独立開業に失敗しない損益予測法
独立開業して事業を成功に導くことは容易なことではありません。独立開業が多い分野である飲食店と美容サロンの独立開業前の損益予測の手法と、独立リスクの簡易判定手法を紹介しています。
非課税贈与を活用した税金ゼロの株式譲渡の方法
家族間の株式譲渡に悩む経営者は少なくありません。子供に満足な資金がなく、親も税金を支払う余裕がない場合は非課税枠を活用した税金ゼロの株式譲渡法があります。非課税贈与の株式譲渡法を分かりやすく解説しています。
税理士費用の相場と仕事内容
税理士費用は依頼する仕事内容に応じて変動しますが、大よその相場を理解していれば納得したうえで仕事を依頼することが出来ます。税理士の報酬相場と共に、中小企業が税理士に依頼すべき仕事内容を分かりやすく紹介しています。
中小企業における弁護士の業務と役割
弁護士は法律の専門家として紛争に対応する役割を担っています。中小企業における弁護士の役割は紛争解決よりも事業活動での争いごとを未然に防ぐ役割の方が重要です。知っておきたい弁護士の業務と役割を分かりやすく紹介しています。
中小企業における司法書士の業務と役割
司法書士は登記・供託の手続き代理、裁判事務、成年後見業務を扱う資格です。中小企業の場合、弁護士よりも司法書士の方が身近な存在です。経営者が知っておきたい司法書士の主な業務と役割を分かりやすく紹介しています。
中小企業における行政書士の業務と役割
行政書士は主に行政手続の代理等を行います。中小企業の場合、弁護士よりも行政書士の方が身近な存在です。経営者が知っておきたい行政書士の主な業務と役割を分かりやすく紹介しています。
中小企業における社会保険労務士の業務と役割
社会保険労務士は労働・社会保険に関する諸問題に対応するエキスパートです。社員が10名以上在籍している中小企業では殆どの会社が社労士との交流があります。知っておきたい社労士の主な業務と役割を分かりやすく紹介しています。
経営者の役割と効果的な人事評価の方法
経営者の役割は然るべき目標を達成することにあります。目標を達成するためにやるべきことは経営資源を最大限活用することです。最も重要な経営資源は「ヒト」です。ヒトを活かす効果的な人事評価の方法を紹介しています。
中小企業の利益改善/シンプル手法と着眼点
中小企業の利益改善を行うには利益のロスを発見することが大切です。ロスの垂れ流しは、利益の垂れ流しです。会社の損益構成のどの部分に利益のロスが潜んでいるのかを分かりやすく紹介しています。
銀行融資の条件とは/お金を借りるコツ
銀行融資の条件を理解するには銀行側の融資の審査基準を理解することが大切です。銀行の融資基準は、債権者区分、信用格付、取引方針区分の3つの審査基準に集約されます。夫々の審査基準分かりやすく紹介しています。
銀行融資で投資資金を賄うメリット
銀行融資で投資資金を賄うメリットは事業の成長スピードを加速させるところにあります。銀行融資ありとなしの投資収支シミュレーションを用いて銀行融資で投資資金を賄うメリットを分かりやすく紹介しています。
なぜ大企業はニッチ市場に参入して来ないのか?
大企業は中小企業が得意とするニッチ市場に参入してくることはありません。なぜなら、大企業と中小企業とでは、得意とする市場ニーズが夫々相反しているからです。それぞれの市場ニーズの違いを分かりやすく紹介しています。
中小企業の経営診断|初めの一歩
経営診断の能力を磨くには経営診断の手法と共に、基本のステップを理解することが大切です。経営診断の基本ステップと共に、正しい経営診断を行うために抑えるべきポイントを分かりやすく紹介しています。
中小企業が理解すべき節税の本質
中小企業の節税の本質は「正しい会計処理を行うこと」に尽きます。適正な会計ルールの範囲内で無駄な税金を支払わずに済む確かな方法と課税所得を最小化する秘訣を分かりやすく紹介しています。
中小企業の組織力を強化する方法
会社の組織力は責任と役割を明確にすると飛躍的に強化されます。そして、責任と役割りを組織に示すのは経営者の仕事です。責任と役割りの示し方と責任と役割りの具体例を分かりやすく紹介しています。
中小企業に適した予算の作成方法
会社の予算は経営管理の根幹を司る重要なツールです。しかし、予算の作り方次第で会社経営を助けるはずの予算が会社経営の足を引っ張ることは良くあることです。中小企業に適した予算の作成方法を分かりやすく紹介しています。
日本の長者番付からみる産業の変化
長者番付を辿ると産業の変化が手に取るように理解できます。江戸時代から近代までの長者番付をなぞり、時代ごとのトップに君臨した長者と産業を紹介しています。
組織の問題は経営者ひとりで解決できる
中小企業の経営者に悩みを聞くと組織面の悩みが最も多いような気がします。しかしながら実は、中小企業の組織の問題の殆どは経営者ひとりで解決できます。組織の問題を解決すべき経営者がとるべき行動を紹介しています。
個人情報漏えい防止対策と漏えい時の対応
企業の存続にかかわる個人情報の漏えいを防ぐには日頃から防止対策を意識することが何よりも大切です。中小企業経営者が知っておきたい個人情報の漏えい防止対策、並びに漏えい時の対応を紹介しています。
自社ビルと賃貸/資産購入とリースはどちらが得か?
自社ビルと賃貸、或いは、資産購入とリースはどちらが得なのでしょうか?双方の損得の違いを理解すべく、双方の費用の「種類」、「総額」、「内訳」の3つの特徴を分かりやすく紹介しています。
売上を倍増させる事業計画作り
事業と組織、双方の成長バランスを見誤らずに売上を倍増させて事業を拡大するには基本のプロセスである事業計画づくりが欠かせません。売上を倍増させるための事業計画づくりの主なポイントを紹介しています。
中小企業の事業計画書の作り方
中小企業が精度の高い事業計画を作成するには「会社の数字の予測と推定」の精度を上げることが大切です。そして、予測と推定の精度を上げるには管理会計の導入が欠かせません。事業計画書の作り方と共に計画の精度を高めるコツを紹介しています。
統計学は経営に活かせる分析手法
統計学とはデータ分析と推測の方法論を体系化したものです。多くの経営者は知らず知らずのうちに統計学に接しています。統計学は経営に活かせる経営分析手法です。会社経営における統計学の効果を紹介しています。
中小企業の事業再生|基本と成功の秘訣
事業再生ほど経営者の経営手腕が試される機会はありません。なぜなら事業再生には、経営者に必要な能力のすべてが集約されているからです。中小企業の事業再生を成功させる秘訣を分かりやすく紹介しています。
会社経営を支える文化的要素と文明的要素
中小企業が安定経営を実現しようと思ったら、やはり、文化的な眼を持って事業をデザインする必要があります。会社経営を支える文化的要素と文明的要素の関係性を分かり易く紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ