日本の産業をリードしてきた長者番付達

日本の長者番付からみる産業の変化

日本の長者番付からみる産業の変化

 

日本の長者番付の歴史を辿ると、産業の変化が手に取るように理解できます。

 

日本の長者番付の発祥は江戸時代に遡ります。

 

時の長者は産業のトップとして社会発展に貢献し、大資産家の地位を確立しています。

 

従って、長者番付をみると、これまでの日本の産業の変化を手に取るように理解することができるのです。

 

江戸末期1850年から2000年までの、主だった日本の長者番付をご紹介いたします。

 

 

1848年(嘉永元年)の長者番付

順位

 名前

産業 

別格

天王寺屋 五兵衛

両替商

別格

鹿島屋 清右衛門

酒造家

別格

銭谷 五兵衛

豪商(北前船)

1位

鴻池 善右衛門

両替商

2位

加島屋 九左衛門

両替商

3位

住友 吉次郎

両替商

4位

辰巳屋 九左衛門

両替商

5位

鴻池 善十郎

両替商

6位

鴻池 善五郎

両替商

7位

平野屋 五兵衛

両替商

8位

加島屋 作兵衛

両替商

※日本持丸長者集

 

上表はペリー艦隊が来航する5年前に張り出された江戸時代の長者番付です。

 

両替商が産業のトップとして君臨しています。

 

 

1875年(明治8年)の長者番付

順位

 名前

産業 

別格

三井 八郎右衛門

呉服商

別格

鴻池 善右衛門

両替商

別格

天王寺屋 五兵衛

両替商

別格

下村 彦右衛門

呉服商

別格

茶屋 四郎次郎

呉服商

別格

三谷 三九郎

両替商

別格

住友 吉次郎

両替商

別格

白木屋 彦太郎

呉服商

1位

小野 善助

両替商

2位

平野屋 五兵衛

両替商

※大日本持丸長者委細調大新板

 

上表は、ペリー艦隊来航15年後、既に徳川幕府が崩壊し、明治維新が成立したのちに発表された長者番付です。

 

呉服商が台頭してきており、呉服商と両替商が産業のトップに君臨しています。

 

 

1908年(明治41年)の長者番付

順位

 名前

産業 

1位

岩崎 弥之助

財閥

2位

住友 吉左衛門

財閥

3位

岩崎 久弥

財閥

4位

三井 八郎右衛門

財閥

5位

鴻池 善右衛門

両替商

6位

渋沢 栄一

実業家

7位

大倉 喜八郎

財閥

8位

三井 高保

財閥

9位

三井 八郎治郎

財閥

10位

井上 馨

旧長州藩士

11位

山縣 有朋

旧長州藩士

12位

松方 正義

旧薩摩藩士

13位

島津 忠済

旧薩摩藩主

14位

島津 忠重

旧薩摩藩主

15位

毛利 元昭

旧長州萩藩主

16位

山内 豊景

旧高知藩主

17位

鍋島 直大

旧佐賀藩主

18位

黒田 長成

旧福岡藩主

19位

細川 護成

旧熊本藩主

20位

酒井 忠道

旧小浜藩主

21位

浅野 長勲

旧広島藩主

22位

前田 利為

旧加賀藩主

23位

池田 章政

旧岡山藩主

24位

徳川 家達

旧静岡藩主

25位

徳川 義礼

旧名古屋藩主

26位

徳川 茂承

旧和歌山藩主

27位

尚 典

旧琉球王家

28位

本間 光輝

大地主(山形県)

29位

小西 新右衛門

酒造家(兵庫県)

※大日本金満家一覧鑑資産額

 

上表は、近代工業が育ち始め、日露戦争に勝利し、先進国の仲間入りを果たしたのちに発表された長者番付です。

 

両替商と呉服商にとって代わり、三井・三菱・住友の三大財閥が産業のトップに君臨しています。

 

 

1926年(昭和元年)の長者番付

順位

 名前

産業 

1位

岩崎 久弥

三菱財閥

2位

岩崎 小弥太

三菱財閥

3位

三井 八郎右衛門

三井財閥

4位

住友 吉左衛門

住友財閥

5位

安田 善次郎

安田財閥

6位

藤田 平太郎

藤田組

7位

久原 房之助

藤田一族

8位

古河 虎之助

古河財閥

9位

大倉 喜八郎

大倉財閥

10位

鈴木 よね子

鈴木商店

11位

日比谷 平左衛門

紡績王

12位

鴻池 善右衛門

鴻池財閥

13位

川崎 芳太郎

川崎財閥

14位

伊藤 次郎左衛門

松坂屋

15位

三井 得右衛門

三井財閥

16位

三井 武之助

三井財閥

17位

三井 八郎次郎

三井財閥

18位

安田 善三郎

安田財閥

19位

前田 利為

旧加賀藩主世嗣

20位

本間 光輝

大地主(山形県)

※大日本金満家一覧鑑

 

上表は、昭和恐慌の前年、昭和元年に発表された長者番付です。

 

明治時代末期と変わらず、財閥が産業のトップに君臨しています。

 

 

1947~2004年(昭和22年~平成16年)の長者番付

順位

 名前

産業 

1位

松下 幸之助

松下電器産業

2位

上原 昭二

大正製薬

3位

石橋 幹一郎

ブリジストン

4位

大林 芳郎

大林組

5位

上原 正吉

大正製薬

6位

石橋 正二郎

ブリジストン

7位

鹿島 守之助

鹿島建設

8位

吉田 忠雄

吉田工業(YKK)

9位

井植 歳男

三洋電機

10位

中内 功

ダイエー

11位

出光 佐三

出光興産

12位

高橋 悌二

日本圧着端子製造

13位

熊谷 太三郎

熊谷組

14位

斉藤 一人

自然化粧品・健康食品販売

15位

加賀美 勝

新菱冷熱工業

16位

佐川 清

佐川急便

17位

本田 宗一郎

本田技研工業

18位

長島 己之助

織物製造

19位

山岡 康人

ヤンマーディーゼル

20位

山内 溥

任天堂

※長者番付登場回数順(参考文献:「待丸長者」著者:広瀬隆)

 

上表の長者番付は、戦後60年間に亘り、番付登場回数が多い順に順位付けしたものです。

 

戦後の長者番付は、第二次世界大戦終戦の2年後(1947年)から始まりました。

 

戦前の長者番付は所有する財産を基準に番付されていましたので、正真正銘、本物の長者でした。

 

一方、戦後の長者番付は、納税額と所得額の2本立てから所得額への一本化へ、最終的に所得額の一本化から納税額への一本化へ、番付基準が変更されてしまったため、本当の財産状況が分らなくなってしまいました。

 

従って、上表の長者番付は、登場回数を基準に順位付けしています。

 

戦後60年の中で最も長者番付の登場回数が多かった人物は、財閥でも豪商でもありませんでした。

 

松下幸之助氏を筆頭に、モノづくりに励む商人や職工出身者でした。

 

戦後長者は、戦争の荒廃から自由を求めて立ち上がり、平和な庶民産業を牽引し、国民生活の向上に大きく貢献した人物ばかりでした。

 

特に高度成長期に入るまでの戦後30年は、立ち上がるのに最も苦労を強いられた時代でもありました。

 

国民生活の向上を目指して、小さいことからコツコツと誠実に仕事に取り組む姿勢は、中小企業が大切にすべき経営姿勢に通ずるものがあります。

 

➡NEXT「会社経営者が理解すべき節税の本質と事例」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ