新規事業の成功はリスク分析にかかっている

新規事業を成功に導く秘訣

新規事業を成功に導く秘訣

 

経営資源が限られている中小企業が新規事業を立ち上げて成功に導くことは容易なことではありません。

 

そもそも、新規事業には失敗がつきものです。

 

中小企業が新規事業を成功に導くには、「入念な準備と緻密なリスク分析」が必要です。

 

また、新規事業を展開する分野や市場も成功の可否に深く関わってきます。

 

例えば、下の図は新規事業の事業マトリックスを表したものです。

 

 

中小企業が新規事業を立ち上げるに際に、最も手を出してはいけない事業分野があります。

 

それは、市場もノウハウも「新規×新規」の事業分野です。この分野は、すべてがゼロからのスタートとなりますので、素人分野ともいえます。

 

この分野での新規事業成功率は限りなくゼロに近いです。

 

本業の市場、もしくは、本業のノウハウを活用しての新規事業分野であれば成功の望みがあります。

 

しかしながら、市場、もしくはノウハウの何れかが新規分野ですので、入念な準備と緻密なリスク分析をしなければ、成功に導くことは容易なことではありません。

 

 

新規事業の成功リスク分析の具体的手法

 

新規事業のリスク分析に有効な手法のひとつに「成功の確度判定」があります。

 

「成功の確度判定」とは、新規事業を始める前に、成功の可能性を査定する分析手法のことです。

 

いわゆる、一種のリスク分析手法です。

 

新規事業には様々な要因が絡み合います。

 

例えば、ヒト(人材)、モノ(商品・設備等)、カネ(資金)、情報(広告等)等々、新規事業に関連する要因は挙げたらキリがないほどたくさんあります。

 

これらの要因を全て列記して、一つひとつの要因の成功確率を細かく査定していくと、新規事業全体の成功確度が見えてきます。

 

成功確度の判定を行う場合、下表のようなレイアウトで成功確度表を作成します。

 

事業に関連する要素

要素の詳細説明

成功確度

事業責任者

社長兼任につき問題なし

100%

スタッフ

A事業部の精鋭数名で対応

100%

資金

調達済

100%

製造元

試作テスト済み

100%

広告戦略

予算500万円で展開予定

100%

販売網

予定販売先は全て成約済

100%

商品

顧客の評価が不明

50%

*****

*****

*****

*****

*****

*****

この事業の成功確度

50%

 

上の例は、商品の成功確度が50%で、他の項目が全て100%となっています。

 

この場合の最終的な新規事業成功確度は、全ての項目の確度(%)を乗じて算出しますので、成功確度が50%という判定になります。

 

〔算定式:商品50%×他100%×他100%・・・・=成功確度50%〕

 

下の表は、別の例です。

事業に関連する要素

要素の詳細説明

成功確度

事業責任者

社長兼任につき問題なし

100%

スタッフ

A事業部の精鋭数名で対応

100%

資金

調達済

100%

製造元

試作テスト済み

100%

広告戦略

予算500万円で展開予定

100%

販売網

 バイヤー評価が不明

 50%

商品

 顧客の評価が不明

 50%

*****

*****

*****

*****

*****

*****

この事業の成功確度

25%

 

上の例は、商品と販売網の2項目の成功確度が50%で、他の項目が全て100%となっています。

 

この場合の最終的な新規事業成功確度は、2項目が50%ですので、成功確度は25%という判定になります。

 

〔算定式:商品50%×販売網50%×他100%×他100%・・・・=成功確度25%〕

 

当然ながら、成功確度が0%の項目が一つでも入ると、その事業の成功確度も0%となります。

 

また、各項目の成功確度を査定する場合は、経営者の主観を徹底的に排除しなくてはいけません。

 

経営者の主観が入ると期待値や希望的観測が判断材料に含まれますので査定が甘くなりがちです。

 

なるべく主観を入れず、客観的事実のみで成功確度を査定するのが精度の高い判定を生み出すポイントです。

 

 

新規事業の成功ラインは??

 

中小企業が事前に新規事業の成功確度を判定した結果、どの程度ならゴーサインが出せるのでしょうか?

 

成功確度判定のゴーサインラインは事業の規模によって幅がありますが、安全ラインは成功確度70%以上です。

 

従って、成功確度が70%未満であれば、新規事業の計画を一から改めるべきです。

 

但し、査定にはどうしても主観が入ってしまいますので、成功確度が70%以上でも油断はできません。

 

従って、新規事業は、小さな規模でテスト的に開始し、欠陥部分がないか検証し、失敗のリスクを極力取り除く努力をしたうえで開始する必要があります。

 

何事も、失敗を工夫や改善で乗り越えてこそ、事業の成功が見えてくるものです。 

 

また、新規事業が失敗したときに被る損失金額も予め算定しておき、予算計画に組み込んでおく必要があります。

 

新規事業が失敗してしまい、会社全体の資金繰りが窮してしまったら元も子もありませんからね。

 

新規事業にはリスクがつきものです。そして、安易な新規事業の展開は、会社の業績を低迷させるきっかけにもなりかねません。

 

新規事業を成功に導くには、入念な準備と緻密なリスク分析が不可欠なのです。

 

➡NEXT「独立開業に失敗しない損益予測法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ